第77回 少しでもいい環境で選手が練習できるようにサポート!六甲アイランドマネージャー(兵庫)2019年01月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]達成感を味わえる瞬間が一番楽しい
[2]尊敬する3年生の先輩を超えられるようなマネージャーになりたい!

 2018年秋、兵庫県の21世紀枠推薦校に選ばれた六甲アイランド高校。野球部には38人が所属し日々活動を行っている。そんな選手たちを支えるマネージャーさんは4人。この秋躍進したチームをどんな想いで日々支えているのか、お話を伺った。

達成感を味わえる瞬間が一番楽しい



六甲アイランドマネージャー

 六甲アイランド高校野球部を日々サポートしているのが、村田真帆さん(2年)、畠山めぐみさん(2年)、平井ほほさん(1年)、森本菜生さん(1年)の4人だ。

 普段の練習では、少しでもいい環境で選手が練習できるようにサポートすることを心掛けながら、ジャグの用意や掃除・ボール渡しを行う。また練習試合の際には先生方を接待することもマネージャーの仕事だ。

 日々のサポートのおかげで重たいものをもつことができるようになったという。これに関してはほかの高校のマネージャーには負けないと語る。

 選手想いのマネージャーの皆さんは、練習が終わって片づけをしているときに、今日も一日やり切った達成感を味わえる時がマネージャーをしていて1番楽しいという。

 冬の時期、おすすめアイテムのフリースを着て寒さを防ぎながら、選手のために手が凍りそうになりながら氷のうを作る。こうした苦労を選手たちの見えないところで重ねているからこそ、練習が終わった時の達成感があるのだ。

 選手を裏から支え続けているマネージャーの皆さん。だからこそ、先生や選手が「ありがとう」と言ってくれる時には、とてもやりがいを感じている。また、ワイワイはしゃいでいる選手が野球になると真剣な顔つきを見せるところは思わずきゅんとしてしまうという。

 そんな選手たちと戦った9月23日に明石トーカロ球場で行われた、西脇工戦が特に思い出に残った試合だと答えてくれた。新チームになってベスト8に進出することができて、みんなで喜び合うことができたからだ。

 ここで夏の大会で印象深いゲームを聞いてみると、7月15日に明石トーカロ球場で行われた市立西宮戦を挙げた。
 猛暑の中、最後の最後まで頑張る3年生の姿がとても印象に残っていると話す。その理由は、3年生はとても礼儀正しく、その場にいるだけでそこの雰囲気が明るくなり、自分たち後輩にとってすごく安心できる存在だったからだ。だからこそ最後の試合になったことにとても悔しい思いをし、印象に残ったのだ。

 これからも選手を支え続けるマネージャーの皆さんを代表して、2年生の村田真帆さんにさらにお話を伺った。

【次のページ】 尊敬する3年生の先輩を超えられるようなマネージャーになりたい!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第78回 第二のお母さんとして!愛情米(こめ)たおにぎりで選手を支える!高松商(香川)【頑張る!マネージャー】
第76回 選手たちを支える母のような存在でありたい! 府立港(大阪)【頑張る!マネージャー】
第75回 100点の笑顔が見られるのが嬉しい! 橿原学院マネージャー(奈良)【頑張る!マネージャー】
第74回 マネージャーになって8ヶ月!先輩のような頼れる存在を目指す! 都立小平西マネージャー【頑張る!マネージャー】
第73回 選手たちの笑顔のために!「影の奥の影の存在」を目指す 目白研心マネージャー【頑張る!マネージャー】
六甲アイランドvs東播工【兵庫県 2017年春の大会 平成29年度春季兵庫県高校野球大会】
敦賀気比vs六甲アイランド、敦賀気比vs生光学園【2016年 練習試合(交流試合)・春】
科学技術vs六甲アイランド【兵庫県 2015年夏の大会 第97回選手権兵庫大会】
チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント
六甲アイランド 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム