第19回 鈴木 誠也選手(二松学舎大附-広島東洋カープ)「高校時代の誠也に伝え続けたこと」【前編】2016年12月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
恩師が語るヒーローの高校時代 鈴木誠也

【目次】
[1]高校1年のときから野手としてのプロ入り選手と評価していた
[2]全力疾走をすることで野球をもっと深く見てほしい

 この1年でプロ野球ファンから認知される一流選手となった広島東洋カープの鈴木 誠也。 2012年のドラフト会議にて広島東洋カープから2位指名を受けた鈴木はプロ1年目から一軍出場・安打を記録。そして高卒4年目となった今シーズンは129試合に出場し、29本塁打、95打点と大ブレイクした。

 鈴木の活躍について緒方 孝市監督は「神ってる」と表現。この言葉は流行語年間大賞となった。そんな鈴木の活躍の原点を知るべく、高校3年間、鈴木を指導した市原 勝人監督に伺った。

高校1年のときから野手としてのプロ入り選手と評価していた

市原 勝人監督(二松学舎大附)

 中学時代(荒川シニア)、4番エースとして全国ベスト8を経験した鈴木 誠也。そんな鈴木について市原監督は、鈴木の父親である宗人さんと友人ということもあり、小さい頃から知っていた。
「(鈴木)誠也は僕と同じ小学校(荒川区立第五峡田小)、中学校(荒川区立第九中)ですから、地元の友達の子供という印象が強いですね」

 そして二松学舎大附に進んだ鈴木は1年夏からスタメン出場。東東京大会2回戦の國學院戦で5番ファーストとしてデビュー。3回戦の駿台学園戦で敗れたが、7打数2安打1打点とまずまずの成績を残す。

 鈴木は1年秋にはエースとなり、秋は都大会3回戦で敗れたが、投打の中心選手へ成長していた。市原監督はそんな鈴木について、このときからプロに行く才能を持った選手であることを感じていた。
「投打で期待されていましたが、やはり打者でプロに行く選手だと思っていました。足の速さ、肩の強さはずば抜けていた選手でしたから。そして打っても本塁打を打てるパワーも十分にありました」

 なぜ投手としては上のレベルで厳しいと感じていたのだろうか。
「投手としては最速140キロ以上と言われているように、高校生レベルならば速いです。ただ速い割に打たれるところが誠也にはあった。それは目に見えない球持ちというところで課題がありました。また彼はスピードがある投手でしたので、スピードガンで速い数字が出ると、それが先行して噂になってしまうところがありましたからね。一部では147キロといわれていますけど、私はそれほど出ていないと思います」

 140キロ台を出したとしても、投手として厳しいと感じていた市原監督は、打者としてプロ入りする選手だと考えていた。市原監督が鈴木に厳しく指導していたことは「全力疾走の徹底」だった。
「誠也に常に話していたのは、一塁まで全力疾走をするということです。スカウトの方々は、誠也が本塁打を打てて、球速が出せる投手であるということはみんな分かっています。では他に何を見ているか。それは一塁まで駆け抜けタイムです。

 そしてただ単に足の速さを測っているのではなく、その選手の姿勢も見ています。抜いているのか、本気で走っているのかは、タイムを見ればわかりますからね。ただ誠也は下級生の頃、速いボールを投げたいという気持ちだったり、遠くへ飛ばしたい気持ちが強かったと思います」

【次のページ】 全力疾走をすることで野球をもっと深く見てほしい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第64回 野球が終わっても「腰が低いし笑顔が似合う」と言われてほしい 恩師が語る野村祐輔(広陵)の高校時代【恩師が語るヒーローの高校時代】
東海大菅生vs二松学舎大附【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
二松学舎大附vs都立東大和【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
二松学舎大附vs昭和一学園【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第854回 東海大菅生vs八王子or日野、早実vs佼成学園or工学院大附など東京都大会は序盤から大混戦!【大会展望・総括コラム】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第858回 意識付けの変化が同点打を生む!第5戦は本領発揮だ!野村 昇大郎(二松学舎大附) 【2018年インタビュー】
東京代表vs二松学舎大附【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第802回 冬場の鍛錬と開き直りが成長に繋がる 草薙柊太(国士舘高)【前編】 【2018年インタビュー】
東海大菅生vs二松学舎大附【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
第723回 斎藤 未来也(関東一)力強さとスピードを兼ね備えた理想のトップバッターを目指して 【2018年インタビュー】
第657回 広島東洋カープ・新井貴浩(広島工出身)選手「カープの大ベテラン語るスパイク話」 【2018年インタビュー】
第622回 中村 奨成(広陵ー広島東洋カープ) 甲子園新ホームランキングが語る長打論 「トップを作り、軸で振り、フォロー大きく」 【2017年インタビュー】
黒田博樹 世界を制する投球術
鈴木 誠也(都立東) 【選手名鑑】
鈴木 誠也(二松学舎大附) 【選手名鑑】
二松学舎大附 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム