第60回 おかやま山陽(岡山)「笑顔で『ありがとう』と言ってくれる瞬間が大好き」2018年03月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]体調管理には気をつけて、全国でも勝てるように
[2]笑顔で「ありがとう」と言ってくれる瞬間が大好き

 昨秋、中国大会で初優勝を果たし、初の選抜出場を決めたおかやま山陽。中国大会決勝では9点差を跳ね返すなど、逆境の強さを大きく印象づけた。今回はそんなチームを支える5人の女子マネージャーに話を聞くことができました。

体調管理には気をつけて、全国でも勝てるように



おかやま山陽野球部を支える5人のマネージャー

 おかやま山陽野球部は64名の部員がおり、その選手たちを支えるのが女子マネージャーの小寺美穂さん(2年)、三近侑加さん(1年)、戸部あすかさん(1年)、前田乃音さん(1年)、三宅彩愛さん(1年)の5人女子マネージャーだ。

 5人の普段の活動内容は、掃除やネットの補修、そして「箱直し」と呼ばれる練習器具の補修を行うこと。壊れている部分をハンマーなどで叩いたり、六角レンチを使って締めるなど、普段から工業的な要素を持つ作業を行っており、中でもネットの補修に関しては、他の高校のマネージャーには負けないと語った。

 5人が一番やりがいを感じるときについて聞くと、やりがいは常に感じており、特に一番楽しい時間は公式戦の試合の時と答えた。その理由は、勝ったときの嬉しさを共有できるからだと明かし、9点差を跳ね返して中国大会王者に輝いた下関国際との決勝戦は、最も思い出に残っている試合として挙げた。

 また、どんなことを心掛けて選手をサポートしているかという質問には、選手一人一人にしっかり目を向けて、小さな変化にも気付けるようにしていると回答し、マネージャーとしての意識の高さも感じさせた。彼女たちのそうした日々の努力が中国大会決勝での大逆転に繋がったのかもしれない。

 「憧れでもあり、ライバル」と話すのは、昨夏で引退した3年生のことだ。憧れるだけで無く「ライバル」と言ったところに、彼女たちのマネージャーとしてのプライドが垣間見え、意識の高さを改めて感じさせられた。

 日々練習に励むチームの選手たち一言お願いされると、「体調管理には気をつけて、全国でも勝てるように、これからの練習も頑張って下さい」と答え、開幕を目前に控えた甲子園に向けて気持ちを引き締めた。

【次のページ】 笑顔で「ありがとう」と言ってくれる瞬間が大好き

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第511回 執念で甲子園出場を! 6年ぶりの出場を狙う名門・倉敷商(岡山)の課題【野球部訪問】
第69回 勝利に繋がるからこそどんな活動も楽しい!都立新宿マネージャー【頑張る!マネージャー】
第68回 大分商(大分) 3年間共に歩んだ仲間と最高の夏に!【頑張る!マネージャー】
第79回 創志学園の登場で、関西と倉敷商らと新たな勢力構図【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第67回 豊島学院(東京)新聞作りでより理解した大切な仲間たちを陰で支える【頑張る!マネージャー】
乙訓vsおかやま山陽【第90回記念選抜高等学校野球大会】
創成館vsおかやま山陽【2017年 第48回明治神宮野球大会】
おかやま山陽vs下関国際【2017年秋の大会 第129回(平成29年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
おかやま山陽vs瀬戸内【2017年秋の大会 第129回(平成29年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
おかやま山陽vs創志学園【岡山県 2017年秋の大会 秋季岡山県高等学校野球大会】
チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント
おかやま山陽 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム