第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年2018年08月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高校野球の歴史を大きく変えた駒大苫小牧
[2]3連覇を目指すも斎藤佑樹のヒール役に

高校野球の歴史を大きく変えた駒大苫小牧


高校時代の田中 将大選手

 高校野球の歴史を大きく変えたと言われているのが、2004年の南北海道代表の駒大苫小牧の優勝である。2年連続出場となった駒大苫小牧。前年夏は初戦、倉敷工に4回二死まで8対0と大きくリードしていたが、台風の影響により大雨が止まずノーゲームとなり、翌日の再試合で敗退する。
 その悔しさをバネに連続出場を果たしたのだ。大会前の評判は、「相手によって打順を組み替えられる強打のチーム」という触れ込みだった。とはいえ、まさか全国の頂点を取るような強力なチームだとは、さすがにほとんどの人は予想していなかったのではないだろうか。

 実は、この年は北海道に野球革命が起きた年でもあった。というのも、プロ野球の日本ハムが東京から本拠地を札幌市に移転。球団名も正式に「北海道日本ハム」と名乗るようになった最初の年でもある。道民には新たに野球観戦文化が生まれかかった年でもある。

 と同時に、北海道勢はこれまで甲子園で49勝、「50勝目は自分たちが…」そんな思いで挑んだ駒大苫小牧だ。この年の春には、尼崎市の野球少年だった田中 将大も、「多くの学校から声をかけられたけれども、全国の学校から施設や環境などを見て、将来プロ野球選手になるということを前提として考えた」という理由で、駒大苫小牧を選択している。そして、その男が高校野球新時代を誕生させるとともに、歴史的な試合を演出することとなるのだ。


2006年夏に注目された打の怪物 堂上直倫選手と中田 翔選手

 04年と05年夏に駒大苫小牧は連続優勝を果たす。これで、すっかり北海道も高校野球強豪地区となった。05年のメンバーには背番号11で2年生の田中 将大がいたが、準決勝の大阪桐蔭との試合では先発して7回途中まで投げて平田 良介(中日)をことごとく抑えている。田中は京都外大西との決勝では後半にマウンドに立ち4回1/3を投げて優勝投手となっている。
 そして3連覇を目指すこととなった06年、田中はシーズン前から投の怪物として注目を浴びることとなったが、この年は同じように打の怪物としては前年センバツで2年生ながら主軸として優勝にも貢献した愛工大名電堂上 直倫がいた。その両方が、期待通りに甲子園に勝ち上がってきた。

 ところが、愛工大名電は初戦であっさり福知山成美に敗退する。堂上は8回にタイムリーこそ放ったものの最後の夏の甲子園1安打で終わった。打の怪物としては大阪桐蔭の2年生の4番打者中田 翔に期待が移ったが、その中田も2回戦で早稲田実業斎藤 佑樹に大胆に内側を攻められて3三振を喫するなどで無安打。チームも敗退した。そして、代わって大会のヒーローとなっていったのが、その斎藤だった。マウンド上で青いフェイスタオルで汗をぬぐう仕草も話題となって、時のマスコミは“ハンカチ王子”と名付けた。

 こうして、甲子園は新たなヒーローを生み出していくのだが、それが一つひとつ勝ちあがっていくことで、さらに人気を得ていくことになる。それが、やがて“ハンカチフィーバー”となっていった。

体温を下げてパフォーマンスアップにオススメの『ベースボールシャツ』は?
ミズノ クールスリーブ
遮熱素材「ソーラーカット」採用のクールスリーブシャツは、涼しく動きやすいぞ!

【次のページ】 3連覇を目指すも斎藤佑樹のヒール役に

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
八戸学院光星vs花巻東【2018年秋の大会 第71回(平成30年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
第774回 全てをやりきったラストサマー!目指すは日本を代表する4番打者!野村佑希(花咲徳栄高) 【2018年インタビュー】
帝京vs創価【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
早稲田実業vs拓大一【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
大阪桐蔭vs関大北陽【大阪府 2018年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
智辯和歌山vs市立和歌山【和歌山県 2018年秋季大会 近畿地区高等学校野球大会 和歌山県二次予選】
第792回 甲子園の経験者が多く残る日大三と二松学舎大附が軸!秋季東京都大会の展望を占う【大会展望・総括コラム】
第761回 唐津商を引っ張る注目の1年生コンビ!坂本勇人・市丸紘樹(唐津商) 【2018年インタビュー】
第790回 絶対的なエース・及川擁する横浜か?強力打線・東海大相模が制するのか?いざ激突!【大会展望・総括コラム】
第786回 甲子園通算200勝の権利はどこに?秋季京都大会2次戦を展望【大会展望・総括コラム】
第783回 東邦など名古屋地区の私学4強が分散、豊川、西尾東などがどこまで抵抗示すか【大会展望・総括コラム】
第781回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「特定の投手に固執した投手起用、そして需要高まる二刀流」【大会展望・総括コラム】
第758回 冷静な自己分析能力とメンタルコントロール 藤原恭大(大阪桐蔭)の真価が見られるのはこれからだ! 【2018年インタビュー】
第750回 日本必殺の左のスペシャリストへ!板川佳矢(横浜)が期待できる理由 【2018年インタビュー】
第744回 楽しさと辛さの両方を味わいながら甲子園準優勝! MIZUNO 田林正行さんが語る高校野球への想い【後編】 【2018年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
試合で役立つメンタルマネジメント
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
植村 祐介(広陵) 【選手名鑑】
植村 祐介(北照) 【選手名鑑】
梶谷 隆幸(開星) 【選手名鑑】
斎藤 佑樹(早稲田実業) 【選手名鑑】
坂本 勇人(唐津商) 【選手名鑑】
坂本 勇人(光星学院) 【選手名鑑】
田中 将大(駒大苫小牧) 【選手名鑑】
堂上 直倫(愛工大名電) 【選手名鑑】
中田 翔(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
平田 良介(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
福田 永将(横浜) 【選手名鑑】
前田 健太(PL学園) 【選手名鑑】
吉川 光夫(広陵) 【選手名鑑】
愛工大名電 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
開星 【高校別データ】
鹿児島工 【高校別データ】
関西学院 【高校別データ】
関西 【高校別データ】
関大一 【高校別データ】
関大北陽 【高校別データ】
九産大九産 【高校別データ】
京都外大西 【高校別データ】
光星学院 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
駒大苫小牧 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
八戸学院野辺地西 【高校別データ】
PL学園 【高校別データ】
福知山成美 【高校別データ】
北照 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
八重山商工 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

手束仁
手束 仁

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム