村上宗隆 恩師が語るシリーズ
■第1回
「ゴロではなく、フライを打て」MVP候補・村上宗隆の九州学院時代の恩師が語った飛躍の原点
■第2回
なぜ村上宗隆は高校時代、捕手へコンバートしたのか?その真意とは
■第3回
ライバルにするのは清宮幸太郎らではない。九州学院の恩師が村上宗隆に授けた金言
■第4回
「あいつは世話好きのおばちゃんです」村上宗隆の恩師が語るキャプテンシーの素質
■第5回
村上宗隆の恩師が褒めた「数字」と「姿勢」。そしてこれから願うこと

 2021年の日本プロ野球はヤクルトの日本一で幕が下りた。15日には「NPB AWARDS 2021」が行われ、数々の表彰が行われたが、1人の若者が大きな勲章を手にした。

 ヤクルト村上 宗隆内野手(九州学院出身)。プロ4年目の今季、39本塁打を放ち、巨人の岡本 和真内野手(智辯学園出身)とともに、セ・リーグの本塁打王に輝いた。そのほか、283塁打はリーグトップ、112打点、長打率.566がリーグ2位。東京五輪でも金メダルを決める本塁打を放つなど、日の丸のスラッガーとしても活躍した。

 その基礎は故郷熊本・九州学院の3年間で培われたといっても過言ではない。その秘密を探るため、当時の恩師、坂井宏安・九州学院前監督にインタビューした。言葉をひも解くと、「村上 宗隆」がスラッガーへと変貌を遂げる過程が分かってくる。

 今回は捕手経験をさせた秘密に迫る。


 村上は九州学院の1年夏から4番一塁でレギュラーを奪う。夏の甲子園に出場したが安打を打つことなく初戦敗退。悔しさを胸に新チームでの再出発を誓うが、そこで坂井前監督は村上に捕手をさせた。

坂井 中学時代からやっていたものありますが、彼は記憶力がある。捕手のリードをやらせたら勉強になると思った。甲子園に出るチームはやっぱり捕手がいい。いい捕手の元なら投手もよくなるし、一緒に伸びていく。また、野手のみんなを見られる。監督もベンチから指示はするが、最終的には自分たちでやらないといけない。捕手も、ここは前進だ、ビッグイニングにならないようにしようとか、捕手なら即座に分かる。こっちの意をくむ力が村上にはある。そういうことができると思った。

 飛距離で負けないスラッガーである上に、駆け引き、試合の流れ、投手のリードなど、野球を俯瞰的にみる視点を植え付けるためにあえて、マスクをかぶらせた。打つだけではダメだ。村上を大きく育てるためにも、捕手というポジションは大事だった。

坂井 プロでも捕手でやれると思ったが、ヤクルト球団が、捕手では一人前になるには何年かかかる。村上の最大の武器である打つ方を生かしたいということだった。その通りになりましたね。でも捕手をしていたおかげて股割りもできる。下半身の柔らかさが出来た。バッテリーと打者の駆け引きも分かってくるし、プラスになっている。

 1年秋から3年夏まで、スラッガー捕手というスケールの大きい高校生が完成されていったが、その過程で身に付いた投手との駆け引きのノウハウは、プロで大きく転換したきっかけにもなった。プロ2年目の2019年、143試合フル出場し36本塁打、96打点とブレークできたが、坂井前監督は1年目の成功と失敗の経験が生きているという。