第41回 選手を支えるプロフェッショナルとして 関東第一高等学校2017年07月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 東京都江戸川区にある関東第一高等学校。東東京の強豪校であり、卒業生には武田 勝投手や中村 祐太投手、オコエ 瑠偉選手など多数を輩出している。昨夏の甲子園に出場、今春の東京都大会では準々決勝に進んだものの、惜しくも国士舘に敗れた。
今回は輝かしい成績をおさめる関東一を支える一人の男子マネージャ―にお話を伺った。

選手と笑い合っている時間が一番楽しい!

 関東一高野球部65人の部員を支えるのは16人のマネージャー。関東一のマネージャーたちは人数が多いので、一人ひとりの役割を明確にして、スムーズに練習を進めている。女子マネージャーは主に土日を中心に活動し、唯一の男子マネージャーである3年生の田村 金太郎さんが中心となって野球部を支える。


田村 金太郎マネージャー(関東一)

 田村君がマネージャーになったきっかけは「中学時代に裏方の仕事に興味を持っていたから。」
田村君は中学時代まで選手として活躍。そんな中で関東一に入学し、高校では裏方として選手たちを支えることを決意した。

 田村君はいつでも安心して頼ってもらえる存在を目指して日々活動に励む。
活動の中で心掛けていることは「選手たちに負担を掛けないように100%の状態にさせてあげること。」
選手が頼ってきて、その心に寄り添えるようなことをしたときにやりがいを感じるという田村君。同じ目線、近い距離でサポートを行っていることが伝わってくる。

 マネージャーの活動を通して自分自身が変わったことを尋ねてみると「先のことを予測し、一歩前に動けるようになったことです。」と話してくれた。そして様々な仕事をこなしていくうえで社会に必要な知識を学ぶことができたという。マネージャ―をやっていなかったら内向きで人との関わりが出来ていなかったと、自身の大きな成長を感じていた。

 田村君にとって嬉しい瞬間はチーム全員が笑顔で勝利しているところ。夏の開幕はすぐそこまで来た。関東一は田村君をはじめとするマネージャ―と共に全員の笑顔が輝く長い夏に向けて走り出す。


田村君が考えるマネージャ―とは?
 「選手を支えるプロフェッショナル」

田村君からチームのみんなに一言!
「秋春の悔しさをバネにこれまで自分たちがやってきたことを信じて、選手、スタッフ、OB、父母、一緒になって頑張りましょう!」

 

 関東第一高等学校野球部の皆さん、ありがとうございました!

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第52回 関東一伝統の「1番センター」を受け継ぐ大久保翔太。大ファインプレーは師匠の教えがあった【101回大会特集】
履正社vs関東一【第101回全国高等学校野球選手権大会】
関東一vs鶴岡東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第960回 第1試合から第4試合まですべて激戦!展開が読めない準々決勝4試合の見所【大会展望・総括コラム】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第42回 今年の甲子園ベスト16がほぼ順当だといえる理由【101回大会特集】
関東一vs熊本工【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第956回 習志野、仙台育英、関東一など実力校が登場!ベスト16が出揃う大会9日目3試合の見所!【大会展望・総括コラム】
関東一vs日本文理【第101回全国高等学校野球選手権大会】
関東一vs都立小山台【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
第950回 エースとしての自覚や責任を感じた、関東一・土屋大和がコントロールとキレで勝負するわけ 【2019年インタビュー】
第842回 キューバ遠征で自分を変えたい! 東東京屈指の速球派右腕・谷 幸之助(関東一) 【2018年インタビュー】
第723回 斎藤 未来也(関東一)力強さとスピードを兼ね備えた理想のトップバッターを目指して 【2018年インタビュー】
第720回 石橋康太(関東一)「甲子園とプロ入りを見据えて。世代屈指の捕手が始めた意識改革」 【2018年インタビュー】
チームを支える最高のマネージャーになるための5つのポイント
関東一 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム