第74回 マネージャーになって8ヶ月!先輩のような頼れる存在を目指す! 都立小平西マネージャー2018年12月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]食事でも選手をサポートして選手との距離を縮める
[2]頼りにしてもらえる、必要としてくれるマネージャーを目指す!

 東京都小平市に学校がある、都立小平西。野球部には現在2学年で32名が所属している。そんな選手たちを支えるマネージャーは、日々どんな活動をしているのか。彼女たちの活動の様子を見てみた。

食事でも選手をサポートして選手との距離を縮める



選手に補食を配膳中!

 都立小平西は現在、1年生の会田真生さんと益子楠菜さんの2人で選手32名のサポートをしている。同じクラスの野球部員の誘いでマネージャーを始めた2人は、まだマネージャーとしての経験が少ない。

 そのため、慣れないことがあるときは選手に迷惑をかけてしまったことを考え、心が折れそうになったこともあると話す。ただ、マネージャーだからこそ選手と接する時間が長く、その分選手たちとの距離が近づいていることに嬉しさを感じている。

 そんな彼女たちの日々の活動は、ノックの時のボール渡し、さらには練習試合の時のスコア記入など、毎日の活動から選手たちの近くで同じ時間を過ごしている。だからこそ、選手たちの距離は近づいているのだろう。

 こうした活動以外でも、選手たちとマネージャーが仲良くしている瞬間を取材日に見た。それは補食を選手に配膳しているときだった。
 都立小平西では石田幹雄監督の方針で、練習の途中で補食の時間を設けている。トレーニングした体には栄養素が必要不可欠なだけに、こうした時間は選手にとっては非常に大切になっている。

 しかしそれはマネージャーにとっても同じである。選手がおいしく食べてくれたり、喜んでくれたりする瞬間こそ、補食を作る時間がマネージャーをしていて一番楽しい時間だからだ。

 プレーだけではなく、食事でもサポートをしている都立小平西のマネージャー。様々な活動をしているが、何を意識して選手たちをサポートしているのか。2人に話を聞くと、こういった解答が返ってきた。
 「選手がケガをした時に、なるべく早くアイシングをするようにしています」

 ノックのサポートやスコア、補食づくりは確かに大事だ。だが、選手がケガした時にどれだけ適切に処置をできるか、ということもマネージャーには必要だろう。マネージャーをするうえで一番大事なことを、彼女たちから改めて学ぶことができた。

【次のページ】 頼りにしてもらえる、必要としてくれるマネージャーを目指す!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第849回 潜在能力を発揮させるため 自信と落ち着きある投手に! 野﨑師(都立小平西) 【2018年インタビュー】
第520回 打ち克つことができるスケールの大きいチームへ!都立小平西【野球部訪問】
第846回 日鶴撃破の立役者・野﨑師(都立小平西) 強豪校と渡り合えるまでになった進化の過程 【2018年インタビュー】
第73回 選手たちの笑顔のために!「影の奥の影の存在」を目指す 目白研心マネージャー【頑張る!マネージャー】
第72回 選手の同志!適応力を課題に選手を支える日大桜丘マネージャー【頑張る!マネージャー】
第71回 「指導者と選手とのパイプ役」へ 健大高崎の野球を支える女子マネたち【頑張る!マネージャー】
第810回 日大三の初戦敗退から始まり国士舘の優勝で幕を閉じた秋季東京都大会を総括!【大会展望・総括コラム】
國學院久我山vs都立小平西【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
都立小平西vs海城【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
日大桜丘vs都立小平西【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
桜美林vs都立小平西【東京都 2017年秋の大会 東京都大会 一次予選】
都立小平西vs都立田無工【東京都 2016年秋の大会 東京都大会 一次予選】
チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント
都立小平西 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム