第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年2018年08月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高校野球の歴史を大きく変えた駒大苫小牧
[2]3連覇を目指すも斎藤佑樹のヒール役に

高校野球の歴史を大きく変えた駒大苫小牧


高校時代の田中 将大選手

 高校野球の歴史を大きく変えたと言われているのが、2004年の南北海道代表の駒大苫小牧の優勝である。2年連続出場となった駒大苫小牧。前年夏は初戦、倉敷工に4回二死まで8対0と大きくリードしていたが、台風の影響により大雨が止まずノーゲームとなり、翌日の再試合で敗退する。
 その悔しさをバネに連続出場を果たしたのだ。大会前の評判は、「相手によって打順を組み替えられる強打のチーム」という触れ込みだった。とはいえ、まさか全国の頂点を取るような強力なチームだとは、さすがにほとんどの人は予想していなかったのではないだろうか。

 実は、この年は北海道に野球革命が起きた年でもあった。というのも、プロ野球の日本ハムが東京から本拠地を札幌市に移転。球団名も正式に「北海道日本ハム」と名乗るようになった最初の年でもある。道民には新たに野球観戦文化が生まれかかった年でもある。

 と同時に、北海道勢はこれまで甲子園で49勝、「50勝目は自分たちが…」そんな思いで挑んだ駒大苫小牧だ。この年の春には、尼崎市の野球少年だった田中 将大も、「多くの学校から声をかけられたけれども、全国の学校から施設や環境などを見て、将来プロ野球選手になるということを前提として考えた」という理由で、駒大苫小牧を選択している。そして、その男が高校野球新時代を誕生させるとともに、歴史的な試合を演出することとなるのだ。


2006年夏に注目された打の怪物 堂上直倫選手と中田 翔選手

 04年と05年夏に駒大苫小牧は連続優勝を果たす。これで、すっかり北海道も高校野球強豪地区となった。05年のメンバーには背番号11で2年生の田中 将大がいたが、準決勝の大阪桐蔭との試合では先発して7回途中まで投げて平田 良介(中日)をことごとく抑えている。田中は京都外大西との決勝では後半にマウンドに立ち4回1/3を投げて優勝投手となっている。
 そして3連覇を目指すこととなった06年、田中はシーズン前から投の怪物として注目を浴びることとなったが、この年は同じように打の怪物としては前年センバツで2年生ながら主軸として優勝にも貢献した愛工大名電堂上 直倫がいた。その両方が、期待通りに甲子園に勝ち上がってきた。

 ところが、愛工大名電は初戦であっさり福知山成美に敗退する。堂上は8回にタイムリーこそ放ったものの最後の夏の甲子園1安打で終わった。打の怪物としては大阪桐蔭の2年生の4番打者中田 翔に期待が移ったが、その中田も2回戦で早稲田実業斎藤 佑樹に大胆に内側を攻められて3三振を喫するなどで無安打。チームも敗退した。そして、代わって大会のヒーローとなっていったのが、その斎藤だった。マウンド上で青いフェイスタオルで汗をぬぐう仕草も話題となって、時のマスコミは“ハンカチ王子”と名付けた。

 こうして、甲子園は新たなヒーローを生み出していくのだが、それが一つひとつ勝ちあがっていくことで、さらに人気を得ていくことになる。それが、やがて“ハンカチフィーバー”となっていった。

体温を下げてパフォーマンスアップにオススメの『ベースボールシャツ』は?
ミズノ クールスリーブ
遮熱素材「ソーラーカット」採用のクールスリーブシャツは、涼しく動きやすいぞ!

【次のページ】 3連覇を目指すも斎藤佑樹のヒール役に

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第923回 県内随一の戦力誇る沖縄水産が登場!潜在能力が高い沖縄工にも注目【大会展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第203回 【BIG5特集】及川雅貴(横浜)「復活・覚醒をかけたモデルチェンジ」【ドラフト特集コラム】
第202回 【BIG5特集】西純矢(創志学園) 厳しいマークを乗り越え、昨年より進化したピッチングを【ドラフト特集コラム】
第631回 思いを語りぶつけ合う、日誌こそが小山台野球、強さの秘訣 都立小山台(東京)【前編】【野球部訪問】
大阪桐蔭vs関西【2019年 練習試合(交流試合)・春】
玉野光南vs大阪桐蔭【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第988回 「守備の帝京」の象徴・大内智貴(帝京)。接戦になればなるほど際立つ野球センスの高さ! 【2019年インタビュー】
第918回 横浜、東海大相模を阻む学校は現れるか?ノーシードの実力校も分析!【後編】【大会展望・総括コラム】
第977回 この夏は巧みな守備だけではなく、流れを変える一発長打を見せたい!小松涼馬(帝京)【後編】 【2019年インタビュー】
第975回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第973回 ホームランへのこだわりを秘め、プロ入りを視野に新たな挑戦も 山下航汰(京都外大西)【後編】 【2019年インタビュー】
第972回 自省を繰り返し、高クオリティな速球派右腕へ 岩本大地(石岡一)【前編】 【2019年インタビュー】
横浜vs関東一 2【2019年 練習試合(交流試合)・春】
横浜vs関東一【2019年 練習試合(交流試合)・春】
鹿屋中央vs鹿児島工【鹿児島県 2019年 第61回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
試合で役立つメンタルマネジメント
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
植村 祐介(広陵) 【選手名鑑】
植村 祐介(北照) 【選手名鑑】
梶谷 隆幸(開星) 【選手名鑑】
斎藤 佑樹(早稲田実業) 【選手名鑑】
坂本 勇人(唐津商) 【選手名鑑】
坂本 勇人(光星学院) 【選手名鑑】
田中 将大(駒大苫小牧) 【選手名鑑】
堂上 直倫(愛工大名電) 【選手名鑑】
中田 翔(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
平田 良介(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
福田 永将(横浜) 【選手名鑑】
前田 健太(PL学園) 【選手名鑑】
吉川 光夫(広陵) 【選手名鑑】
愛工大名電 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
開星 【高校別データ】
鹿児島工 【高校別データ】
関西学院 【高校別データ】
関西 【高校別データ】
関大一 【高校別データ】
関大北陽 【高校別データ】
九産大九産 【高校別データ】
京都外大西 【高校別データ】
光星学院 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
駒大苫小牧 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
八戸学院野辺地西 【高校別データ】
PL学園 【高校別データ】
福知山成美 【高校別データ】
北照 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
八重山商工 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

手束仁
手束 仁
  • 生年月日:1956年
  • 出身地:愛知県
  • ■ 経歴
     愛知県知多市出身。半田高→國學院大81年卒。大映映像事業部など映像会社で、映画・ビデオなどの販売促進、営業等を経て、編集プロダクションに10年勤務後独立。
     99年に『熱中!甲子園』(双葉社)を仕掛け、を刊行。同年に『都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社・刊)で本格的にスポーツ作家としてデビュー。99年12月に、『アンチ巨人!快楽読本』(双葉社)を企画編集・執筆。その後、『ふたりの勇気~東京六大学野球女子投手誕生物語』、『高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)などを相次いで刊行。さらに話題作となった『甲子園出場を目指すならコノ高校)』(駿台曜曜社)、『野球県民性』(祥伝社新書)、『プロ野球にとって正義とは何か』、『プロ野球「黄金世代」読本』、『プロ野球「悪党」読本』(いずれもイースト・プレス)などを刊行。
     さらには『高校野球のマネー事情』、『スポーツ(芸能文化)名言』シリーズ(日刊スポーツ出版社)、『球国愛知のプライド~高校野球ストーリー』などがある。
     2015年には高校野球史を追いかけながら、大会歌の誕生の背景を負った『ああ栄冠は君に輝く~大会歌誕生秘話・加賀大介物語』(双葉社)を刊行し18年には映画化された。

     スポーツをフィルターとして、指導者の思いや学校のあり方など奥底にあるものを追求するという姿勢を原点としている。そんな思いに基づいて、「高校生スポーツ新聞」特派記者としても契約。講演なども國學院大學で「現代スポーツ論」、立正大で「スポーツ法」、専修大学で「スポーツジャーナリズム論」などの特別講師。モノカキとしてのスポーツ論などを展開。
     その他には、社会現象にも敏感に、『人生の達人になる!徒然草』(メディア・ポート)、『かつて、日本に旧制高等学校があった』(蜜書房)なども刊行。文学と社会風俗、学校と教育現場などへの問題提起や、時代と文化現象などを独自の視点で見つめていく。 そうした中で、2012年に電子メディア展開も含めた、メディアミックスの会社として株式会社ジャスト・プランニングを設立。新たなメディアコンテンツを生み出していくものとして新たな境地を目指している。
  • ■ 著書
    都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社) 
    甲子園への助走~少年野球の世界は、今』(オーシャンライフ社)
    高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)

    話題作となった
    甲子園出場を目指すならコノ高校(増補改訂)』(駿台曜曜社)
    スポーツ進学するならコノ高校
    東京六大学野球女子投手誕生物語~ふたりの勇気』(三修社)
    三度のメシより高校野球』(駿台曜曜社)
    スポーツライターを目指す人たちへ~江夏の21球の盲点』(メディア・ポート)
    高校野球に学ぶ「流れ力」』(サンマーク出版)
    野球県民性』(祥伝社新書)
    野球スコアつけ方と分析』(西東社)
    流れの正体~もっと野球が好きになる』(日刊スポーツ出版社)NEW!
  • ■ 野球に限らずスポーツのあり方に対する思いは熱い。年間の野球試合観戦数は300試合に及ぶ。高校ラグビーやバレーボール、サッカーなども試合会場には積極的に顔を出すなど、スポーツに関しては、徹底した現場主義をモットーとしている。
  • ■ 手束仁 Official HP:熱中!甲子園
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム