第3回 最も失点が少ないチームは?ベスト3を紹介!2016年03月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 選抜出場校をデータでランキング!今回は1試合平均失点に注目してみました。野球は相手よりも多く点を取り、そして失点が少なければ勝てます。つまり負けにくいといえます。
1試合平均失点が少ないチームはどこなのでしょうか?

最も失点が少ないチームは?

松葉 行人(東海大甲府)

1位 東海大甲府 1.13
2位 明石商 1.33
3位 木更津総合 八戸学院光星 1.38

 最も失点が少ないチームは、東海大甲府でした。なんと1.13点しかとられていません。菊地 大輝投手2016年インタビューの活躍はもちろんですが、松葉 行人投手の活躍が見逃せません。防御率0.73と抜群の安定感があります。

 ダブルエース争いを見せている両投手の安定感はかなり期待できるものがあります。初戦はいきなり創志学園と対戦しますが、全国大会でも同様の投球ができるか注目されます。

 2位は明石商の1.33。ほぼ1点しかとられていないのは心強いものですよね。明石商のエース・吉高 壯投手2016年インタビューは防御率0.91と非常に安定感があり、実際の投球を見ていても走者を出してからの粘り強さがあり、見ていて安心できる投手です。初戦の相手は日南学園。これまで同様、粘り強い投球を期待したいですね。

 3位は、木更津総合八戸学院光星の1.38でした。木更津総合早川 隆久投手2015年インタビュー武田 大慶選手の2枚看板で勝負。公式戦を振り返ると、早川投手はやはり走者を出してからの粘り強さ、そしてストレートも球威があり、簡単には打ち崩すことができないと思わせる強みがありました。武田投手も、1年生の頃と比べるとだいぶ投手としての完成度が高くなりました。木更津総合の上位進出は2人の投球にかかっているといえます。

 八戸学院光星はエース櫻井 一樹投手が防御率1.35と安定感ある投球を披露。控え投手も結果を残しています。また打撃成績も高いチームなので、投打ともに実力を発揮できれば選抜での躍進に期待ができるのではないでしょうか。

 失点が少なければ負ける確率は減ります。大会では投手陣の投球だけではなく、ベスト3に選ばれた守備力にも注目していきましょう。

注目記事
第88回選抜高等学校野球大会 特設ページ

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
履正社vs明石商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第950回 【準決勝展望】明石商vs履正社 中京学院大中京vs星稜の2試合は終盤まで見逃せない!【大会展望・総括コラム】
明石商vs八戸学院光星【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第960回 第1試合から第4試合まですべて激戦!展開が読めない準々決勝4試合の見所【大会展望・総括コラム】
第49回 高校野球界に「中学軟式出身旋風」到来か?【101回大会特集】
八戸学院光星vs海星【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第48回 ケガをきっかけに速球派サイドに!山田怜卓(八戸学院光星)はチームに欠かせない絶対的なリリーフエースとなった【101回大会特集】
第956回 星稜vs智辯和歌山などすべてがハイレベルな3回戦4試合!準々決勝に勝ち進むのは?【大会展望・総括コラム】
明石商vs宇部鴻城【第101回全国高等学校野球選手権大会】
八戸学院光星vs智辯学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1006回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第1006回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第992回 東海大相模相手に深めた自信を胸にライバルたちをねじ伏せる! 篠木健太郎(木更津総合)【後編】 【2019年インタビュー】
第992回 伸びのある快速球のルーツは中学2年秋。変化球の重要性を感じた甲子園 篠木健太郎(木更津総合)【前編】 【2019年インタビュー】
第953回 18番の重みと責任を一身に背負い、早川隆久(早稲田大)は力と技で優勝に導く 【2019年インタビュー】
菊地 大輝(東海大甲府) 【選手名鑑】
櫻井 一樹(八戸学院光星) 【選手名鑑】
武田 大慶(木更津総合) 【選手名鑑】
早川 隆久(木更津総合) 【選手名鑑】
松葉 行人(東海大甲府) 【選手名鑑】
吉高 壯(明石商) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
木更津総合 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム