第4回 1試合平均得点が多いチームは?ベスト3を紹介!2016年03月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 選抜出場校をデータでランキング!今回は1試合平均得点が多いチームに焦点に絞ってみました。当然ながら点が多ければ多いほど、勝利に近づきます。上位3チームにランクインしたチームはどこでしょうか。

1試合平均得点をランキングで紹介!

綿屋樹(鹿児島実業)

1位 鹿児島実 11.47
2位 龍谷大平安 11.25
3位 大阪桐蔭 10.75

 1位は鹿児島実でした。平均得点はなんと11.47。すごすぎます。主砲・綿屋 樹選手(2016年インタビュー)が注目されますが、それ以外にも打てる選手が揃っているのが今年の鹿児島実。初戦は強豪・常総学院。エース・鈴木 昭汰投手は投球術においては今年の高校生ではトップクラス。簡単に打ち崩せる投手ではないだけに、鹿児島実の打撃力が本物なのかが問われる試合になりそうです。

 2位は龍谷大平安で、その点数は11.25。2年生スラッガー・岡田 悠希選手、また逆方向にも本塁打が打てる橋本 和樹選手など打力が高い選手が揃っています。守備も堅く、余計な失点を許さないのが今年の龍谷大平安。多少の失点をしても、それを跳ね返す打力が備わっており、怖いチームといえるでしょう。

 3位は強打でおなじみの大阪桐蔭でした。その点数は、10.75。上位2チームには及びませんでしたが、今年は打線につながりがあり、強力です。これまで全国大会で強打を見せてきた大阪桐蔭ですが、今年も十分にその力を見せてくれるのは間違いないでしょう。

 3チームは今大会でも評判通りの強打を見せてくれるか注目していきたいですね。

注目記事
第88回選抜高等学校野球大会 特設ページ

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第646回 履正社 悲願の初優勝までの軌跡 好投手に苦しめられた苦節の春【前編】【野球部訪問】
第646回 全国制覇達成も慢心なし 履正社 新チーム始動【後編】【野球部訪問】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs立命館守山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2019年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第89回 村上 宗隆(東京ヤクルトスワローズ)高卒2年目・日本人最多本塁打達成!【高校野球コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第981回 研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ 田中誠也(立教大)【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
岡田 悠希(龍谷大平安) 【選手名鑑】
橋本 和樹(龍谷大平安) 【選手名鑑】
綿屋 樹(鹿児島実) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
鹿児島実 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム