第26回 松坂大輔が甲子園を席巻して、横浜が春夏連覇を果たした世紀末の1998年2018年08月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]甲子園決勝でノーヒットノーランを達成した松坂の高校時代
[2]最強世代と呼ばれる理由となった先駆者・松坂大輔

甲子園決勝でノーヒットノーランを達成した松坂の高校時代


春・夏連覇を成し遂げた、高校時代の松坂 大輔氏(写真は共同通信社より)

 時代が大きく変わるかと思われた20世紀から、21世紀へ移行する時代。世の中は90年代前半にバブル崩壊で、低成長時代となっていった。そんな中、消費税が3%から5%に引き上げられたのが97年。ありえないと思われていた大手金融機関の北海道拓殖銀行や山一証券が相次いで破たんしたのもこの年だった。まさに“世紀末”感が世の中を包んでいたのだが、一方で渡辺淳一の『失楽園』がテレビ、映画でも話題となり世の中の混沌状態に輪をかけたかのようでもあった。

 そんな世間の脱落感をよそに、甲子園には一人の「怪物投手」が出現した。メディアがこぞって「怪物投手」という表現を用いる存在は、73年の作新学院江川 卓以来のことではないだろうか。それ程、松坂 大輔という投手が素晴らしいということであろう。
 この時代の選手は、その後“松坂世代”などと言う呼び方もされるようになる。野球選手を高校野球の時代で、世代くくりをするようになったきっかけの年とも言えるのかもしれない(その後になって、遡って桑田と清原の“KK世代”や第55回大会の江川 卓投手の時の“江川世代”という呼ばれ方をされるようになっている)。

 この年の高校野球の最大の注目は、松坂 大輔を擁する横浜をどこが倒すのかというところだったが、まず春のセンバツでは、横浜が初戦では報徳学園を下す。2回戦では村田 修一(横浜→巨人など)と大野隆治(ダイエー・ソフトバンク)のバッテリーと2年生の田中賢介(日本ハム)を擁していた東福岡に快勝。郡山PL学園も下して決勝進出し、関大一の久保康友(ロッテ)にも投げ勝って、優勝を果たしている。

 こうして、前評判通りの強さを示して優勝した横浜は、やはり圧倒的に強いという印象を与えた。この年は記念大会でもあり、出場校数も増えて史上最多の55校が甲子園に集結したが、その序盤戦で最大の好カードと目されたのが2回戦で当たった横浜鹿児島実の試合だった。鹿児島実は1回戦でノーヒットノーランを達成した杉内俊哉が注目されていた。前半は緊迫した投手戦だったが、後半やはり横浜が地力を発揮し、4番打者でもある松坂は杉内から本塁打も放って6対0で快勝している。

 やはり、横浜は強いぞと思わせたが、真骨頂は準々決勝と準決勝である。今も語り継がれるこの両試合、PL学園との準々決勝は延長17回、横浜が常盤良太の2ランで突き放して劇的に勝利している。後日、この試合に関しては三塁コーチャーにいた平石洋介が小山良男捕手の癖を見抜いて、暗号として声を出しながら打者に球種を伝えていたということが報じられた。それだけの、質の高い情報戦ともいえる野球が展開されていたのだが、やがてこれが一つの切っ掛けにもなってか、走者やコーチャーが捕手のサインを盗むことを禁止するような動きになっていった。

 ただ、より研ぎ澄まされた質の高いチーム同士だからこそ、出来えたことであったということもまた確かである。

体温を下げてパフォーマンスアップにオススメの『ベースボールシャツ』は?
ミズノ クールスリーブ
遮熱素材「ソーラーカット」採用のクールスリーブシャツは、涼しく動きやすいぞ!

【次のページ】 最強世代と呼ばれる理由となった先駆者・松坂大輔

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第64回 今年の甲子園は奥川恭伸など好投手だけではない!甲子園で大活躍を見せた井上広大、藤田健斗、木下元秀の将来性に注目!【101回大会特集】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
第61回 夏の甲子園、大阪勢としては初の連覇だが通算14回目の優勝は圧倒的 ~令和最初の優勝が履正社で、大阪勢の2強新時代を形成か~【101回大会特集】
第61回 2019夏・甲子園出場校応援曲ベストナイン【101回大会特集】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
鶴見vs横浜南陵【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
金沢総合vs横浜翠陵【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
横浜平沼vs松陽【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
中京学院大中京vs作新学院【第101回全国高等学校野球選手権大会】
横浜商vs舞岡【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
江川 卓(作新学院) 【選手名鑑】
古木 克明(豊田大谷) 【選手名鑑】
松坂 大輔(横浜) 【選手名鑑】
村田 修一(東福岡) 【選手名鑑】
宇部商 【高校別データ】
沖縄水産 【高校別データ】
鹿児島実 【高校別データ】
関大一 【高校別データ】
京都成章 【高校別データ】
郡山 【高校別データ】
郡山 【高校別データ】
埼玉栄 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】
帝京 【高校別データ】
帝京可児 【高校別データ】
帝京第五 【高校別データ】
帝京三 【高校別データ】
豊田大谷 【高校別データ】
浜田 【高校別データ】
浜田商 【高校別データ】
東福岡 【高校別データ】
PL学園 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

手束仁
手束 仁
  • 生年月日:1956年
  • 出身地:愛知県
  • ■ 経歴
     愛知県知多市出身。半田高→國學院大81年卒。大映映像事業部など映像会社で、映画・ビデオなどの販売促進、営業等を経て、編集プロダクションに10年勤務後独立。
     99年に『熱中!甲子園』(双葉社)を仕掛け、を刊行。同年に『都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社・刊)で本格的にスポーツ作家としてデビュー。99年12月に、『アンチ巨人!快楽読本』(双葉社)を企画編集・執筆。その後、『ふたりの勇気~東京六大学野球女子投手誕生物語』、『高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)などを相次いで刊行。さらに話題作となった『甲子園出場を目指すならコノ高校)』(駿台曜曜社)、『野球県民性』(祥伝社新書)、『プロ野球にとって正義とは何か』、『プロ野球「黄金世代」読本』、『プロ野球「悪党」読本』(いずれもイースト・プレス)などを刊行。
     さらには『高校野球のマネー事情』、『スポーツ(芸能文化)名言』シリーズ(日刊スポーツ出版社)、『球国愛知のプライド~高校野球ストーリー』などがある。
     2015年には高校野球史を追いかけながら、大会歌の誕生の背景を負った『ああ栄冠は君に輝く~大会歌誕生秘話・加賀大介物語』(双葉社)を刊行し18年には映画化された。

     スポーツをフィルターとして、指導者の思いや学校のあり方など奥底にあるものを追求するという姿勢を原点としている。そんな思いに基づいて、「高校生スポーツ新聞」特派記者としても契約。講演なども國學院大學で「現代スポーツ論」、立正大で「スポーツ法」、専修大学で「スポーツジャーナリズム論」などの特別講師。モノカキとしてのスポーツ論などを展開。
     その他には、社会現象にも敏感に、『人生の達人になる!徒然草』(メディア・ポート)、『かつて、日本に旧制高等学校があった』(蜜書房)なども刊行。文学と社会風俗、学校と教育現場などへの問題提起や、時代と文化現象などを独自の視点で見つめていく。 そうした中で、2012年に電子メディア展開も含めた、メディアミックスの会社として株式会社ジャスト・プランニングを設立。新たなメディアコンテンツを生み出していくものとして新たな境地を目指している。
  • ■ 著書
    都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社) 
    甲子園への助走~少年野球の世界は、今』(オーシャンライフ社)
    高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)

    話題作となった
    甲子園出場を目指すならコノ高校(増補改訂)』(駿台曜曜社)
    スポーツ進学するならコノ高校
    東京六大学野球女子投手誕生物語~ふたりの勇気』(三修社)
    三度のメシより高校野球』(駿台曜曜社)
    スポーツライターを目指す人たちへ~江夏の21球の盲点』(メディア・ポート)
    高校野球に学ぶ「流れ力」』(サンマーク出版)
    野球県民性』(祥伝社新書)
    野球スコアつけ方と分析』(西東社)
    流れの正体~もっと野球が好きになる』(日刊スポーツ出版社)NEW!
  • ■ 野球に限らずスポーツのあり方に対する思いは熱い。年間の野球試合観戦数は300試合に及ぶ。高校ラグビーやバレーボール、サッカーなども試合会場には積極的に顔を出すなど、スポーツに関しては、徹底した現場主義をモットーとしている。
  • ■ 手束仁 Official HP:熱中!甲子園
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム