第68回 「あの20キロを走り抜いたのは、彼がはじめてです」 恩師が語る「大野 雄大(中日ドラゴンズ)」2019年11月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]雄大は学校からグラウンドの往復20キロを3ヶ月走り抜いた
[2]「性格の良さとよく練習する」をこれからも続けてほしい

 佛教大から2010年・ドラフト1位で中日ドラゴンズ入団。プロ入り9年目を迎えた2019年シーズンは自身初のノーヒット含む9勝をあげ、自身初個人タイトルとなるセ・リーグ最優秀防御率賞(2.58)にも輝いた左腕・大野 雄大投手。現在開催中の「世界野球プレミア12」侍ジャパントップチームにも2015年に続き選出され、2020年・東京五輪での活躍も期待される。

 では、そんな大野投手の高校時代はどんな選手だったのだろうか?今回は京都外大西高に大野投手を導き途中まで監督として指導。今年は広島文化学園大監督として初の中国地区大学リーグ1部昇格と梅林 優貴捕手(北海道日本ハムファイターズドラフト6位)を輩出した三原 新二郎監督に秘話を聞いた。

雄大は学校からグラウンドの往復20キロを3ヶ月走り抜いた



広島文化学園大・三原 新二郎監督(元・京都外大西監督)

 (大野)雄大を始めてみたのは京都市立藤森中の時です。ここは倖田 來未(歌手)とかの出身校でもあるんですが、ここの監督は僕と親しかったので試合を見に行ったんです。

 その時の第一印象は「ええカーブを放るなあ」。ということで京都外大西に進学してもらうようになったんです。

 彼については忘れられない思い出があります。1年生の時、彼はなかなか試合に出る機会がないので、学校からグラウンドまでの10キロを走らせていたんです。しかも学校から最初の7キロは割と平坦なんですが、残りの3キロはかなり厳しい坂道。

 普通であれば音を上げてもおかしくないんですが、雄大はそれを往復。要は20キロを走り続けたんです。「途中で走らなくてもいいけど、いつまで続くんかな」と思ったら3か月間やり抜きました。こんな選手は僕が今まで53年間指導してきた中で後にも先もありません。「すごいな」と思いました。

 僕は彼が2年生の時、定年退職で監督の座から離れましたが。そういったことが彼の基礎になっているし、高校時代の140キロくらいから佛教大で151キロを出す要因になったと思いますね。度胸もありました。今年、北海道日本ハムファイターズから6位指名を受けた梅林優貴(捕手・広島文化学園大4年)も度胸はあるけど、雄大はそれ以上でした。

 加えてアイツは中日ドラゴンズに指名されたこともよかった。当時の監督だった落合 博満さんに「1年間は左肩の治療に専念しろ」と言われたことで大成することができたと思います。彼自身も落合さんには感謝の言葉を今でも言っていますね。

【次のページ】 「性格の良さとよく練習する」をこれからも続けてほしい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第6回 「地元選手、そして捕手の獲得を」スポーツライター・小関順二さんが中日ドラゴンズのドラフトを分析!【プロ12球団ドラフト分析2019】
京都外大西vs京都国際【京都府 2019年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第86回 清水 達也(中日ドラゴンズ・投手) 聖地の頂点糧に、今度はナゴヤドームで頂点へ【高校野球コラム】
京都外大西vs立命館【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
第946回 福知山成美や京都翔英、京都外大西などがノーシードと京都は大混戦の模様!【京都大会展望】【大会展望・総括コラム】
第946回 ホームランへのこだわりを秘め、プロ入りを視野に新たな挑戦も 山下航汰(京都外大西)【後編】 【2019年インタビュー】
第944回 9年ぶりの甲子園へ!名門復活を託された主砲・山下航汰(京都外大西)【前編】 【2019年インタビュー】
第624回 主将の背中を見てチームが変わる!泥臭いことが出来るようになった京都外大西(京都)【後編】【野球部訪問】
第623回 強豪との対戦で深めた自信、名門復活を懸けて京都外大西(京都)は夏に向かう【前編】【野球部訪問】
第864回 何としても甲子園へ!最速145キロ右腕・遠藤慎也が目指す、周りから信頼されるエースに!【後編】 【2019年インタビュー】
第863回 重圧の中でも投げ勝つ!最速145キロ右腕・遠藤慎也(京都翔英)が強豪相手に見つけた収穫と課題【前編】 【2019年インタビュー】
京都外大西vs京都翔英【京都府 2018年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
京都外大西vs京都文教【京都府 2018年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第628回 徳島インディゴソックス・大藏 彰人投手(中日ドラゴンズ育成1位指名)挫折を越え、野球愛を叫び、開けた「NPB」の扉 【2017年インタビュー】
龍谷大平安vs京都外大西【京都府 2016年春の大会 平成28年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
京都外大西 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム