第76回 生かす殺すも自分次第。福岡ソフトバンクが誇る神足・周東佑京(東農大二出身)を変えた大学4年間2020年03月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]足の速さはプロレベル。本気でプロに行こうと思っていなかった
[2]周東コールは鳥肌が立った


 育成王国・福岡ソフトバンクの出世頭として期待されている周東 佑京。50メートル5秒7、ベースランニング14秒50と驚異的なタイムを記録した俊足を武器に、昨年支配下登録が決まり、102試合に出場し、25盗塁を記録し、自慢の俊足をプロの舞台でも発揮。さらにプレミア12の代表選手にも選ばれ、主に代走として活躍を見せ、大きなインパクトを与える1年となった。

 今やホークスの人気選手まで上り詰めた周東がプロ入りできたのも東農大北海道オホーツクの4年間の成長が大きい。

 その成長に携わった恩師・樋越勉監督(東農大監督)にお話を伺った。

足の速さはプロレベル。本気でプロに行こうと思っていなかった



東農大二時代の周東佑京

 プロ野球選手のアマチュア時代のエピソードを知るために、恩師から話を伺うと、大成するまでの流れは4タイプあると感じた。
A.意識も実力もすべてにおいて素晴らしく、言うことなしの優等生タイプ
B.天才と呼べる才能はなく、劣るところはあったけど、努力家で別人のような選手に変わるタイプ
C.才能は素晴らしいけれども、意識が高くない選手。指導者の指摘やある時の出来事で、意識も変わっていくタイプ

 周東はまさにCタイプの選手だろう。むしろ高校卒業まで野球を続けるかどうか考えていた選手だったぐらいだ。それでも周東の脚力を高く評価していたのが樋越監督だったのである。

 樋越監督が周東を初めて見たのは1年秋のことである。
「東京農業大付属高の一高(東京)、二高(群馬)、三高(埼玉)の定期戦が毎年、秋にここ(東京農業大)のグラウンドで開催されるのですが、そこで初めて見ましたね。二高の監督さんから『体はできていないけど、足だけ速いですよ』という声は聞いていました」

 実際に目にすると、プロにいける速さがあるなと直感した。そう直感したのはこれまで周東含めた14人のプロ野球選手を輩出した樋越監督だけではなく、NPBのスカウトも同じ感想だった。

 「彼の能力の高さは高校時代からプロのスカウトに知れ渡っていました。進路はうちに(東農大オホーツク)に進学するか、プロの道を選ぶか。本人はプロという気持ちはなかったのですが、 4年間磨けば上のクラスでできるというのはありました」

 樋越監督が見ていて感じたのは、周東は自分が持っている才能の高さに気づいていなかったところだ。

 「彼は自分が持っている力、資質に気づいていなかったので、野球をどこまで突き詰めるかが大事だということを話をしてうち(東農大北海道オホーツク)にきてプロを目指せ!という話をいたしました」

 その後、3年夏は主将として準優勝を経験した周東は大学進学を決断する。



東農大北海道オホーツク時代の周東佑京

 だが、ほぼ1年間、野球ができる関東の大学と違って、北海道網走市にある東農大北海道オホーツクは雪の影響でほぼ半年野球ができない。NPB、アマチュアのスカウトも簡単に行ける場所ではない。ある意味、ハンディがある。それなりの覚悟がなければ続けることはできない環境だ。樋越監督はこう続ける。
「オホーツクの選手たちは絶対に東京(全国大会)に出て、アピールしてやろう!という気持ちを持った選手が多いですから。周東もそういう先輩たちに引っ張られたのも大きいと思います」

【次のページ】 周東コールは鳥肌が立った

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第154回 1日でも長く活躍して欲しい。松田宣浩(中京出身)へ送った恩師のメッセージ【恩師が語るヒーローの高校時代】
第153回 高校生・松田宣浩(岐阜・中京出身)は熱男ではなかった?!恩師が語った意外な一面【恩師が語るヒーローの高校時代】
第152回 見た瞬間にプロになることを確信した。恩師が語る松田宣浩(岐阜・中京出身)の高校時代【恩師が語るヒーローの高校時代】
第13回 一度は諦めた野球。母の支えと恩師の激励で掴んだ夏の聖地 近田怜王さん(報徳学園出身)vol.3【甲子園のヒーローに会いに行く】
第78回 150キロ右腕から強肩強打のスラッガーへ。福岡ソフトバンク・小林 珠維(東海大札幌出身)を変えさせた2年夏のベンチ外【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1116回 剛速球右腕・甲斐野央(福岡ソフトバンク)が振り返った激闘の1年目。2年目の目標達成のために掲げた3つの課題 【2020年インタビュー】
第986回 成長を刻み続ける四国の「TAIKI」石上 泰輝・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第909回 スパイクは「自分の身体を正しい方向に導くツール」 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【後編】 【2019年インタビュー】
第907回 「地面を感じる」が好投の秘訣 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【前編】 【2019年インタビュー】
健大高崎vs東農大二【群馬県 2013年春の大会 群馬県春季大会】
東農大二vs常磐【群馬県 2011年春の大会 群馬県春季大会】
高崎商大付vs東農大二【群馬県 2010年秋の大会 秋季群馬県大会】
富岡vs東農大二【群馬県 2010年春の大会 群馬県春季大会 】
東農大二vs高崎経大附【群馬県 2010年春の大会 群馬県春季大会 】
東農大二 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム