目次

[1]打球音で高橋が打っているのがわかった
[2]ステップアップの鍵は「連携」と「状況判断」


 8年ぶりのAクラスを達成した中日ドラゴンズ。ベテラン・中堅・若手も充実の昇竜軍団をキャプテンとして率いるのが高橋 周平東海大甲府出身)である。東海大甲府時代は高校通算71本塁打を放った大型遊撃手として注目され、2011年のドラフトではオリックス、東京ヤクルト、中日の3球団から指名され、競合の末、中日が交渉権を獲得し、中日に入団。

 プロ1年目から本塁打を放ち、2018年に11本塁打を記録し、初の規定打席到達。2019年も規定打席に到達し、キャリアハイとなる打率.293をマークし、ベストナイン、ゴールデングラブを獲得。そして今年は3年連続の100安打を達成し、打率3割もかかっている。今や中日の顔といっても過言ではない存在だ。

 今回は高橋選手を指導した東海大甲府の村中秀人監督に当時の話を伺った。


打球音で高橋が打っているのがわかった


 村中監督が高橋 周平を初めてみたのが、湘南クラブ(現・湘南ボーイズ)時代だった。

 「湘南クラブの監督が私の教え子で、その監督から(実力が)抜けている選手がいるよと教えてもらって。
まだ荒削りなところがありましたけど、将来は高い水準に達して、プロでも通用する選手になるかなと思いました」

 高橋は1年春から公式戦に出場。ただこの時、足に菌が入り、一時期、戦列を離れることとなった。
「本人は帰りたくないといったんですけど、まだ先は長いからということで、いったん帰省させて治療を優先させました」

 高橋の逸材としての評価は、中日でスラッガーとして活躍した森野将彦(東海大相模)以来だった。そして高橋の凄さを物語るエピソードを1つ上げた。

 「なんといっても打球音が違いましたね。普通の選手とは全く違う打球音がありました。
普通の選手は「バチっ!」という感じなんですけど、周平の場合はブシっ!という感じでした。打球音で、高橋が打っているのがすぐわかりましたね」

 そんな高橋に対し、村中監督は指導したことが2つ。

 「彼の場合は間のとり方とバットの位置を教えました。スイング軌道、トップの位置は変える必要もなかったので、そのまま行かせました」高橋が本格化したのは2年春。本塁打を量産するようになり、関東大会に出場。まず取手二戦で場外本塁打を放ち、さらに日大三相手に快打を披露し、一気に評価を高めた。

 甲子園を狙った2年夏は3回戦敗退。新チームがスタートし、高橋は主将に就任した。