目次
恩師が語るヒーローの高校時代 上林 誠知

[1]実は1番上林を置く構想があった??
[2]上林が神様に見えた
[3]練習試合では本物と思わせる一打を見せるも怪我で不調に陥る

 入団4年目の今季、福岡ソフトバンクホークスの熾烈な外野手争いを勝ち抜き、定位置をつかんだ上林 誠知。オールスターにはファン投票で選ばれ、規定打席にも到達。侍ジャパンの一員として、「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ」では全3試合に5番でスタメン出場した。宮城・仙台育英高時代から世代を代表する好打者として注目されながらも、苦労も多かった。その苦悩を間近で見てきた恩師・佐々木順一朗監督に上林について語っていただいた。

 【VOL.1】では仙台育英入学当時を振り返っていただいたが、【VOL.2】では高校3年の夏を振り返っていただく。

■恩師が語るヒーローの高校時代 上林 誠知
【VOL.1】「上林には4番打者が一番合っていた」

実は1番上林を置く構想があった??

センバツを前に沖縄で合宿をした際、佐々木監督からアドバイスを受ける上林

 佐々木監督は上林が高校3年の夏、甲子園で敗れた後、こんな話をしてくれたことがある。甲子園の決勝に進出していたら、上林を1番に置いたオーダーを組んだーー。それは本当に考えていたことなのだろうか。

「それは本当に考えていましたよ。打順は1番打つ選手から並べた方がいいと思っています。高校野球はトーナメントなので、一番、多く打席が回る打順でいいバッターだった方がいい。その昔は中濱(裕之、元近鉄など)が1番だし、志田(宗大、元ヤクルト)が1番だし、橋本が1番。1番打者がプロに行っています。でも、上林は4番」

 今年は上林世代で1番を打った立教大・熊谷 敬宥が阪神からドラフト3位で指名され、今年の仙台育英で1番を打った西巻賢二が楽天からドラフト6位指名された。上林世代で熊谷に1番を任せられるようになったことも上林を4番に置けた要因なのか。

「敬宥は8番からのデビューですからね。敬宥がもっと打てばなとは思ったけど。結構、買っていたのは、長谷川 寛(早大)や小林遼(富士大)。上林は3番・長谷川、5番・小林に守られていたような気もしますね。それでいて、みんなより1つ上に抜けているところがあるというか」

 あまり先頭に立つタイプではないものの、2年秋からはキャプテンも務めた。「自分からキャプテンになるタイプではなかったと思うんだけど、自分から立候補したのはあれだったんだよね」と佐々木監督は振り返る。

 佐々木監督の言う「あれ」とは、2年夏の甲子園3回戦の栃木・作新学院戦でのあるプレーだ。2対2の同点で迎えた7回に1番・石井 一成(日本ハム)が中前にはじき返した打球を、センターを守る上林が数メートル後ろにそらした。普通に捕球していれば単打で済んだが、捕球直前でバウンドが変わったのだ。石井は一塁を蹴って二塁へ。続く、鶴田剛也の右前適時打が決勝点になった。キャプテンになることを薄々は考えていたようだが、このプレーで「自分のせいで負けた」と責任を感じて決断した。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。