目次
恩師が語るヒーローの高校時代 前田 健太投手

[1]1年夏から活躍しても同期の中で浮かなかった
[2]素直さとアドバイスを取捨選択できる賢さを兼備
[3]先輩・桑田に憧れ、真直ぐとカーブだけで勝負した

 昨年もっとも輝いていた投手―。
それは広島の前田 健太投手だろう。昨シーズン15勝をマークして、2度目の最多勝のタイトルを獲得。投手にとって最高の栄誉とされる「沢村賞」も2010年に次いで受賞した。
「侍ジャパン」でも中心投手として存在感を示す前田投手は、全国の高校球児の憧れでもある。そして1月8日、ロサンゼルス・ドジャースの入団が決まった。

 そんな前田投手はどんな高校時代を送っていたのか?PL学園時代に監督として前田投手を指導し、現在は佐久長聖で指揮を執る藤原 弘介監督に、高校時代のエピソードや成長の秘訣など、たっぷりお話いただきました。

1年夏から活躍しても同期の中で浮かなかった

藤原 弘介監督(佐久長聖高等学校)

 投げ方が柔らかい子だな―。

 これが前田 健太の最初の印象です。今と同じでキャッチボールをすると、(フィニッシュの時に)手が背中に当たってましたからね。聞けば2歳の時から水泳を習っていたようで、それもあって肩周りの可動域が広いのでしょう。ただボールそのものは同期の冨田 康祐(青山学院大-香川オリーブガイナーズ-横浜DeNAベイスターズ-レンジャーズマイナー<関連記事:メジャー挑戦ダイアリー)の方が速かったですね。

 前田が入学後、初めて対外試合で好投したのは「私学大会」でした。大阪には「大阪府私学総合体育大会」という(昭和29年から始まった)大会がありまして、PL学園も参加しています。
メンバーはベンチ外の3年生と、次期レギュラー候補の2年生が中心なんですが、1年生の前田に投げさせたんです。
そしたらいいピッチングをしましてね。もう1回見てみたいと、その後の6月の九州遠征に連れて行きましたら、今度は長崎日大を完封した。そこで投手が1枚足りなかったこともあり、私は(04年)夏の大阪大会で、前田をベンチに入れることにしたんです。その大会ではリリーフで起用しました。

 すると4回戦から準決勝まで、よく試合を作ってくれましてね。それで、これだけ投げられるなら、と、大阪桐蔭との決勝再試合の先発を任せたんです。ですが、この試合は調子が悪かったですね。確か、四球を7つか8つ出しているのでは…。失点も同じくらいだった気がします。
打線がよく打ったので、結果的に前田が勝ち投手になりましたが「甲子園に行けたんはお前の力やないよ。先輩たちのおかげやぞ」と前田に言ったのを覚えています。

 私は前田を甲子園初戦(対日大三)でも先発させました(前田は5回3失点で降板。PL学園は5対8で敗れた)。1年夏から出てくる選手は、ともすれば同期から浮いてしまうこともありますが、前田はそういうことはなかったですね。仲間をすごく大事にするからでしょう。プロで活躍するようになってからも、忙しい中を縫って、同期の結婚式には必ず出席しているようですし。マウンドのマナーも良かったですよ。たまに2アウトから平凡なフライが上がると、捕球を確認しないでマウンドから降りてくる投手がいますが、そんなことは絶対にしませんでしたし、どんな状況でもロジンバッグはそっと置いてましたから。

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。