村上宗隆 恩師が語るシリーズ
■第1回
「ゴロではなく、フライを打て」MVP候補・村上宗隆の九州学院時代の恩師が語った飛躍の原点
■第2回
なぜ村上宗隆は高校時代、捕手へコンバートしたのか?その真意とは
■第3回
ライバルにするのは清宮幸太郎らではない。九州学院の恩師が村上宗隆に授けた金言
■第4回
「あいつは世話好きのおばちゃんです」村上宗隆の恩師が語るキャプテンシーの素質
■第5回
村上宗隆の恩師が褒めた「数字」と「姿勢」。そしてこれから願うこと

 2021年の日本プロ野球はヤクルトの日本一で幕が下りた。15日には「NPB AWARDS 2021」が行われ、数々の表彰が行われたが、1人の若者が大きな勲章を手にした。

 ヤクルト村上 宗隆内野手(九州学院出身)。プロ4年目の今季、39本塁打を放ち、巨人の岡本 和真内野手(智辯学園出身)とともに、セ・リーグの本塁打王に輝いた。そのほか、283塁打はリーグトップ、112打点、長打率.566がリーグ2位。東京五輪でも金メダルを決める本塁打を放つなど、日の丸のスラッガーとしても活躍した。

 その基礎は故郷熊本・九州学院の3年間で培われたといっても過言ではない。その秘密を探るため、当時の恩師、坂井宏安・九州学院前監督にインタビューした。言葉をひも解くと、「村上 宗隆」がスラッガーへと変貌を遂げる過程が分かってくる。

 今回は村上の持つ「キャプテンシー」の秘密に迫る。


 村上はシーズン中でも、ポストシーズンでもヤクルトベンチの真ん中でよく声を出していた。仲間の打席に一喜一憂し、悔しがり、喜んだ。その光景は九州学院時代から、なんら変わっていない。

坂井 彼にすれば普通でしょう。たぶん1年目から、2軍でも同じだったと思いますよ。野球はチームプレーと思っている。自分が4打数4安打でも負けたらあまり価値はないと思っている。それより送りバントや、スクイズをしてでても勝つ方がいいと本人が思っている。

 九州学院は伝統的に上下関係がないとされる。坂井前監督の方針でもあり、「仲良し」ということではなく1年から実力がある選手はレギュラーになるし、3年だからという理由ではレギュラーになれない。そういう勝負の世界を体感させたいためだ。村上は1年から4番に座った。それでも天狗になるわけでなく、チームリーダーとして引っ張る役目を自ら担うようになる。

坂井 よくベンチで監督の横にいて、こっちが「しっかり(バントで)送れよ」と言うと、村上が横で「ここは大事よ、(犠打で)死んでいいよ」とか叫ぶ。そう言うから「村上が監督みたいだ」という人もいますが、そんなことは少しもない。マスコミが面白おかしく書いてるだけですよ。一言で言ったら「野球の世話好き」なんです。そういう子なんです。一生懸命に、さっさとベンチにある他の選手のグラブとか帽子とか持って行ってやるんです。「世話好きのおばちゃん」なんです。

 試合に入れば先輩後輩もなければ、レギュラー、控えは関係ない。4番でも勝利のためにチームを動かしていく、裏方にもなれる。村上は自然とそうなっていった。