第90回 選手の笑顔は本当にかわいい!部員大好きマネージャー 春日部共栄(埼玉)2019年03月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 土日はお米80合!沢山のおにぎりで大好きな選手の笑顔が見たい!
[2] ”挫折しかしてないんじゃないか” でも支えてくれる人がいる

 現在79人の部員が在籍する春日部共栄野球部。昨夏は11年ぶりの初戦敗退を味わったが、この屈辱を乗り越え、昨秋は関東大会準優勝を果たした。今回は名門・春日部共栄野球部を支えるマネージャーにお話を伺った。

土日はお米80合!沢山のおにぎりで大好きな選手の笑顔が見たい!



左から飯野桜さん、吉原麗渚さん、寺崎あいりさん

 お話を聞かせてくれたのは、2年生の吉原麗渚さん、寺崎あいりさん、グラウンドマネージャーの内谷悠太郎さん、1年生の飯野桜さんだ。

 男子1人、女子3人で活動する春日部共栄マネージャー。普段はおにぎりやジャグ作り、掃除、スコア記録や集計、アナウンスにと、部員のために幅広く働いている。

 おにぎり作りに炊くお米はなんと、1日80合!380個ものおにぎりを1日に作る時もあるというからびっくり。1人約4個のおにぎりを食べるのだから、成長期真っ盛りの食欲は本当にすごい!

 そんな彼女たちがここだけは他の高校に負けない!と言うのはマネージャーの仲の良さ、後輩マネージャーの面白さだ。「ただでさえ部活で毎日顔を合わせるのに、オフの日も一緒に遊ぶほどお互いのことが大好き!」と話してくれた。部活も遊びもいつも一緒、まさに4人はマブダチなのだ。

 忙しい中でもやりがいを感じるのは、おにぎりが全部なくなったり「美味しい」と言ってくれたりした時。4人が苦労して作ったおにぎり、選手達もさぞかしありがたいだろう。
 また、ベンチに入ってスコアを書いている時や、部員の父母から「いつもありがとう」と感謝されたときも嬉しいのだと話す。

 マネージャー活動の中で一番楽しい時間は?との問いに対し、アナウンスやスコアを書いている時と答えてくれた。スコアラーとしてベンチに入ることで、プレーはせずとも選手と一緒に戦っている気持ちになり、悔しさ・嬉しさを一緒に味わえる。選手のとびきりの笑顔を一番近くで見られることも、何よりの幸せだ。

 冬の洗い物は冷たい水の中、手の感覚もなくなり辛いが、笑顔で明るくいることを心がけ選手をサポートしている。「選手の前では絶対にくよくよした姿は見せられません」と話すプロ意識には感服だ。

マネージャー同士で話すのは大体部員のこと。「部員の恋愛事情には結構詳しいです(笑)」と内部事情には精通している様子。「なんで知っているの!」と驚かれることも多々あるというから、女子の情報網は侮れない。

 そんな彼女たちが語る選手の胸キュンポイントは、「髪を切った時など些細な変化にも気づいてくれ、かわいいと言ってくれること」。「ふざけているのかもしれませんが、正直照れてしまいます(笑)」と話してくれた。
 そして「選手の笑顔は本当にかわいいです、スマホの壁紙は部員の写真にしています」と語る選手愛の強さ。まさに”青春”!甘酸っぱいやり取りに筆者も思わず悶絶してしまった。

 おすすめのマネージャーグッズは、おにぎりの型。同時に2個おにぎりが作れるので、効率アップを図れる時短グッズだ。
 また「寮母さんのほうき」は曲がってなくて掃きやすい、お気に入りアイテムなのだという。

 これまでの試合の中でも特に記憶に残っているものを聞いてみた。
 寺崎さんは、9月28日にさいたま市営大宮球場で行われた正智深谷戦を挙げた。「初めて球場のベンチに入りスコアを書く試合で緊張していました。しかも序盤は劣勢が続き内心ハラハラでした。しかし徐々に巻き返し、最終的に勝利した瞬間の安心感と嬉しさは忘れられません!」

 吉原さんは、10月3日、さいたま市営大宮球場で行われた上尾戦が記憶に残っている。「初めて立ってスコアラーとして記録していたら、ホームランを打った選手がとびきりの笑顔でハイタッチしに来てくれたのが嬉しかったです!」と振り返る。また自然と「ナイスバッティング!」と叫んでいて、選手と一体になれた試合だった。

 飯野さんは、10月23日、山日YBS球場で行われた関東大会準決勝横浜戦が忘れられない。「勝てないと言われていた横浜に、立て続けにホームランを放った先輩はとても誇らしかった」と話す。

 夏の大会では、7月13日に市営大宮球場で行われた昌平戦が印象深い。
 序盤から打ち込まれ厳しい試合展開が続き、試合終了後、3年生のマネージャーの先輩が泣いていた光景には胸が掴まれる思いだった。

 引退した3年生は
 「頼まれたことは何でもでき、自分たちから仕事を見つけ正確にこなすことが出来る。何でもできる憧れの存在でした(寺崎)」
 「何でもこなす憧れの先輩です。部員や後輩マネージャーのことも沢山気遣ってくれ、いつも寄り添ってくださる素敵な先輩です(吉原)」
 「困ったときにはいつも助けてくれ、必要な時はちゃんと叱ってくれました。自分が共栄のマネージャーになれたのは3年生の先輩のおかげです。大好きです(飯野)」と語る。

 3年生の偉大さが伝わってきたが、これからは彼らが先輩の背中を超えていく番。

 日々練習に励むチームの選手へ一言お願いすると、「引退まで後悔しないように頑張ろう。最後は笑顔で終われるように(寺崎)」「マネージャーはみんなのことが大好きです。自分に出来ることは本当に何でもしたいと思っているのでどんどん頼ってくれたら嬉しいです!(吉原)」と激励してくれた。

【次のページ】  ”挫折しかしてないんじゃないか” でも支えてくれる人がいる[TOC

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
専大松戸vs桐光学園【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
桐光学園vs藤代【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
東海大相模vs前橋育英【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
東海大菅生vs春日部共栄【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
春日部共栄vs栃木工【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第906回 関東大会に出場する4校の現在の戦力は?春季埼玉県大会を総括!【前編】【大会展望・総括コラム】
第904回 2011年以来の関東制覇を狙う習志野が登場!春日部共栄・藤代は秋から成長した姿を見せるか?(最新版)【大会展望・総括コラム】
第103回 「対応力」では他校に負けない!全国屈指の強豪・東海大菅生(東京)マネージャー【頑張る!マネージャー】
第102回 選手ファーストで日々活動!光泉(滋賀)頑張るマネージャー【頑張る!マネージャー】
第101回 チームの変革、躍進を支えるマネージャー!都立杉並(東京)頑張るマネージャー【頑張る!マネージャー】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第916回 目指すは甲子園で本塁打!大谷翔平に憧れる平尾 柊翔(春日部共栄) 【2019年インタビュー】
第914回 4番エースに相応しい選手になるために 村田賢一(春日部共栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第912回 貪欲な強肩強打捕手・石崎聖太郎(春日部共栄)「同世代のキャッチャーに負けたくない!」 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
春日部共栄 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム