第62回 正捕手に定着した梅野隆太郎選手(阪神)へのメッセージ 恩師が今、思いを語る【後編】2019年05月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]起用法で頭を悩ませた高校時代
[2]「打てるキャッチャー」よりも「勝てるキャッチャー」に

「打てるキャッチャー」よりも「勝てるキャッチャー」に



福岡大時代の梅野隆太郎選手(右から4人目)

 高校からプロに行くことはできませんでしたが、大学では早くから活躍してくれ本当に良かったと思っています。高校時代は正捕手を務めたのは最後の1年間だけでしたが、大学では下級生の頃からマスクを被らせてもらっていたので、正直ホッとした気持ちもありました。

 3、4年時には全国大会にも出場して、お母様の願いであったプロ野球選手にもなれました。本当によくやったと思いますよ。

 そして、最近ではようやく阪神の正捕手に定着しましたね。
 「打てるキャッチャー」とも言われていますが、私としては梅野には「勝てるキャッチャー」になって欲しいと思っています。

 もちろんバッティングであったり、「甲斐キャノン」のような強肩も捕手として必要な能力だと思いますが、やっぱりリードワークや状況把握、ピッチャーの調子の見極めなど、チームを勝たせるための能力を持ったキャッチャーになって欲しいですね。
 「打てるキャッチャー」よりも「勝てるキャッチャー」です。

 「ピッチャーは良くなかったけど、やっぱりキャッチャーが梅野だったら試合は勝つな」
 そう言われるようなキャッチャーになって、欲しいなと思います。

 これからも活躍する男だと思いますので、皆さん是非応援してやってください。

(取材・文=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第934回 春夏連続・松山聖陵か?今治西復権か?それとも済美3連覇か? 急成長選手多き愛媛、大混戦大会到来【愛媛大会展望】【大会展望・総括コラム】
第941回 福岡県は実力校多数!どこが勝ち抜けるか?!【大会展望・総括コラム】
第65回 「捕手に転向してアイツの良さがすべて出た」 原口文仁(阪神)の捕手転向秘話【恩師が語るヒーローの高校時代】
第57回 「考える野球」の土台は日常生活の中で作られる 杉山繁俊監督(東海大福岡)【後編】【名将たちの言葉】
第56回 柔軟で緻密、そして「考える」ことこそが杉山野球の真髄 杉山繁俊監督(東海大福岡)【前編】【名将たちの言葉】
福岡工大城東vs西南学院【福岡県 2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球福岡大会】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第869回 「あれこれ考えない思い切り」が福岡大真(筑陽学園)の打撃を生み出した 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第869回 「自己否定」と向き合い続けた江原佑哉(筑陽学園)の主将力 【2019年インタビュー】
第867回 神宮で見せた大器の片鱗!西舘昂汰(筑陽学園)が狙うのは「甲子園で150キロ」 【2019年インタビュー】
九州国際大付vs福岡工大城東【福岡県 2016年夏の大会 第98回選手権福岡大会】
九州国際大付vs福岡工大城東【福岡県 2014年夏の大会 第96回選手権福岡大会】
福岡工大城東vs久留米高専【福岡県 2014年夏の大会 第96回選手権福岡大会】
福岡工大城東vs飯塚【福岡県 2011年春の大会 第128回九州地区高校野球福岡大会】
梅野 隆太郎(福岡工大城東) 【選手名鑑】
福岡工大城東 【高校別データ】
コメント (1)
城東2019.05.27 ユニちゃん
尾嶋捕手も確か正捕手になったのは2年の秋から。
その時も一学年上に強肩の宇都宮捕手がいました。

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム