第4回 1試合平均得点が多いチームは?ベスト3を紹介!2016年03月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 選抜出場校をデータでランキング!今回は1試合平均得点が多いチームに焦点に絞ってみました。当然ながら点が多ければ多いほど、勝利に近づきます。上位3チームにランクインしたチームはどこでしょうか。

1試合平均得点をランキングで紹介!

綿屋樹(鹿児島実業)

1位 鹿児島実 11.47
2位 龍谷大平安 11.25
3位 大阪桐蔭 10.75

 1位は鹿児島実でした。平均得点はなんと11.47。すごすぎます。主砲・綿屋 樹選手(2016年インタビュー)が注目されますが、それ以外にも打てる選手が揃っているのが今年の鹿児島実。初戦は強豪・常総学院。エース・鈴木 昭汰投手は投球術においては今年の高校生ではトップクラス。簡単に打ち崩せる投手ではないだけに、鹿児島実の打撃力が本物なのかが問われる試合になりそうです。

 2位は龍谷大平安で、その点数は11.25。2年生スラッガー・岡田 悠希選手、また逆方向にも本塁打が打てる橋本 和樹選手など打力が高い選手が揃っています。守備も堅く、余計な失点を許さないのが今年の龍谷大平安。多少の失点をしても、それを跳ね返す打力が備わっており、怖いチームといえるでしょう。

 3位は強打でおなじみの大阪桐蔭でした。その点数は、10.75。上位2チームには及びませんでしたが、今年は打線につながりがあり、強力です。これまで全国大会で強打を見せてきた大阪桐蔭ですが、今年も十分にその力を見せてくれるのは間違いないでしょう。

 3チームは今大会でも評判通りの強打を見せてくれるか注目していきたいですね。

注目記事
第88回選抜高等学校野球大会 特設ページ

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第66回 史上初の二度目の春夏連覇を導いた西谷監督が語る大阪桐蔭に必要な2つのマインドから見える一流選手になる条件【名将たちの言葉】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs立命館守山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
岡田 悠希(龍谷大平安) 【選手名鑑】
橋本 和樹(龍谷大平安) 【選手名鑑】
綿屋 樹(鹿児島実) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
鹿児島実 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム