第8回 侍ジャパン大学代表から見る投手と野手の成長度の違い2015年08月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]投手は大学で急成長!
[2]野手は一歩ずつ積み上げて伸びていった

 8月26日に開催される侍ジャパンU-18代表と侍ジャパン大学代表との壮行試合。だいぶ前から対戦が決まっていたカードということに加え、甲子園で開催されることとなり、大きな注目を集めている。今回は大学代表に目を向けて述べたいと思う。

投手は大学で急成長!

田中 正義(創価大)

 大学代表の顔ぶれを見て感じたのは、高校時代に代表経験のある選手が殆どいないということ。4年生では横尾 俊建日大三ー慶應大)、谷田 成吾慶應義塾ー慶應大)、3年生では佐藤 拓也浦和学院ー立教大)の3人である。

 投手を見ると、高校時代から急激に伸びた選手が多く、野手と比べると成長速度がずば抜けて早い。
一方で野手は、注目選手に挙がるも高卒でプロ入りできるかを基準で見ると、物足りなさはあったが着実に力をつけて注目されるようになった選手が多い。

 急激に伸びた投手の一例として名前を挙げると、田中 正義創価ー創価大)、高橋 礼専大松戸ー専修大)、濱口 遥大三養基ー神奈川大)の3人。
田中は高校時代、外野を中心に守っていた。3年夏には登板経験はあったが、そこまで目立つ存在ではなかった。大学入学を機に投手転向。数々の好投手を輩出した創価大の投手メソッド(先輩から学べ vol.1vol.2vol.3)によりメキメキと実力を伸ばし、昨春は2年生ながら創価大のエースとして全日本大学選手権に出場した。
いきなり佛教大戦で最速154キロを計測し、9つの三振を奪い完封。その後も150キロ超の速球で、亜細亜大、九州産業大などの強豪を破り、ベスト4入りを果たした。

 その後もハーレム国際の代表選手に選出され、2014年の明治神宮大会にも出場。さらには今年のユニバーシアード夏季大会の代表選手にも選ばれ、早くも2016年のドラフトの目玉として注目されている選手だ。

 高橋 礼は高校時代、120キロ台の速球、シンカー、スライダーで勝負する技巧派のアンダースローであったが、専修大学に入って一転。130キロ後半の速球とシンカーで勝負する速球派のアンダースローに変貌。全日本大学選手権大会大会でベスト8入りし、ユニバシアード夏季大会の代表選手に選出されるなど、2017年のドラフト候補として早くもリストアップされる存在だ。

 濱口は、神奈川大のエースとして、昨年の全日本大学選手権で準優勝。今年も大学選手権でベスト4に入るなど、全国トップクラスの実績を誇る大型左腕である。球速も140キロほどだったが、コンスタントに140キロ後半の速球、落差あるチェンジアップで翻弄するパワーピッチングを見せ、田中とともにドラフト候補として注目される。

 3人とも光るものは持っていても、高校時代は、ずば抜けた能力を持った選手ではなかった。しかし大学で飛躍的にパフォーマンスを伸ばせば、代表に名を連ねる可能性を持っていることが分かる。

注目記事
・第27回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ特設ページ
・【8月特集】打撃力アップ
・2015年秋季大会特設ページ

この ページのトップへ

【次のページ】 野手は一歩ずつ積み上げて伸びていった

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第997回 花咲徳栄、浦和学院はもちろん2020年の埼玉のトップを走る6チームは??【大会展望・総括コラム】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第9回 神宮第二球場の思い出 ~東京五輪に始まり、東京五輪に終わる~【後編】【東京の高校野球】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
慶應義塾大vs城西国際大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs関西大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs東海大学札幌キャンパス【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
金沢学院大vs九州産業大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
帝京vs創価【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第1069回 高校ラストイヤーは「勝てる投手」を目指して3年連続の甲子園へ 笠島尚樹(敦賀気比)【後編】 【2019年インタビュー】
第1067回 ほろ苦い甲子園デビューから1年・・・2年生エースへと成長を遂げた笠島尚樹(敦賀気比)【前編】 【2019年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
黒田博樹 世界を制する投球術
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
佐藤 拓也(浦和学院) 【選手名鑑】
柴田 竜拓(岡山理大附) 【選手名鑑】
高橋 礼(専大松戸) 【選手名鑑】
髙山 俊(日大三) 【選手名鑑】
田中 正義(創価) 【選手名鑑】
濱口 遥大(三養基) 【選手名鑑】
藤岡 裕大(岡山理大附) 【選手名鑑】
茂木 栄五郎(桐蔭学園) 【選手名鑑】
谷田 成吾(慶應義塾) 【選手名鑑】
横尾 俊建(日大三) 【選手名鑑】
吉田 正尚(敦賀気比) 【選手名鑑】
浦和学院 【高校別データ】
岡山理大附 【高校別データ】
大井 【高校別データ】
神奈川大附 【高校別データ】
九産大九産 【高校別データ】
慶應義塾 【高校別データ】
國學院栃木 【高校別データ】
専大北上 【高校別データ】
専修大附 【高校別データ】
専大松戸 【高校別データ】
創価 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】
桐蔭学園 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
三養基 【高校別データ】
大和 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム