第111回 「頑張る選手を近くで見れることが幸せ!」鳥栖商(佐賀)の頑張るマネージャー!2019年06月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 頑張っている姿を近くで見れることが幸せ
[2] 今年の夏は甲子園へ

 春夏通算2回の甲子園出場を誇る佐賀県の鳥栖商野球部。前回の出場は03年の夏だ。その時はベスト8まで進出し、優勝した常総学院に5対1で敗れている。その時以来の甲子園を目指す鳥栖商は今夏一回戦で唐津東と対戦する。今回は、そんな鳥栖商高校野球部を支えるマネージャーにお話を伺った。

頑張っている姿を近くで見れることが幸せ



鳥栖商マネージャー 左から藤中都和さん 鶴野風香さん 吉丸実優さん 溝口麻衣さん

 鳥栖商野球部の部員達を支えるのが、溝口麻衣さん(3年生)、吉丸実優さん(2年生)、鶴野風香(1年生)、藤中都和(1年生)の4名である。

 マネージャーの仕事は選手のサポートだ。選手が手の回らない仕事や飲み物の準備をするのもマネージャーの仕事だ。
そんな縁の下の力持ち達にマネージャーになったきっかけを伺った。

 溝口さんは「三年生10人部員がいるんですけど、そのうちの4人が中学校から一緒で、知ってる人が多くて、その人達や野球部のみんなを支えたいと思ったら、マネージャーが一番と思いマネージャーになりました。」と語る。

 吉丸さんは「同じ学校の人はほぼいないんですけど、誘われて、頑張っているところを一番近くで応援してあげたいなぁと思って。」と語る。

 3年生の溝口さんの一番印象に残っていることを尋ねると、「なりたいと思った理由でもあるのですけど、やっぱ、誰よりも近くで頑張っている姿を見れることが一番入ってよかったと思っていました。」日々の選手たちの努力が忘れられないようだ。

【次のページ】  今年の夏は甲子園へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第950回 機動力よりも長打力!高校野球ドットコムが選ぶU-18代表【野手編】【大会展望・総括コラム】
第1023回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
常総学院vs日立商【茨城県 2019年夏の大会 第101回選手権茨城大会】
第113回 「応援ならどこにも負けない!3年生の仲ならNo.1」大村工(長崎)の頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第995回 最強の2番打者は、鳥栖商を引っ張るユーリティプレーヤー・園田恵大(鳥栖商) 【2019年インタビュー】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第996回 抜群の飛距離を誇る強打者・平野 伸(鳥栖商)そのポテンシャルに迫る! 【2019年インタビュー】
第1006回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第633回 好投手攻略へ、打撃力、筋力アップを遂げ、激戦・茨城を勝ち抜く!石岡一(茨城)【野球部訪問】
上尾vs日立商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
常総学院vs明豊【2019年 練習試合(交流試合)・春】
東海大相模vs常総学院【2019年 練習試合(交流試合)・春】
藤代vs鹿島学園【茨城県 2019年春の大会 茨城県大会】
第759回 唐津商業の大砲が語る理想の捕手像とは 土井克也(唐津商) 【2018年インタビュー】
チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
鹿島 【高校別データ】
唐津東 【高校別データ】
佐賀学園 【高校別データ】
常総学院 【高校別データ】
多久 【高校別データ】
鳥栖商 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム