第112回 「諦めずに戦う選手たちを最後まで信じてあげたい」 鳥栖(佐賀)の頑張るマネージャー!2019年06月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 野球が好きだった
[2] 仲間を信じ続ける

 春夏通算3回の甲子園出場を誇る佐賀県の古豪・鳥栖高校野球部。そんな鳥栖高校野球部を支えるのは、飯森さとみさん(3年生)、大山祐佳さん(3年生)、永尾萌音さん(2年生)、最所愛結(1年生)、平井璃子(1年生)の5名のマネージャーである。

 鳥栖のマネージャー陣はなんと言っても、学年問わずに仲がよい。3年生の飯盛さんも大山さんは、声を揃えて「仲良し具合はどこにも負けません」と語ってくれた。みんなが仲良くなれるのは、2人の3年生マネージャーの人柄によるところが大きいだろう。今回はそんな3年生マネージャー2人に話を伺った。

野球が好きだった



左から平井璃子さん 最所愛結さん 永尾萌音さん 大山祐佳さん 飯森ひとみさん

 飯森さんが野球部のマネージャーになろうと思ったきっかけは家族の影響だ。「自分は家族全員が野球をしてるんですよ。お父さんもお兄ちゃんもしていて小さい頃から野球を見ていて野球が好きだったからマネージャーになろうと思いました。」と語る。もともと野球が好きだったようである。

 大山さんは「私はずっと野球が好きで見ていて高校生になってマネージャーになりたいなと思った時に今のキャプテンの中村(将希)君に誘われてマネージャーになりました。」と語る。

 そんな彼女たちにとっての1番の思い出は飯森さんは一年生の時の夏の大会だ。「最初に良かったなと思ったのは1年生の時の3年生の人たちが夏大の時に逆転劇を見て感動してマネージャーになって良かったなと思いました。」と語る。

 大山さんは自身がベンチに入った時のことが忘れられないようだ。「初めて公式戦でスコアに入って試合をベンチの中から見た時はすごく嬉しかったです。」と語る。

【次のページ】  仲間を信じ続ける

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第113回 「応援ならどこにも負けない!3年生の仲ならNo.1」大村工(長崎)の頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
第978回 悪い流れはオレが断ち切る!誰が見ても警戒する投手を目指す寺澤神(鳥栖) 【2019年インタビュー】
第976回 通算22本塁打!熱い漢・中村将希(鳥栖)は、泥臭くチームを引っ張る! 【2019年インタビュー】
第50回 鳥栖(佐賀)「2年前に忘れてきた忘れ物を取りに行く」【僕らの熱い夏2019】
第111回 「頑張る選手を近くで見れることが幸せ!」鳥栖商(佐賀)の頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
第109回 チームを選手達の「落ち着く空間」にしたい!上尾(埼玉)の頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
第939回 佐賀商、佐賀学園が筆頭校!私学公立を引っ張る対抗馬はどこか!?【大会展望・総括コラム】
鳥栖vs鹿島【佐賀県 2012年夏の大会 第94回選手権佐賀大会】
鳥栖vs至学館【佐賀県 2012年 地域交流戦クロスロードイン鳥栖】
別府青山vs鳥栖【2012年春の大会 第130回九州地区高校野球大会】
鳥栖vs鹿児島商【2012年春の大会 第130回九州地区高校野球大会】
佐賀工vs鳥栖【佐賀県 2012年春の大会 第130回九州地区高校野球佐賀大会】
チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント
鹿島 【高校別データ】
鳥栖 【高校別データ】
鳥栖工 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム