第25回 イチローが鈴木一朗として甲子園に出場していた時代2018年08月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]世界を見据えたイチローの高校時代
[2]イチローのプロへの第一歩の秘話

世界を見据えたイチローの高校時代

2016年に最多安打を達成した時のイチロー氏(写真は共同通信社より)

 高校野球は金属バットの導入後(1974年)、野球に変化が生じてきた。それとともに、勢力構図にも変化が表れるようになってきていた。金属バットの特徴をいち早く掴んで時代を席巻したのが池田だった。その池田に倣って、帝京もパワートレーニングを取り入れるようになり力を付けていった。1980年代となって、全国から有望な選手を獲得するルートを確立していたPL学園が圧倒的な力を示して、一時代を築くようになる。そのPL学園の質の高い野球に対して、どう戦っていくのかというのがこの時代の全国の有力校の大きなテーマにもなっていた。

 折しも、時代は63年続いた昭和から平成へと移っていった。90年代は平成の始まった時代でもあるのだ。世界では、前年に「ベルリンの壁」が崩壊し、東西に分裂していたドイツが統一された90年。世界ではラトビア、リトアニア、エストニアといった新たな国が、ソビエト連邦からの独立を宣言していた。

 そんな年に、高校時代から目標は甲子園出場ではなく、世界を見据えて野球をしていこうという考え方の高校球児が甲子園に姿を現している。愛工大名電の鈴木一朗だ。その後にプロ野球オリックスで活躍して、やがて、宣言通りに海を渡ってメジャーで活躍することになるイチロー選手である。
 イチローのいた愛工大名電は、イチローが2年生の時に2年ぶり4回目の夏の甲子園出場を果たしている。この時はエースが伊藤栄祐で後にドラフト5位指名を受けて近鉄入りしている。そして、鈴木一朗は3番左翼手兼控え投手として出場しているが、甲子園では初戦で天理に1対6と完敗する。鈴木は安打1本を放ってはいるものの、特に目立った存在という印象は残していなかった。

 愛工大名電を下した天理はエース南竜次(日本ハム)と1年生の谷口功一(巨人→近鉄)という、その後にプロ入りする二枚看板の好投手を擁しており、2回戦は35年ぶりに甲子園に出場してきた成田の猪股広に6回まで完全試合度抑え込まれていながらも9回裏に逆転サヨナラ勝ちの3対2。そして3回戦は仙台育英に6対0、準々決勝は丸亀に7対0と快勝を続ける。準決勝でも西日本短大附に9回二死からサヨナラ勝ち。決勝は沖縄勢悲願の初優勝を賭けた沖縄水産とだったが、天理は4回に犠飛でもぎ取った1点を南が守り切っての4年ぶり2回目の優勝。天理はセンバツ出場後に不祥事が発覚して監督交代などもあったのだが、そんなことを乗り越えての優勝だった。

体温を下げてパフォーマンスアップにオススメの『ベースボールシャツ』は?
ミズノ クールスリーブ
遮熱素材「ソーラーカット」採用のクールスリーブシャツは、涼しく動きやすいぞ!

【次のページ】 イチローのプロへの第一歩の秘話

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第962回 【決勝戦展望】履正社vs星稜の勝負のポイント&キーマンとなる選手は?【大会展望・総括コラム】
第60回 バントは成功率の少ない戦術 星稜vs智辯和歌山から考えるタイブレークの戦い方【101回大会特集】
第59回 2年生エース・山本省吾を率いる星稜が決勝へ!24年前の夏の甲子園を振りかえる【101回大会特集】
第57回 エポックメイク・星稜!昭和~平成と劇的な敗退を重ねてきた星稜が令和最初の夏に生むストーリーは?【101回大会特集】
第56回 戦術的な変化も垣間見えた2年目のタイブレーク甲子園【101回大会特集】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
広陵vs広島国際学院【広島県 2019年夏の大会 第101回選手権広島大会】
広陵vs広島井口【広島県 2019年夏の大会 第101回選手権広島大会】
広陵vs西条農【広島県 2019年夏の大会 第101回選手権広島大会】
大島vs池田【鹿児島県 2019年夏の大会 第101回選手権鹿児島大会】
第998回 同世代の一流選手との対戦で課題と収穫を得た 韮澤雄也(花咲徳栄)【後編】 【2019年インタビュー】
中部大一vs中京大中京【愛知県 2019年春の大会 春季愛知県大会】
池田 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
池田辻 【高校別データ】
池田・更別農・大樹・幕別清陵 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
池田北・能勢 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
中部大一 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

手束仁
手束 仁
  • 生年月日:1956年
  • 出身地:愛知県
  • ■ 経歴
     愛知県知多市出身。半田高→國學院大81年卒。大映映像事業部など映像会社で、映画・ビデオなどの販売促進、営業等を経て、編集プロダクションに10年勤務後独立。
     99年に『熱中!甲子園』(双葉社)を仕掛け、を刊行。同年に『都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社・刊)で本格的にスポーツ作家としてデビュー。99年12月に、『アンチ巨人!快楽読本』(双葉社)を企画編集・執筆。その後、『ふたりの勇気~東京六大学野球女子投手誕生物語』、『高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)などを相次いで刊行。さらに話題作となった『甲子園出場を目指すならコノ高校)』(駿台曜曜社)、『野球県民性』(祥伝社新書)、『プロ野球にとって正義とは何か』、『プロ野球「黄金世代」読本』、『プロ野球「悪党」読本』(いずれもイースト・プレス)などを刊行。
     さらには『高校野球のマネー事情』、『スポーツ(芸能文化)名言』シリーズ(日刊スポーツ出版社)、『球国愛知のプライド~高校野球ストーリー』などがある。
     2015年には高校野球史を追いかけながら、大会歌の誕生の背景を負った『ああ栄冠は君に輝く~大会歌誕生秘話・加賀大介物語』(双葉社)を刊行し18年には映画化された。

     スポーツをフィルターとして、指導者の思いや学校のあり方など奥底にあるものを追求するという姿勢を原点としている。そんな思いに基づいて、「高校生スポーツ新聞」特派記者としても契約。講演なども國學院大學で「現代スポーツ論」、立正大で「スポーツ法」、専修大学で「スポーツジャーナリズム論」などの特別講師。モノカキとしてのスポーツ論などを展開。
     その他には、社会現象にも敏感に、『人生の達人になる!徒然草』(メディア・ポート)、『かつて、日本に旧制高等学校があった』(蜜書房)なども刊行。文学と社会風俗、学校と教育現場などへの問題提起や、時代と文化現象などを独自の視点で見つめていく。 そうした中で、2012年に電子メディア展開も含めた、メディアミックスの会社として株式会社ジャスト・プランニングを設立。新たなメディアコンテンツを生み出していくものとして新たな境地を目指している。
  • ■ 著書
    都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社) 
    甲子園への助走~少年野球の世界は、今』(オーシャンライフ社)
    高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)

    話題作となった
    甲子園出場を目指すならコノ高校(増補改訂)』(駿台曜曜社)
    スポーツ進学するならコノ高校
    東京六大学野球女子投手誕生物語~ふたりの勇気』(三修社)
    三度のメシより高校野球』(駿台曜曜社)
    スポーツライターを目指す人たちへ~江夏の21球の盲点』(メディア・ポート)
    高校野球に学ぶ「流れ力」』(サンマーク出版)
    野球県民性』(祥伝社新書)
    野球スコアつけ方と分析』(西東社)
    流れの正体~もっと野球が好きになる』(日刊スポーツ出版社)NEW!
  • ■ 野球に限らずスポーツのあり方に対する思いは熱い。年間の野球試合観戦数は300試合に及ぶ。高校ラグビーやバレーボール、サッカーなども試合会場には積極的に顔を出すなど、スポーツに関しては、徹底した現場主義をモットーとしている。
  • ■ 手束仁 Official HP:熱中!甲子園
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム