第75回 100点の笑顔が見られるのが嬉しい! 橿原学院マネージャー(奈良)2018年12月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]選手を支えるためにも自分の体調を整えるのも大事な仕事
[2]みんなが頼りやすいしっかりとしたマネージャーになる!

 奈良県の橿原学院野球部には現在2学年で部員28人が所属している。選手たちを1人で支える2年生マネージャーは、どのような思いで日々の活動に励んでいるのか。彼女の活動の様子を見てみた。

選手を支えるためにも自分の体調を整えるのも大事な仕事



ティーボールを作っている様子

 28人の選手を1人で支えるマネージャー・川端麻友さん(2年)はもともとソフトボールをやっていたことと、野球が大好きでよく観戦に行っていた事からマネージャーを始めた。

 飲み物を出したり、草抜きをしたり、ボール拾い、時には部室やまわりの掃除なども行い、日々選手を一生懸命サポートしている。なかでも試合の時のスコアを書いている時が楽しい時間で、ペンやメモ、ばんそうこうがおすすめのマネージャーグッズだ。

 もしマネージャーをしていなければ、自分から積極的に動くことができないままだったと語る川端さんにとって、多くの活動をできるようになったのは大きな変化だろう。

 日々の中で、川端さんは選手からの「ありがとう」の一言や、自分を頼って「○○やっておいて」という言葉にやりがいを感じている。なかでも、「マネージャーでいてくれてありがとう」という言葉がとても嬉しく、「みんなのマネージャーができていることが嬉しい」と話す。

 「選手たちから誕生日プレゼントをもらったことは印象的なエピソードです」と話してくれた川端さん。たった1人で28人の選手たちを支えている彼女にとって、選手からのプレゼントはこれ以上ない自慢となるだろう。

 川端さんは上下関係で上手くいかずに挫折しかけたこともあったが、マネージャーになって周りをよく見るようになったり、自然と挨拶ができるようになったり、体力もついたと話す。また、選手を支えるためにもまず自分の健康管理をしっかりするということを心がけているそうだ。

【次のページ】 みんなが頼りやすいしっかりとしたマネージャーになる!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第78回 第二のお母さんとして!愛情米(こめ)たおにぎりで選手を支える!高松商(香川)【頑張る!マネージャー】
第77回 少しでもいい環境で選手が練習できるようにサポート!六甲アイランドマネージャー(兵庫)【頑張る!マネージャー】
第76回 選手たちを支える母のような存在でありたい! 府立港(大阪)【頑張る!マネージャー】
第525回 ブレずに歩み続けた先に甲子園の扉が開く! 橿原学院(奈良)【後編】【野球部訪問】
第523回 紙一重を極めた先に待つ聖地! 橿原学院(奈良)【前編】【野球部訪問】
橿原学院vs高取国際【奈良県 2016年秋の大会 平成28年秋季近畿地区高等学校野球大会奈良予選】
橿原学院vs奈良女子大附【奈良県 2015年春の大会 平成27年度春季奈良県大会】
三田松聖vs橿原学院【2013年秋の大会 平成25年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
鳥羽vs橿原学院【2013年春の大会 平成25年度春季近畿地区高等学校野球大会】
一条vs橿原学院【奈良県 2011年夏の大会 第93回奈良大会】
チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント
橿原学院 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム