第4回 1試合平均得点が多いチームは?ベスト3を紹介!2016年03月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 選抜出場校をデータでランキング!今回は1試合平均得点が多いチームに焦点に絞ってみました。当然ながら点が多ければ多いほど、勝利に近づきます。上位3チームにランクインしたチームはどこでしょうか。

1試合平均得点をランキングで紹介!

綿屋樹(鹿児島実業)

1位 鹿児島実 11.47
2位 龍谷大平安 11.25
3位 大阪桐蔭 10.75

 1位は鹿児島実でした。平均得点はなんと11.47。すごすぎます。主砲・綿屋 樹選手(2016年インタビュー)が注目されますが、それ以外にも打てる選手が揃っているのが今年の鹿児島実。初戦は強豪・常総学院。エース・鈴木 昭汰投手は投球術においては今年の高校生ではトップクラス。簡単に打ち崩せる投手ではないだけに、鹿児島実の打撃力が本物なのかが問われる試合になりそうです。

 2位は龍谷大平安で、その点数は11.25。2年生スラッガー・岡田 悠希選手、また逆方向にも本塁打が打てる橋本 和樹選手など打力が高い選手が揃っています。守備も堅く、余計な失点を許さないのが今年の龍谷大平安。多少の失点をしても、それを跳ね返す打力が備わっており、怖いチームといえるでしょう。

 3位は強打でおなじみの大阪桐蔭でした。その点数は、10.75。上位2チームには及びませんでしたが、今年は打線につながりがあり、強力です。これまで全国大会で強打を見せてきた大阪桐蔭ですが、今年も十分にその力を見せてくれるのは間違いないでしょう。

 3チームは今大会でも評判通りの強打を見せてくれるか注目していきたいですね。

注目記事
第88回選抜高等学校野球大会 特設ページ

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第908回 「完膚なきまでの敗北」から見せた異国の地での成長 秋山恭平(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第898回 徳島の城島健司を目指して!チームを勝たせられる捕手を目指す!川端晃希 vol.3 【2019年インタビュー】
第896回 ハイレベルの環境が磨き上げた技術!川端晃希が大阪桐蔭で吸収した捕手理論 vol.2 【2019年インタビュー】
第896回 大阪桐蔭から徳島へ!期待の大型ルーキー・川端晃希が痛感した超名門の厳しさ vol.1 【2019年インタビュー】
第890回 「思考力×身体能力」でポテンシャルは青天井 マハチ・棚橋一生(篠栗ボーイズ) 【2019年インタビュー】
第556回 6年間の集大成を全国の舞台で!甲子園優勝へ突き進む札幌大谷(北海道)【後編】【野球部訪問】
第555回 センバツ注目度NO.1!全国制覇へ向けての3つの課題 星稜(石川)【後編】【野球部訪問】
第837回 黒川、東妻、来田など近畿の野手たちに注目!選抜出場校逸材ガイドブック【西日本野手編】【大会展望・総括コラム】
第840回 広陵の3本柱、履正社の清水大成に注目!選抜出場校逸材ガイドブック【西日本投手編】【大会展望・総括コラム】
第547回 常識を打ち破って上り詰めた頂点!創部10年で神宮大会を制した札幌大谷(北海道)【前編】【野球部訪問】
札幌大谷vs龍谷大平安【2018年 第49回明治神宮野球大会】
明石商vs龍谷大平安【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
龍谷大平安vs履正社【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯和歌山vs大阪桐蔭【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
龍谷大平安vs市立和歌山【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
岡田 悠希(龍谷大平安) 【選手名鑑】
橋本 和樹(龍谷大平安) 【選手名鑑】
綿屋 樹(鹿児島実) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
鹿児島実 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム