第109回 チームを選手達の「落ち着く空間」にしたい!上尾(埼玉)の頑張るマネージャー!2019年06月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 心掛けは「選手の気持ちを理解し接する」こと
[2] チームのお母さんのような存在

 春夏通算7回の甲子園出場を誇る埼玉県の古豪・上尾高校野球部。だが、全国の舞台は84年夏を最後に遠ざかっている。それでも、昨夏の北埼玉大会では決勝進出。昨秋の県大会もベスト8と着実に古豪復活への道を歩んでいる。今回は、そんな上尾高校野球部を支えるマネージャーにお話を伺った。

心掛けは「選手の気持ちを理解し接する」こと



左から金野南砂さん(2年〕、山崎優那さん(3年)、丸田紗衣さん(1年)

 上尾高校野球部の部員数は87名。そして、数多くの部員達を支えるのが、山崎 優那さん(3年生)、金野 南砂さん(2年生)、丸田 紗衣さん(1年生)の3名である。

 上尾高校野球部マネージャーの主な仕事は、試合時の球場役員、部員の集金・チェック、ジャグ作り、冬場のお米炊き、その他選手のサポート等である。

 仕事を行う中で、選手から感謝の気持ちを伝えられた時には、やはりやりがいを感じる。また、少しでも選手達の気持ちを理解し接することが出来るように心掛けているという。

 マネージャーである彼女達が、現チームで特に印象に残っている試合が、秋季県大会北部地区予選、上尾市民球場で行われた県大会出場決定戦の滑川総合戦である。試合には11対5で快勝した。4番・正木選手からホームランが飛び出した時には、選手達みんなが泣いて喜んだ。チームの結束力は十分なようだ。

 また、この春卒業した先輩達は昨夏の北埼玉大会で決勝進出を果たした。決勝までの6試合は、どれも忘れられない濃い時間になった。

 卒業していった先輩達の代にはマネージャーがいなかったものの、その分、選手達自身がたくさんの事を教えてくれたという。彼女達にとっては、「お兄ちゃん」のような存在だったと振り返った。

 ここからは山崎 優那さん(3年生)にお話を伺いました!

【次のページ】  チームのお母さんのような存在

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
大宮東vs上尾【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
上尾vs慶應志木【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
第113回 「応援ならどこにも負けない!3年生の仲ならNo.1」大村工(長崎)の頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
上尾vs日立商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第112回 「諦めずに戦う選手たちを最後まで信じてあげたい」 鳥栖(佐賀)の頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
第111回 「頑張る選手を近くで見れることが幸せ!」鳥栖商(佐賀)の頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
第108回 同じ目標に向かって歩む仲間でありたい!都立小山台(東京都)の頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
第107回 「紅葉川の野球」で夏大シード権獲得!選手を支える都立紅葉川(東京都)の頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
第824回 自分の打撃スタイルを確立したい!埼玉屈指のスラッガー・和田康平(埼玉栄)が掲げた誓い 【2018年インタビュー】
上尾vs所沢商【埼玉県 2018年秋の大会 埼玉県大会】
花咲徳栄vs上尾【埼玉県 2018年夏の大会 第100回選手権北埼玉大会】
チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント
上尾 【高校別データ】
上尾鷹の台・上尾橘・桶川西 【高校別データ】
上尾鷹の台・上尾橘・深谷・鳩山・児玉 【高校別データ】
桶川西・上尾鷹の台・上尾橘・越生 【高校別データ】
福岡・自由の森学園・上尾鷹の台連合チーム 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム