第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】2020年01月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]燃えるものを随所に見せる男だった
[2]細かな部分に目を向ける指導方針

 2020年シーズンが幕を開け、キャンプインまで各地で選手たちが自主トレを行い、汗を流している。2019年シーズンのセ・リーグでは、巨人が広島の4連覇を食い止めて見事優勝を果たした。そのセ・リーグでシーズン5位に終わったのが中日だ。

 かつて落合博満氏を監督にすえて投手王国として一時代を築き上げ、再建が待たれる。その中で最も期待されているであろう投手がプロ3年目に入る山本 拓実だ。

 高校時代は、大阪桐蔭の西谷浩一監督が、「どうしても対戦したい」ということで練習試合を敢行。プロ2年目となる2019年は9試合に登板して初勝利を含む、3勝3敗という成績を残し、ブレークの兆しを見せる。そんな期待の新成人・山本は高校時代、どんな3年間を過ごしてきたのか。母校・市立西宮で監督をする吉田俊介監督に当時の話を伺った。

燃えるものを随所に見せる男だった



高校時代の山本拓実投手

 「プレーをする姿、目つきからも燃えるものと言いますか。気持ちの強さを感じさせる選手でした」

 恩師・吉田監督が笑顔を見せながら語った山本投手の第一印象だ。2015年に市立西宮の門を叩いた山本投手を指導し始めた吉田監督だが、実際にプレーを見たのは入学をしてから。最初の出会いこそ、練習の見学でグラウンドに足を運んできた時だが、プレーを見ることはなかった。

 他の選手たちとともにプレーをしている山本投手を見て吉田監督は2つのことに気づいた。
 「気持ちの強さはもちろんなのですが、腕の振りの強かったですし、フォームが綺麗だったのは、他の選手より優れていたと思います」

 フォームの完成度に吉田監督は心を惹かれたが、懸念したのは体力。現在は167センチ71キロとプロの中でも少し物足りない。しかし、入学時はもっと小さく細い体つきをしていた山本投手。高い技術力に体力が追い付いていなかったからこそ、吉田監督は「殻を破ったら楽しみやな」という期待を抱きながら指導にあたった。

【次のページ】 細かな部分に目を向ける指導方針

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第1017回 いよいよ大阪は準決勝!大阪桐蔭vs履正社、東海大仰星vs山田の勝負のポイントを徹底分析!!【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs箕面学園【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
大阪桐蔭vs東海大相模【2020年甲子園高校野球交流試合】
履正社vs大阪桐蔭【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第272回 まさに世代屈指の投球!最速154キロを誇る剛腕・関戸康介(大阪桐蔭)の進化のポイントを解説【ドラフト特集コラム】
第271回 世代屈指の剛腕左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)も順調に成長中!【ドラフト特集コラム】
大阪桐蔭vs香里丘【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第1172回 高校野球界から中学アカデミーへ転身を遂げた知将・島田 達二氏(元高知高監督)が提示する育成案 【2020年インタビュー】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
山本 拓実(市立西宮) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
市立西宮 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム