第9回 糸井 嘉男選手(宮津-オリックス・バファローズ)「高校時代は実質4か月しかプレーしていなかった」2016年02月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
恩師が語るヒーローの高校時代 糸井 嘉男選手

【目次】
[1]中学最後の試合をボイコット?糸井伝説の始まり
[2]高校野球のプレー期間は実質4ヶ月だけ
[3]高校での一番の笑い話は電車居眠り事件 / 不振の一因はキャプテン就任の重責か

高校での一番の笑い話は電車居眠り事件

 プレーできたのは実質4か月で、春季大会のパフォーマンスだけでプロのスカウトから注目されるということは、当時から糸井選手にポテンシャルは際立っていたということだろう。市田元監督から面白いエピソードを教えていただいた。

糸井 嘉男選手(オリックス・バファローズ)

 高校時代の糸井の笑い話ですか?そりゃ電車居眠り事件ですわ。夏の大会、須知に勝って立命館宇治戦まで2日か3日空いたんで当然練習しますよね。糸井は普段から通っていた県外のジムに、立命館宇治戦前にも行ったんです。

 ただ帰りの電車は福知山で降りて親に迎えに来てもらって練習に来る予定やったのが、練習日の朝、糸井のお母さんから電話かかってきて「監督さん、嘉男が(電車で2時間かかる)京都まで行ってしまった」って言うんですよ。どういうことですかって聞いたら「帰って来る時に寝てしまって福知山で降りられずに京都まで行ってしまったんで今から迎えに行ってきます。今日は練習休ませます」と。
そんなことがありましたわ。まぁしゃないやろうと、あいつのやることやから(笑)。

 なんとも糸井選手らしいエピソードである。

不振の一因はキャプテン就任の重責か

 実戦デビューは高校3年春ながら一躍ドラフト候補となった糸井選手。二度の大手術がありながらも、復帰して戻ってこれたのは、糸井選手の強い意志があったからかもしれない。

 だがその時点ではまだ指名確実という評価ではなく、4年後を見据えて近畿大学に進学し、2003年のドラフトにおいて自由獲得枠という最高評価で北海道日本ハムファイターズに入団。その後、投手から野手へ転向した。そして野手として大ブレイクを果たし、トレードでオリックス・バファローズへと移り、2014年には首位打者を獲得しチームをけん引。2位に押し上げる活躍を見せた。

 そんな糸井選手にチームは期待をし、2015年、キャプテンを任せたのであった。しかし昨年は期待されたほどの成績を残せなかった。市田元監督はキャプテンという重責が不振につながったのではと見る。

 糸井にそんなもんさせたらあかんわ。あの子にはそんな荷物を取ったらんと。天然ボケな行動をしますけど、ああ見えて繊細やからね。高校の時も糸井にキャプテンをやらせようなんて誰も考えなかったですよ。なぜならば高校3年生の時なんですけど、短大を出たばかりで、実習を手伝う二十歳の実習助手の人に「嘉男!」と言われるだけで直立不動やからね。意外でしょ?だから全然いかついとかじゃなくて、気はホンマ小さいんです。

 それとケガに気を付けてほしいですね。肉離れしたりケガの多い子やったから。応援の言葉は、頑張れ、それしかない。毎年楽しみやし、また嘉男の姿、観に行きたいな。

 2016年は、糸井選手らしい走攻守でハツラツとしたプレーを恩師に見せられるか、注目したい。

(取材・構成=小中 翔太

注目記事
【2月特集】実践につながるティーバッティング

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集】
第754回 圧倒的強さ見せた龍谷大平安、激闘の京都大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第712回 乙訓や龍谷大平安など注目校が目白押し!京都大会を制するのは?【大会展望・総括コラム】
第35回 平野 佳寿投手(鳥羽-オリックス・バファローズ)「高校時代は2番手。だけどエースとして活躍することを期待していた」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第92回 球児が憧れる背番号とは?【出動!球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
塔南vs宮津【京都府 2016年春の大会 平成28年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
龍谷大平安vs宮津【京都府 2015年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第318回 オリックス・バファローズ T-岡田選手【後編】「T-岡田選手が球児に教える『野球の探求法』」 【2015年インタビュー】
第317回 オリックス・バファローズ T-岡田選手【前編】「野球を学び、新たな自分を創る」 【2015年インタビュー】
第315回 オリックス・バファローズ 金子千尋投手「『ハイクオリティピッチング』の変遷とベース」 【2015年インタビュー】
第268回 東京ヤクルトスワローズ 大引 啓次選手【vol.4】「現在の守備の土台となった高校時代のトレーニング」 【2015年インタビュー】
第267回 東京ヤクルトスワローズ 大引 啓次選手【vol.3】「併殺の処理の仕方&コミュニケーションの重要性」 【2015年インタビュー】
京都国際vs宮津【京都府 2014年夏の大会 第96回選手権京都大会】
京都共栄vs宮津【京都府 2013年夏の大会 第95回選手権京都大会】
京都共栄vs宮津【京都府 2013年春の大会 平成25年度春季京都府高等学校野球大会一次戦】
宮津 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

小中 翔太
小中 翔太
  • 1988年大阪府生まれ、京都府宮津市育ち。大学野球連盟の学生委員や独立リーグのインターン、女子プロ野球の記録員を経験。主なWebの寄稿は高校野球ドットコム。また、野球専門誌「Baseball Times」にて阪神タイガースを担当し、スポーツナビやYahoo!ニュースにも寄稿する。大阪、京都を中心に関西の球場に出没中。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム