第152回 「守備はまるで忍者だった」恩師が語る巨人のホープ・湯浅大(健大高崎出身)。追いかけていた球団は巨人だけだった2020年11月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

最後の夏でアピールに成功。プロ入りへ



高校時代の湯浅 大(健大高崎)

 打撃の伸びしろがあるかもしれない。そう評価されるようになったのは最後の夏の大会だ。選抜では怪我で出場ができず、夏場にかけて打撃面が成長。特に準決勝・東農大二戦が最も活躍した試合だった。相手の東農大二も立教大で活躍する遊撃手・寺嶋優磨など好選手が多く揃い、スカウトも多く詰めかけた。この試合で3打数2安打2打点の活躍。こうした夏の活躍を担当スカウトの吉武真太郎氏や、当時のスカウト部長だった岡崎郁氏が高く評価し、プロ入りにつながった。

 そして巨人から8位指名を受け、プロ入り。高卒3年目に開幕一軍入りを果たし、開幕戦に出場。開幕戦でバントを決めた瞬間はテレビで見ていたという。
「バントの瞬間は盛り上がりました。ただその後は駄目でしたね。まだ3年目なので、這い上がってほしいです」と語る青柳監督。

 多くの球団が視察して評価する選手ほど主力になりやすい。ただ1球団の担当スカウトだけがその選手の光る部分を見出し、ずっと追いかけて、指名にこぎつけて、さらには一軍にも出場するのは、スカウト冥利に尽きる話だろう。そして湯浅は高校3年間で唯一のアピールの場所になりそうだった選抜を怪我で出場できなかった選手である。こういう経験があったからこそ今の活躍につながっているかもしれない。

 日本シリーズでベンチ入りする26名は有名無名問わず、担当スカウトの強い推薦でプロ入りし、本人の努力、アピールでベンチ入りを勝ち取ったものだ。湯浅がベンチ入りすれば、シーズン終盤のような守備固め、代走となるだろう。ぜひ湯浅の出場時には熱い声援を送ってほしい。

(記事=河嶋 宗一




関連記事
【ドラフトニュース】立正大・倉田 希など7名が提出し、133名に!
上武大のスラッガー・古川裕大(久留米商出身)がリーグ戦通算12号となる3ラン!攻守でアピール!
ドラフト候補右腕・平内龍太が5回を3安打1失点の好投!亜細亜大が駒澤大に逆転勝ち!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
健大高崎vs桐生第一【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs樹徳【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs専大松戸【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
健大高崎vs國學院栃木【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
健大高崎vs日本航空【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第1020回 健大高崎、東京学館など強打のチームが登場!【秋季大会逸材ガイドブック・1日目】【大会展望・総括コラム】
第135回 交流試合一番の番狂わせ。昨秋神宮大会準優勝・健大高崎は帯広農との一戦で何が起こったのか【高校野球コラム】
第1234回 潜在能力は歴代トップクラス。プロ志望の191センチの大型右腕・橋本拳汰(健大高崎)の 決意 【2020年インタビュー】
第268回 高卒プロを掲げる大型左腕・下慎之介(健大高崎)は他の高校生左腕に負けないために何をアピールするのか?【ドラフト特集コラム】
第1219回 最速144キロを誇る大型右腕・蓼原慎仁(桐生第一)。プロ野球選手&甲子園出場のために取り組んだ3年間 【2020年インタビュー】
第1026回 群馬の「2強時代」に終止符を。桐生第一はこの夏、強豪の矜持を取り戻す【野球部訪問】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1141回 入学当初の実力は同学年でも下位。下慎之介(健大高崎)がドラフト候補左腕まで成長できた理由 【2020年インタビュー】
第1134回 小学生で遠投86m 超強肩捕手・戸丸秦吾(健大高崎)の逸話がすごい!!そのスローイングの秘密を大公開! 【2020年インタビュー】
第1082回 投手の良さを引き出すことが実力の見せどころ。戸丸秦吾(健大高崎)は捕手の鏡ともいえる考えの持ち主だった! 【2019年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
湯浅 大(健大高崎) 【選手名鑑】
健大高崎 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム