目次

[1]来年は「巻き返すぞ」と思っているはず
[2]教えて出来るものではない気持ちの強さ

 今季、8年ぶりに日本球界に復帰した楽天・田中 将大投手(駒大苫小牧出身)。結果は4勝9敗と、日米通算15年目で初めてのシーズン負け越しとなったが、それでも防御率はリーグ5位の3.01。安定感の高さを改めて示した。

 田中の活躍を、駒大苫小牧(北海道)時代の恩師は感慨深く見守っている。現在は社会人野球・西部ガス(福岡市)の監督を務める香田誉士史氏だ。2005年には夏連覇、夏3連覇が懸かった2006年は早稲田実業(西東京)との激闘の末、準優勝となったが、当時の駒大苫小牧の戦いぶりは多くの高校ファンの心に深く刻まれている。

 今回はアメリカでの成長や変わらない強気な性格、そしてベテランの域に達したこれからの田中に期待することを香田監督に伺った。

来年は「巻き返すぞ」と思っているはず


 8年ぶりの日本球界復帰となった今季、田中は23試合に登板し4勝9敗、防御率3.01の成績を残した。援護の少なさも否めなかったが、その中でも意に介することなくマウンドに登り続ける姿に、「将大らしさ」を改めて感じたという。

「年齢とか蓄積される疲労もあると思いますが、アメリカでピッチングの技術を磨いて戻ってきたなと感じる部分があります。マウンドの違いや、年々ボールの勢いも落ちてきたり、いろんな苦労があると思いますが、打者のポイントを外したり、要所要所で上手くボール球を振らせたりと、昔からバッターを見る観察力は長けていました。負けは多かったですが、3点、4点取られても試合はしっかりと作るところは、将大らしいなと感じましたね」

 とは言え、今季の成績に田中が納得していないことは想像に難しくない。望まれる形で日本球界復帰を果たしたが、開幕直前に戦列を離れ、シーズン通しても負け越し。アメリカ球界復帰の噂も飛んだが、香田監督は「性格的にも、このままアメリカ行きますなんて思っていないと思う」と口にする。

「来年は日本に復帰して2年目になります。『絶対に巻き返すぞ』という気持ちは非常に強いと思いますし、このままアメリカに行くなんて彼には考えられないと思いますよ」