目次

【目次】
[1]投手として活躍した世界の王貞治と親子鷹で話題をさらった原辰徳
[2]ラッキーゾーンと敬遠が松井秀喜をスターへ押し上げた
[3]イチローの高い向上心は高校時代から

 100回大会は大阪桐蔭の史上初となる2度目の春・夏連覇の金字塔で締めくくられた。2019年、高校野球は次の100年に向けて新たな一歩を踏み出す。ここで改めて高校野球の歴史を名選手の活躍と共に振り返ろう。

投手として活躍した世界の王貞治と親子鷹で話題をさらった原辰徳

 まず見ていきたいスター選手は、世界のホームラン王と語り継がれる王 貞治

 早稲田実業に入学した王は、1年生の夏に初めて甲子園に出場する。すると2年生の春・夏、さらには3年生の春も甲子園に出場。
 当時は投手として活躍していた王は、2年生の春の甲子園では3試合連続完封を挙げるなど好投し、全国制覇。さらに2年生の夏には寝屋川との試合で、延長11回を投げてノーヒットノーラン達成という偉業を果たしている。

 ここまで投手として大きな実績を残した王であったが、最後の夏は東京都大会の決勝で明治に敗れ、甲子園を逃して高校野球を終えている。

 そして早稲田実業を卒業後、巨人に入団すると打者として活躍。868本塁打という大記録を樹立し、「世界のホームラン王」と呼ばれるまでになった。彼が背負った背番号1は永久欠番として功績が称されている。

 選手として第一線を退いた後も、監督として巨人とダイエーホークス(現:福岡ソフトバンクホークス)の指揮を執り日本一を経験。さらには日本代表の監督として、第1回WBCでチームを世界一に導いたのであった。

 そして同じく巨人、日本代表の監督として実績を残したのが東海大相模である。

 来シーズンから、三度目の巨人軍監督に就任しその手腕に注目が集まる原氏は、王 貞治が高校野球を引退してから20年ほど経過した1974年に東海大相模に入学。1年生ながら中軸を任される期待値の高さ、そしてルックスの良さで注目された。さらに当時の監督・原貢との親子鷹としても注目を浴びた。

 原を擁する東海大相模は夏の甲子園に出場し、松商学園三重を破ったが、準々決勝で上尾に敗れベスト8止まり。原の高校野球最初の夏は幕を閉じた。

 その後3年連続で甲子園出場するも、優勝を果たすことはできなかった。卒業後、原は東海大学に進学。大学野球でも活躍を見せ、巨人に入団。15年間現役としてプレーし、監督としても正力松太郎賞など数々の賞を受賞するなど輝かしい成績を残した。