第152回 「守備はまるで忍者だった」恩師が語る巨人のホープ・湯浅大(健大高崎出身)。追いかけていた球団は巨人だけだった2020年11月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]誰も追いつけない打球を湯浅は追いつくほどの守備力の高さがあった
[2]ステップアップの鍵は「連携」と「状況判断」

 11月21日から開幕する日本シリーズ。巨人の40名の名簿にある選手が入っていた。それが3年目の湯浅 大健大高崎出身)だ。巨人の中でもトップレベルの守備がある逸材として評価が高い。そんな湯浅は開幕一軍入り。二軍落ちはあったが、終盤にかけて一軍に昇格し、結果的に13試合に出場した。前日まで京セラドームの練習にも参加。ベンチ入りの可能性は高いだろう。

 前回、「巨人期待のホープ・湯浅大はなぜ指名に至ったのか 元巨人編成部が語るドラフト指名秘話」を紹介したが、今度は健大高崎の指導者側から湯浅の魅力について語っていきたい。青柳博文監督に語ってもらった。

誰も追いつけない打球を湯浅は追いつくほどの守備力の高さがあった



健大高崎・青柳博文監督

「入学当初から守備は光っていました。『忍者』と表現できるように、打球に追いつくまでのスピードが非常に速く、他の選手でも追いつけないような打球も追いついてしまう。彼のエラーは彼しかなし得ないからこそ起こるエラーなんですよね。追いつける打球に対し、エラーしてしまう。そんな選手でした」

 青柳監督は湯浅の守備力をそう高く評価する。しかし良い選手と評価しても、高卒プロでいける選手ではないと評価していた。

「やはり打撃が弱く、高卒から厳しいかなと思っていました」

 ただ、巨人は湯浅について化ける要素があったと評価する。長年、巨人のスコアラー、編成に関わった三井康浩さんは湯浅についてこう語る。

「湯浅は守備型の選手で、対応力が高く、癖のない打撃フォームをしていまして、それが化ける可能性を持っていました。担当スカウトも『伸びしろはかなり持っている』と評価していましたね。身体の強さ、野球センス、能力の高さもしっかりと評価して推薦してくれました」

 守備は超高校級のものはあったが、打撃が弱く、見送る球団が多かったが、「ジャイアンツさんだけずっと追いかけていました」と青柳監督は当時を振り返る。

【次のページ】 最後の夏でアピールに成功。プロ入りへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
健大高崎vs桐生第一【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs樹徳【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs専大松戸【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
健大高崎vs國學院栃木【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
健大高崎vs日本航空【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第1020回 健大高崎、東京学館など強打のチームが登場!【秋季大会逸材ガイドブック・1日目】【大会展望・総括コラム】
第135回 交流試合一番の番狂わせ。昨秋神宮大会準優勝・健大高崎は帯広農との一戦で何が起こったのか【高校野球コラム】
第1234回 潜在能力は歴代トップクラス。プロ志望の191センチの大型右腕・橋本拳汰(健大高崎)の 決意 【2020年インタビュー】
第268回 高卒プロを掲げる大型左腕・下慎之介(健大高崎)は他の高校生左腕に負けないために何をアピールするのか?【ドラフト特集コラム】
第1219回 最速144キロを誇る大型右腕・蓼原慎仁(桐生第一)。プロ野球選手&甲子園出場のために取り組んだ3年間 【2020年インタビュー】
第1026回 群馬の「2強時代」に終止符を。桐生第一はこの夏、強豪の矜持を取り戻す【野球部訪問】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1141回 入学当初の実力は同学年でも下位。下慎之介(健大高崎)がドラフト候補左腕まで成長できた理由 【2020年インタビュー】
第1134回 小学生で遠投86m 超強肩捕手・戸丸秦吾(健大高崎)の逸話がすごい!!そのスローイングの秘密を大公開! 【2020年インタビュー】
第1082回 投手の良さを引き出すことが実力の見せどころ。戸丸秦吾(健大高崎)は捕手の鏡ともいえる考えの持ち主だった! 【2019年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
湯浅 大(健大高崎) 【選手名鑑】
健大高崎 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム