第29回 松田 宣浩選手(中京-福岡ソフトバンクホークス)「あいつにはすべてを託したいと思わせる魅力がある」2017年03月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
恩師が語るヒーローの高校時代 松田 宣浩

【目次】
[1]松田ほど扱いやすい選手はいなかった
[2]1年生の時から好投手を攻略 持っていると感じた
[3]現在の華々しい活躍は、学生時代からつながっている

1年生の時から好投手を攻略 持っていると感じた

 とはいえ、高校通算60本塁打を放ったスラッガーの松田選手。名門・亜細亜大に進学してからも、すぐにレギュラーポジションを獲得することとなった。

「バットを持たせたら格が違いましたから、1年春からリーグ戦で使っていました。また、力はあるが柔らかさがないのが弱点と言いましたが、まだまだ発展途上で完成した選手ではありませんでしたし、そのウィークポイントを本人に伝えたところですぐに直せるものでもありません。だから、東都のレベルの高い選手を間近で見たり、たくさん失敗をして学んでもらったりするため、試合にたくさん出すことで、いろんな経験を積ませることが一番だと考えて使い続けていました」

 そして、同時に守備位置も変更された。
「高校時代はショートを守っていたのですが、2年夏の甲子園では彼の悪送球で決勝点を与えて初戦負けしているんですよ。そもそも細かなフットワークで美しい守備をするというよりは体力に任せたプレーが目立っていたので、守備で神経をすり減らすことなく負担が少ないサードを守った方が良いだろうと考えてコンバートしました。松田も結果を恐れることなく、思い切りよくプレーしてくれたと思います」

 1年の春季リーグからクリーンナップを任されて2本塁打を放つなど、リーグ優勝に貢献した松田選手。大学選手権でも勢いは止まらなかった。

「準決勝で九州共立大と戦ったのですが、その試合で新垣 渚投手(元ソフトバンクなど)から右中間にタイムリースリーベースを打ったんです。決勝の早稲田大戦も、和田 毅投手(ソフトバンク関連記事)とウチの木佐貫 洋(元巨人など)の投げ合いで終盤までもつれたのですが、9回裏に先頭の松田が初球をライト前へ打って出塁すると、最後は犠牲フライでサヨナラのホームを踏んだんです。新垣投手も和田投手も当時の大学球界を代表するピッチャーで、そんな好投手から1年生が打ったわけですから、この選手は持っているなと感じました」

 その後も松田選手のパワーはとどまる事を知らず、2年秋はシーズン6本塁打を記録した
「でも、松田は長距離砲というより中距離打者だったと思います。ホームランの軌道も放物線を描くのではなくて、ライナー性が多かった。ただ、その打球は外野手の定位置あたりでグンともうひと伸びして中段に飛び込むような感じでしたね」

 しかし、その一方で打率は2割台前半のシーズンがほとんどだった。
「当時はがむしゃらに振っていただけで荒っぽかったですね。大学に入った頃からストレートならアウトコースの厳しいボールも打っていましたが、変化球には弱かった。緩急を付けられたり、コーナーワークで揺さぶられたりすると対応できないところがありましたね」

 それでも、内田氏から細かく指導をするようなことはなかったという。
「松田は失敗しても自己弁護することなく、できるようになるまで練習を続けていました。だから、グラウンドにいる時間は他の誰よりも長かったですね。暗くなってボールが見えなくなってもバットを振っていましたし、前だけを向いて努力をしていました。その姿勢は、周囲から『あそこまでできる選手はいない』と思わせるほどでしたから、私も練習に関しては本人に任せて、ただ見ているだけでしたね」

【次のページ】 現在の華々しい活躍は、学生時代からつながっている

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第986回 成長を刻み続ける四国の「TAIKI」石上 泰輝・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第909回 スパイクは「自分の身体を正しい方向に導くツール」 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【後編】 【2019年インタビュー】
第907回 「地面を感じる」が好投の秘訣 千賀滉大(福岡ソフトバンクホークス)【前編】 【2019年インタビュー】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第8回 スポーツライター・小関順二さん×高校野球ドットコム副編集長・河嶋宗一の12球団ドラフト分析予想【福岡ソフトバンクホークス編】【プロ12球団ドラフト分析2018】
第651回 内川 聖一選手(福岡ソフトバンクホークス)ケガの時期は「プラス要素」に変えられる【後編】 【2018年インタビュー】
第53回 内川聖一「猛反対だった高卒プロ入り。そして今、息子に願っていること」【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第52回 内川聖一「とにかく野球が好きだった少年時代 そして病気を乗り越えて」【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第48回 上林 誠知「上林には4番打者が一番合っていた」VOL.1【恩師が語るヒーローの高校時代】
中京 【高校別データ】
コメント (2)
1ダホ〜2017.04.07 mario
なんて真っ直ぐ人なんでしょう!
そして厳しい練習でも
辛い顔せず、ボールが見えない暗い時間になるまで努力を続ける事ができるなんて
野球が純粋に好きなんだなと感じました!
それは、試合に挑む姿勢や応援にも表れてると思います!!
さすがマッチさん(^-^)v2017.03.10 kazurtti
記事を読ませて頂きながら、今あるマッチさんの
スーパープレイは ずっとずっと直向きな努力があったの今の活躍に繋がってるんだなぁと つくづく感じさせられました(^-^)v チームを盛り上げる中心となってるのもうなずけます❗
これからも 熱男&1ダホーなマッチさんを
応援させてくださいね(^-^)v
頑張って下さい!!

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム