第45回 「常に気を配り、先回りに行動」選手と共に戦う、岡山朝日のマネージャー2017年09月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]気を配り、先回りに行動!
[2]マネージャーをしていなかったら…?

気を配り、先回りに行動!

 岡山県岡山市にある岡山朝日。この学校はNHKアナウンサーの藤井康生さんをはじめとした各界に著名人に輩出している伝統校。現在、野球部は部員21人で活動している。選手19名を支えるのは、2年生の岸 めぐみさんと、1年生の羽納 希美さんのマネージャー2人だ。普段の活動は、スコアの記入、ノックのボール渡し、ジャグの準備、おにぎりづくり、タイム測定、部室の掃除、ボールの仕分け、ネットの補修と広い範囲に渡って選手をサポートする。このように選手たちの毎日を支えるマネージャーも、もちろんチームの一員。練習後のミーティングなどでも積極的に気づいたことを発言していくという。

 岡山朝日のマネージャー2人が心がけていることは、「常に周りに気を配り、先回りに行動すること」、そして「選手ひとりひとりの様子をよく見ること」だという。このようにして、しっかりと十分に選手のサポートをできるよう、マネージャーも常に目を配っている。気を配り、種々の作業をこなす大変な日々だが、「ありがとう」と言われるとやりがいを感じるという。

 マネージャーの活動の中で、1番楽しい時間は、「スコアを記入しているとき」と二人は言う。毎日練習をサポートしているマネージャーも、この時間は「選手と一緒に戦っている感じがする」という。

 スコアといえば、「スコアをきれいに書けたときの達成感」は、マネージャーあるあるだという。他にも、「部員は後ろ姿で全員だれか分かる」、「おにぎりを作るのがうまくなる」ということも教えてくれた。

 そしてマネージャ―から選手たちへ一言!

いつも練習おつかれさま!普段の練習や、練習試合で一生懸命がんばるみんなにいつも元気をもらっています。まだまだ課題がたくさんあるけど、精一杯サポートするので、いっしょにがんばっていこう!!!

【次のページ】 マネージャーをしていなかったら…?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第113回 「応援ならどこにも負けない!3年生の仲ならNo.1」大村工(長崎)の頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
第112回 「諦めずに戦う選手たちを最後まで信じてあげたい」 鳥栖(佐賀)の頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
第111回 「頑張る選手を近くで見れることが幸せ!」鳥栖商(佐賀)の頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
第109回 チームを選手達の「落ち着く空間」にしたい!上尾(埼玉)の頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
第108回 同じ目標に向かって歩む仲間でありたい!都立小山台(東京都)の頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント
岡山朝日 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム