目次

【目次】
[1]山川の中部商を破った興南、その興南を破った今宮の明豊
[2]菊池雄星のいた花巻東は間接的に清峰に春の雪辱を果たす
[3]見逃すことのできない用具の進化

山川の中部商を破った興南、その興南を破った今宮の明豊

 沖縄県の中部商から岩手県の富士大へ進学して、やがてドラフト2位指名で西武入りを果たす山川穂高(西武)。高校時代には沖縄大会決勝まで進んでいるが甲子園出場はない。その年の中部商は初戦で嘉手納に3対2。2回戦は前年甲子園でベスト4に進んでいる浦添商に4対1と快勝。

 さらに3回戦では美来工科を下し、準々決勝でもコザに快勝。準決勝では沖縄水産に5対3で勝つが山川はこの試合で本塁打を放っている。決勝では興南に2対4で敗れるが、4番山川は長打こそなかったものの2安打している。2009年の夏のことである。

 ところで、この年は自民党が敗退して政権交代があって民主党政権となり鳩山由紀夫総理大臣が誕生した年でもあった。
 山川については、当時の中部商・盛根一美監督は、かつて東京都の高校野球関係者が沖縄を訪れた際に「当たればすごくデカい打球を打つ選手がおるんだけど、高校時代に化けきれるかどうか」というように、いささか粗さも目立つ選手だったようだ。やはり、富士大に進学してリーグ戦などで実戦経験を積んでいくうちに、ブレイクしていったのだろう。

 なお、山川穂高のいた中部商を下して甲子園出場した興南は、翌2010年には春夏連続優勝を果たして全国の頂点に立つのだが、この年の甲子園では初戦で明豊に敗退している。


高校時代に大活躍をした今宮 健太選手と菊池 雄星選手

 その明豊には、今宮 健太(ソフトバンク)がいて、遊撃手としてそのセンスの良さは群を抜いていたのだが、内野からいきなりリリーフのマウンドに立って、151キロをマークして、スタンドを「ウォーッ」と唸らせるという怪腕ぶりを示しているが、その身体能力の高さは同世代の中でも特筆ものと言っていいのではないだろうか。

 明豊は準々決勝に進出するが、花巻東に競り負ける。花巻東には、その年の最大の目玉と言ってもいい存在となっていた菊池 雄星がいた。菊池 雄星は春のセンバツでも準優勝投手となっており、大会前から注目を浴びていたが期待通りの活躍を果たしたと言ってもいい。

 ただ、夏の選手権では疲労から背中を痛めていたということもあって、本調子ではなかったということもあり、準決勝で優勝する中京大中京に1対11と大敗を喫してしまう。

高校野球界に新たな旋風を巻き起こす、Jコング02とは?
Vコングの衝撃から17年、ニューモデル【Jコング】が再び高校球界に旋風を巻き起こす!
↑詳細は上記のリンク先から!