目次

[1]思わず起用してしまうほどロマン溢れるポテンシャル
[2]愛されキャラの覚醒へ期待膨らむ


 188センチ、117キロと屈強な体格は、グラウンドに立つと一際目立つ。

 プロ5年目のソフトバンク・リチャード内野手(沖縄尚学出身)。常勝軍団・ホークスのなかでも、首脳陣が期待する注目の大砲候補としても知られ、王貞治球団会長からも指導され続けている。

 育成選手として入団。プロ2年目までは背番号127を付けていた。3年目の2020年のシーズン前に支配下登録に昇格し、現在の52番を背負うと、2021年には1軍で初ホームラン。2022年は開幕1軍入りを果たした。

 将来の4番候補は一段ずつ階段を上っているところだが、沖縄尚学時代の恩師・比嘉公也監督に高校3年間の様子を聞いた。

思わず起用してしまうほどロマン溢れるポテンシャル


 リチャードといえば、恵まれた体格を生かしたバッティングだ。

 ファームにはなるが、5月16日時点でウエスタン・リーグのトップを走る5本塁打を記録。打点もリーグ2位の18打点と結果を残している。比嘉監督もリチャードのバッティングについては、当時から抜きんでたものがあったという。

「尚学ボールパークは100メートルもないグラウンドですが、捉えた時の打球は『どの球場でも入るだろうな』と思わせるような飛距離でした。それだけ入学した段階でパワーは凄かったですね」

 守備をやらせても、スローイングをはじめ大きな問題はなかった。バッティングのみならず持っていたポテンシャルは優れていた。その才能には比嘉監督も「周囲に『何かやってくれるだろう』という期待を持たせてくれるところは、華があると思います」と教え子へ賛辞の言葉を贈る。

 しかし、比嘉監督が課題に挙げていたのは、性格の部分だった。

「ムラっけがあるといいますか。しっかり練習をやれるときと、そうでないときがあって。そこを直そうと思って、当時は厳しく指導しました」

 もちろん比嘉監督が聞けば「やっています」と答えるため、本当に練習からしっかり取り組めていたのか。指導の成果があったのか確かめることは難しかったが、「力は持っていたので、どうしても起用してしまいましたね」と潜在能力に心惹かれ、試合に出し続けてきたという。