第24回 マネージャーも一緒にトレーニング!「常に笑顔」で選手をサポート!西武台高等学校2016年12月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]パイナップルの缶を開ける速さは負けない!
[2]チームを支える一番の味方

 埼玉県新座市に所在する西武台高等学校。1981年に創立した学校で、これまでにブンデスリーガ・ヘルタ・ベルリン所属。そして日本代表として活躍する原口元気選手を筆頭に多くのプロサッカー選手を輩出してきました。野球部は1988年に選抜出場の経験があり、2015年秋には県大会ベスト8入りするなど、実力をつけている西武台。今回はそんな西武台野球部のマネージャーにお話を伺いました。

パイナップルの缶を開ける速さは負けない!

プロテインを作るマネージャー(西武台高等学校)

 新チームとなった西武台野球部の人数は総勢78人。その部員たちを支えているのが、2年生の大槻 りょうさん、冨士原 光希さん、1年生の大森 未菜美さん、高木 美月さん、田中 陽子さんの5人のマネージャーです。

 主な活動内容は、選手たちへプロテインを作ったり、来客対応や環境美化への取り組み、試合のときはアナウンスやスコアの記入だけではなく、個人成績や試合結果の集計も行っています。

 その他にもノックの補助をしたり、実際に選手たちに混ざってトレーニングを行うことも。学校行事のマラソン大会などが近づくと、選手と同じコース、またはボリュームを減らしたランメニューも一緒に行います。

西武台高等学校野球部マネージャー

 また、バナナチップスとパイナップルの補食を用意するというのも、西武台野球部ならではの取り組み。選手たちの身体を大きくするために始めた取り組みですが、総勢78人分のバナナを毎回用意するのは大変。そこで、気軽に摂取できて栄養素が高いバナナチップスと、身体を柔らかくし、保存のきく缶詰のパイナップルを選んだと言います。

 毎回補食の準備をしているマネージャーたちは「パイナップルの缶を開ける速さとプロテインを作る速さは誰にも負けません!」と、他の高校には負けないマネージャースキルを教えてくれました。

「常に笑顔」で、選手たちがより良い環境で野球ができるようにすることを心掛けているという西武台マネージャーたち。大勢の選手を支えるのは大変ですが、選手たちからの「ありがとう」の言葉や、試合で勝ったときは特にやりがいを感じると言います。

 日々練習に励む選手たちへ向けてメッセージを伺うと、「チーム一丸となって最高の夏を迎えよう!」と答えてくれた5人。このオフシーズンを乗り越え、春、夏の活躍に期待です。

 次ページでは、代表の大槻 りょうさんにお話を伺いました!

【次のページ】 チームを支える一番の味方

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1009回 健大高崎と大接戦演じた西武台(埼玉)!攻守のカギを握るキーマンたちに迫る!【野球部訪問】
第1004回 多彩な野球を見せる西武台(埼玉)の源は「アクティブラーニング」にあり!【後編】【野球部訪問】
第1004回 強豪校続々撃破の関東大会ベスト8の西武台(埼玉)を一変させた打撃改革【前編】【野球部訪問】
第997回 花咲徳栄、浦和学院はもちろん2020年の埼玉のトップを走る6チームは??【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs西武台【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
西武台vs青藍泰斗【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第99回 優勝候補・常総学院などが登場する大会2日目の見所・注目選手リスト【秋季関東大会】【大会展望・総括コラム】
花咲徳栄vs西武台【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
西武台vs川口市立【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
西武台vs昌平【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
西武台 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム