昨年の選抜優勝投手の村上 頌樹(智辯学園)

 今年のセンバツは竹田 祐履正社)、金久保 優斗(東海大市原望洋)、山口 翔熊本工)、櫻井 周斗日大三)など多くの注目投手がいる。彼らは、大会の主役と呼べるような投球を見せてくれるだろうか。前回はセンバツの打撃記録について紹介したが、今回は好投手たちが挑む過去の投手記録について迫っていきたい。

完全試合 過去2人 松本稔(前橋・1978年)、中野真博(金沢・1994年)
無安打無得点試合 過去12人(その1人がダルビッシュ 有投手)
4試合連続完封 4人(その1人が殿堂入りした平松政次投手)
大会通算最多奪取三振 60 江川 卓作新学院・1973年)
1試合最奪三振(9回まで) 21 戸田善紀(PL学園・1963年)
先発全員奪三振 島袋 洋奨興南・2009年)
となっている。
さらに過去5年、選抜優勝校投手もしくはエースの防御率は以下の通り
2016年 村上 頌樹智辯学園)防御率0.38
2015年  平沼 翔太敦賀気比)防御率0.40
2014年 中田 竜次龍谷大平安)防御率1.13
2013年 小島 和哉浦和学院)防御率0.64
2012年 藤浪 晋太郎大阪桐蔭)防御率1.58

 こうしてみると、近年の甲子園優勝投手は、ほぼ防御率0点台~1点台に収めている。全国制覇を果たすにはどんな相手でも、1試合でほぼ1点以内に抑える実力が問われることが分かる。昨年の甲子園優勝投手の村上は、2試合完封。3試合が自責点0と抜群の安定感を誇った。まさにスーパーエースというべき活躍だった。今年のセンバツでもスーパーエースと呼べる投手が現れることを期待したい。

注目記事
第89回選抜高等学校野球大会 特設ページ

このページのトップへ