目次

【目次】
[1]怪物として名をはせた高校時代
[2]5打席連続敬遠される松井秀喜の凄さ

怪物として名をはせた高校時代

 メジャーリーグの舞台で活躍した二人の日本人選手、イチローと松井 秀喜だが、その二人は学年にして1学年しか違わない。イチローは高校2年夏と3年春に甲子園に出場している。松井は1年夏、2年夏と3年春夏と4季出場しているが、二人が重なったのは90年夏のみである。イチローの愛工大名電、松井の星稜と共に1回戦で敗退していたということもあり、両者の対決はなかった。それに1年生から星稜の4番を任されているということで注目はされていた松井はともかくとして、イチローに関しては愛工大名電の打撃もいい鈴木という投手という程度で、甲子園ではそれほどの印象はない。

 この時代、星稜としては松井が2年の時の91年夏にベスト4に進出している。しかし、何といっても松井がメディアを含めてスポットを浴びたのは92年である。この年、星稜は春夏連続出場を果たしているが、話題としてはこの年から甲子園球場のラッキーゾーンが撤去されたということである。だから、甲子園での本塁打数はガクッと減少するのではないかとも言われていたし、その第1号を誰が打つのかということも注目された。

 そんなセンバツの大会初日に登場した星稜は、宮古との試合で松井が2打席連続本塁打して、大会タイ記録にも並ぶ7打点を挙げて「やっぱり、松井はすごい。怪物だ」という認識を新たに示すこととなった。松井は、2回戦の堀越戦でも本塁打して怪物ぶりは十分に魅せつけた。

 星稜はベスト8に進出して、天理と対戦。1対5で敗れるが、この大会のベスト4はその天理の他には東海大相模帝京浦和学院の関東勢3校が残った。決勝は吉田道(近鉄)を擁する東海大相模と、三沢興一(早大を経て巨人→近鉄)を擁する帝京との首都圏決戦となり、帝京が3対2と勝利して春は85年以来の決勝進出で初優勝を果たしている。帝京は89年夏以来の全国制覇となったが、95年夏にも全国制覇を果たすなど、この10年前後は帝京が甲子園で最も君臨した時代でもある。

 それは、83年春に当時全盛を誇っていた池田に0対11と大敗したことで、「金属バットに対応できるパワーをつけなければ甲子園では勝てない」と判断した前田三夫監督が、徹底した筋力トレーニングと、いわゆる“帝京ドカ弁メシ”といわれている食事トレーニングでの身体づくりによるパワーアップの成果でもあった。
 また、怪物松井の登場も、そんな時代の流れにハマっていたのかもしれない。

 松井の怪物ぶりが神格化されていくのが、この年の夏である。石川大会を順当に勝ち上がってきた星稜は初戦で長岡向陵と対戦する。星稜は先発全員の17安打で11点を奪って大勝した。松井は本塁打こそなかったものの、強烈な三塁打を放って存在を示している。星稜の山口哲治投手も3安打で完封した。

体温を下げてパフォーマンスアップにオススメの『ベースボールシャツ』は?
ミズノ クールスリーブ
遮熱素材「ソーラーカット」採用のクールスリーブシャツは、涼しく動きやすいぞ!