第82回 「鳥取県でお前らより上はいない!」選抜出場支えた二人組 米子東(鳥取)の頑張る!マネージャー2019年02月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] マネージャーの仕事が大好きな仲良し2人組!
[2] 皆から頼られる縁の下の力持ちに!

皆から頼られる縁の下の力持ちに!



笑顔でピースをしてくれた山﨑みなさん(左)と小村ののかさん(右)

 ここからはマネージャーを代表して2年の小村さんにお話を伺った。

 中学時代はテニス部だったという彼女がマネージャーを志した理由は、「中学の頃から米子東の野球部のマネージャーになりたかった」から。中学からの夢を叶えた彼女だからこそ、マネージャー業務は本当に楽しい。

 そんな小村さんの目標は、「部員から頼られるマネージャー」になること。また活動を通じて、周りが見えるようになり、人のちょっとした変化に気づけるようになったという。

 マネージャー活動の中でも嬉しいことは、部員から「ありがとう」と言われたとき。部員からの感謝の言葉は、頑張る原動力になっている。また、監督さんから「鳥取県でお前らより上はいない」と褒められた言葉は今も心に残っている。

 そんな彼女のちょっとした自慢は、「野球部は学校生活であまり女子と喋らないけれど、私達には普通に話しかけられる」こと。部員との距離の近さはつい誇らしくなるポイントだ。

 もしマネージャーをしていなかったら、「時間を無駄にしてしまう」と素直に話してくれた。またマネージャーを一言で表すなら、「縁の下の力持ち」だと胸を張る。

 事実、福島康太主将も彼女たちに「おにぎりを作ってくれたり、自分のことよりチームを優先してくれて頼もしい存在」と信頼を寄せている。選抜での躍進に期待がかかる米子東野球部。縁の下の力持ち2人に支えられ、もっと沢山の笑顔を彼女たちに見せてほしい!

(文=編集部)

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1023回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第25回 来年も米子東は熱い!山内陽太郎、土岐 尚史、岡本大翔の逸材トリオの進化に注目だ!【101回大会特集】
智辯和歌山vs米子東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第21回 今年の甲子園に出場する1,2年は怪腕、スラッガーが続々登場!【101回大会特集】
第21回 今年の甲子園は捕手が「トレンド」。甲子園を熱くするバラエティに富んだ逸材野手たち【101回大会特集】
第2回 米子東高等学校(鳥取)【28年ぶり14回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第113回 「応援ならどこにも負けない!3年生の仲ならNo.1」大村工(長崎)の頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
札幌大谷vs米子東【第91回選抜高等学校野球大会】
米子東vs市立呉【2018年秋の大会 第131回(平成30年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント
米子東 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム