第23回 激動の時代に親子鷹で話題となった原辰徳の高校時代2018年08月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]野球スタイルが変化した原辰徳高校1年の夏
[2]優勝候補として3年連続出場を果たすも・・・

野球スタイルが変化した原辰徳高校1年の夏


東海大相模時代の原 辰徳選手(写真=共同通信社)

 高校野球で金属バットが導入されるようになったのが1974(昭和49)年の第56回大会からだった。この年の甲子園は34代表で争われることになったが、初出場校が13校、2回目の出場も6校という非常にフレッシュな印象を受ける大会となった。
 その背景には金属バットの導入によって、少なからず野球のスタイルが変わってきたということもあったかもしれない。

 とは言うものの、地区大会などでは、公立校の多くは、部費などの予算の関係もあって、即金属バットに移行ということにもならなかったところも少なくない。チームで数本しかない金属バットをみんなが奪い合って打ち出の小槌に頼るかのように祈りを込めて安打を託すということもあった。

 時代は『日本列島改造論』の田中角栄首相が3年目となっていた。その、一方で前年秋にいわゆるオイルショックが起きていた。さらには米ニクソン大統領がウォーターゲート事件で失墜し、秋には日本でも田中角栄首相の金権政治に批判が集まり、やがて辞任に追い込まれるという、国の内外で政治が激動している時代でもあった。
 高度成長がピークに達し、便乗値上げが相次ぎ狂乱物価の末に、経済的にはゼロ成長の時代となっていったのである。

 甲子園では前年に作新学院の怪物江川 卓ブームがあったが、2年生ながらその江川と延長12回を投げ合い勝利した土屋正勝がエースとして登場した銚子商が安定した戦いぶりで優勝を果たす。2年生の4番篠塚利夫は木製バットで左打者ながらレフトへ本塁打するなどの打撃技術で満場を唸らせていた。

 そして、話題としては1年生ながら強打東海大相模の中軸を任されていた原 辰徳が登場して、そのスマートなルックスとともに人気を集めていた。東海大相模は原貢監督と辰徳選手との親子鷹も話題になっていた。東海大相模は大胆な守備体型と強力打線で4年前に全国制覇を果たしている。

 この大会の東海大相模は初戦で、土浦日大に1点負けている場面の9回二死一塁から大胆にも二塁盗塁を決め、その後タイムリーが出て同点とし、延長16回の末に勝利。さらに盈進は力でねじ伏せてきた東海大相模
 準々決勝では鹿児島実と対戦。鹿児島実は定岡正二(巨人)がいて守りのチームだったが、試合は激しくもつれ合って延長15回、鹿児島実が3時間38分の試合を制した。敗れたものの原はこの試合、3安打で2打点を記録している。

 原たちが2年生となった東海大相模はその年の夏も甲子園出場を果たす。春のセンバツでは杉村繁(ヤクルト)のいた高知に敗れはしたものの準優勝を果たしており、この夏は優勝候補の一角だった。大会では、土佐の玉川寿が26年ぶりとなるサイクル安打を記録して話題になっていた。

 東海大相模松商学園三重を下して準々決勝まで進んで上尾との一戦。上尾は、名将野本喜一郎監督が手塩にかけて作り上げたチームで、今太と中村昭のバッテリーも注目されていた。初戦で小倉南に0対4からの逆転勝ち、3回戦では土佐に競り勝っていき勢いに乗っていた。
 事実上の優勝戦かとも言われたこの試合、上尾が追いかける展開となり東海大相模に逆転勝ちしている。ベスト4には上尾のほか新居浜商広島商習志野が残ったがすべて公立校だった。最終的には、エースの小川淳司(ヤクルト、現監督)の習志野が優勝を果たす。

体温を下げてパフォーマンスアップにオススメの『ベースボールシャツ』は?
ミズノ クールスリーブ
遮熱素材「ソーラーカット」採用のクールスリーブシャツは、涼しく動きやすいぞ!

【次のページ】 優勝候補として3年連続出場を果たすも・・・

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
上尾vs慶應志木【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
第1021回 いずれは憧れの先輩遊撃手に負けない選手へ 指導者が認める野球センスの塊・常世田翔太(銚子商) 【2019年インタビュー】
東海大相模vs相模原中等教育【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
第1000回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第934回 逆襲の明徳義塾か、連覇期す高知商か、「1年生1番」森木 大智の高知か? 「3強」以外にも興味深い高知県の夏【高知大会展望】【大会展望・総括コラム】
第935回 センバツ1勝の第1シード高松商中心も 各校タレント多く、波乱要素は十分【香川大会展望】【大会展望・総括コラム】
鹿児島実vs鶴翔【鹿児島県 2019年夏の大会 第101回選手権鹿児島大会】
佐久長聖vs松商学園【長野県 2019年夏の大会 第101回選手権長野大会】
第201回 夏はこのスーパー1年生たちに注目だ!厳選リスト25名!【ドラフト特集コラム】
第927回 夏8連覇中の作新学院に2季連続優勝の佐野日大!2校をとめるチームは現れるのか?【大会展望・総括コラム】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第999回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
上尾vs日立商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第956回 東京ガス期待のルーキー・楠研次郎!力強いスイングを貫き、上の世界を虎視眈々と狙う 【2019年インタビュー】
第956回 刺激を受けて、子供たちに刺激を与える選手に 森木大智(高知)【後編】 【2019年インタビュー】
四国発
江川 卓(作新学院) 【選手名鑑】
原 辰徳(延岡学園) 【選手名鑑】
原 辰徳(東海大相模) 【選手名鑑】
青山 【高校別データ】
明野 【高校別データ】
上尾 【高校別データ】
上尾鷹の台・上尾橘・桶川西 【高校別データ】
上尾鷹の台・上尾橘・深谷・鳩山・児玉 【高校別データ】
飯南 【高校別データ】
伊勢 【高校別データ】
上野 【高校別データ】
宇治山田 【高校別データ】
桜美林 【高校別データ】
桶川西・上尾鷹の台・上尾橘・越生 【高校別データ】
高知商 【高校別データ】
海星 【高校別データ】
海星 【高校別データ】
鹿児島実 【高校別データ】
川越 【高校別データ】
神戸 【高校別データ】
釧路江南 【高校別データ】
高知工 【高校別データ】
高知農 【高校別データ】
高知東 【高校別データ】
高知東工 【高校別データ】
高知 【高校別データ】
高知海洋・高知丸の内・室戸 【高校別データ】
高知海洋・高岡・高知丸の内・室戸 【高校別データ】
高知丸の内・室戸 【高校別データ】
小倉南 【高校別データ】
清水 【高校別データ】
宿毛 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
桜丘 【高校別データ】
城山 【高校別データ】
水産 【高校別データ】
須崎工・高知丸の内・室戸 【高校別データ】
福岡・自由の森学園・上尾鷹の台連合チーム 【高校別データ】
高岡 【高校別データ】
高田 【高校別データ】
銚子商 【高校別データ】
津 【高校別データ】
土浦日大 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
土佐 【高校別データ】
鳥羽 【高校別データ】
中村 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
白山 【高校別データ】
PL学園 【高校別データ】
丸の内 【高校別データ】
松商学園 【高校別データ】
三重 【高校別データ】
三重 【高校別データ】
四日市 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

手束仁
手束 仁
  • 生年月日:1956年
  • 出身地:愛知県
  • ■ 経歴
     愛知県知多市出身。半田高→國學院大81年卒。大映映像事業部など映像会社で、映画・ビデオなどの販売促進、営業等を経て、編集プロダクションに10年勤務後独立。
     99年に『熱中!甲子園』(双葉社)を仕掛け、を刊行。同年に『都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社・刊)で本格的にスポーツ作家としてデビュー。99年12月に、『アンチ巨人!快楽読本』(双葉社)を企画編集・執筆。その後、『ふたりの勇気~東京六大学野球女子投手誕生物語』、『高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)などを相次いで刊行。さらに話題作となった『甲子園出場を目指すならコノ高校)』(駿台曜曜社)、『野球県民性』(祥伝社新書)、『プロ野球にとって正義とは何か』、『プロ野球「黄金世代」読本』、『プロ野球「悪党」読本』(いずれもイースト・プレス)などを刊行。
     さらには『高校野球のマネー事情』、『スポーツ(芸能文化)名言』シリーズ(日刊スポーツ出版社)、『球国愛知のプライド~高校野球ストーリー』などがある。
     2015年には高校野球史を追いかけながら、大会歌の誕生の背景を負った『ああ栄冠は君に輝く~大会歌誕生秘話・加賀大介物語』(双葉社)を刊行し18年には映画化された。

     スポーツをフィルターとして、指導者の思いや学校のあり方など奥底にあるものを追求するという姿勢を原点としている。そんな思いに基づいて、「高校生スポーツ新聞」特派記者としても契約。講演なども國學院大學で「現代スポーツ論」、立正大で「スポーツ法」、専修大学で「スポーツジャーナリズム論」などの特別講師。モノカキとしてのスポーツ論などを展開。
     その他には、社会現象にも敏感に、『人生の達人になる!徒然草』(メディア・ポート)、『かつて、日本に旧制高等学校があった』(蜜書房)なども刊行。文学と社会風俗、学校と教育現場などへの問題提起や、時代と文化現象などを独自の視点で見つめていく。 そうした中で、2012年に電子メディア展開も含めた、メディアミックスの会社として株式会社ジャスト・プランニングを設立。新たなメディアコンテンツを生み出していくものとして新たな境地を目指している。
  • ■ 著書
    都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社) 
    甲子園への助走~少年野球の世界は、今』(オーシャンライフ社)
    高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)

    話題作となった
    甲子園出場を目指すならコノ高校(増補改訂)』(駿台曜曜社)
    スポーツ進学するならコノ高校
    東京六大学野球女子投手誕生物語~ふたりの勇気』(三修社)
    三度のメシより高校野球』(駿台曜曜社)
    スポーツライターを目指す人たちへ~江夏の21球の盲点』(メディア・ポート)
    高校野球に学ぶ「流れ力」』(サンマーク出版)
    野球県民性』(祥伝社新書)
    野球スコアつけ方と分析』(西東社)
    流れの正体~もっと野球が好きになる』(日刊スポーツ出版社)NEW!
  • ■ 野球に限らずスポーツのあり方に対する思いは熱い。年間の野球試合観戦数は300試合に及ぶ。高校ラグビーやバレーボール、サッカーなども試合会場には積極的に顔を出すなど、スポーツに関しては、徹底した現場主義をモットーとしている。
  • ■ 手束仁 Official HP:熱中!甲子園
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム