第3回 成瀬 善久投手(東京ヤクルト)が語る「プロ入り後に大きく生きた横浜高のアドバンテージ」2015年06月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
成瀬善久

【目次】
[1]横浜高の3年間は自分にとって大きなアドバンテージ
[2]コントロールを鍛えるための方法
[3]一軍と二軍の空気感の違い

 成瀬 善久投手や涌井 秀章投手をはじめ、松坂 大輔投手(ソフトバンク)、筒香 嘉智選手2011年インタビュー石川 雄洋選手(ともにDeNA)、近藤 健介選手(日本ハム)など、横浜高校はプロに数多くの優秀な選手を輩出している。その理由はどこにあるのだろうか。

 成瀬投手と話をしていると、その背景が透けて見えてきた。とりわけ好投手が生まれる理由は、高校時代から「9人目の野手」として高い意識を植え付けられることと関係がある。そうした練習によって技術はもちろん、もっと大事なものを選手たちは手にしているのだ。
本番の試合だけではなく、普段の練習からどれだけ意識を高く持つことが重要なのか、成瀬投手の言葉から伝わってくるだろう。

 「神は細部に宿る」。もともとはデザイン業界から生まれたとされるフレーズだが、繊細なスポーツである野球にも通じる考え方だ。

横浜高の3年間は自分にとって大きなアドバンテージ

――成瀬投手はプロでいろいろ学んだと思います。それを踏まえて、高校生に「こういう練習をしておくといいよ」というアドバイスをください。

成瀬 ピッチングはもちろん、投内連係もすごく大事です。僕が横浜高校に入ってよかったと思うのが、投内連係のレベルがすごく高いんですよ。練習の内容が難しくて、実際にやりながら「こういうことなのか」と理解して。プロに入って初めて投内連係を練習したとき、同級生の新人たちは「これ、どうやるの?」って言っているんですね。でも、僕は全部意味がわかって、違和感なく入れて。改めて、横浜高校ってすごいなと思いましたね。

――横浜高校出身の選手がプロで数多く活躍していきますが、理由があるんですね。

成瀬 ピッチャーだからこそ、だと思いますけど、そういう面って大きくて。たとえば無死、あるいは一死二塁のときにピッチャーゴロが来て、セカンドランナーが飛び出したときに二、三塁間で挟むじゃないですか。普通はサードに行かせないランダウンプレーをすると思います。横浜高校がすごいのは、二、三塁間でランダウンプレーをしつつ、バッターランナーをわざとセカンドベースまで誘うというのがあるんですよ。

――どうやるんですか?

成瀬 わざと二、三塁間で長くランダウンプレーをするんです。ランナーを半分からサード側の方に来させるとセーフになってしまうので、できるだけ半分よりセカンドベース側に寄らせて、サードがセカンドベースに追いかけつつもバッターランナーを見ながらそっちを先にアウトにして、また挟む。すごく頭を使いましたね。

――小倉(清一郎)さんの教えなんですか?

成瀬 そうですね。すごく大変でした。アウトにできなかったり、両方セーフになったら、連帯責任みたいなのもあったし。そういう高度な技術は勉強になりましたね。

――連帯責任というのは走りの練習とか?

成瀬 ちゃんと声を出せとか、ですね。練習終わりのランニングに響いたりするので、みんな真剣にやりますし。技術面はすごく、横浜高校でできてよかったなと思います。プロにもすんなり入れましたからね。むしろ、「高校でやっていたことと、プロも変わらないな」と思えたくらいなので。それは本当に光栄に思いました。

このページのトップへ

第97回全国高等学校野球選手権大会
僕らの熱い夏 2015

【次のページ】 コントロールを鍛えるための方法

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第77回 松坂世代の現在 現役を続けている選手 指導者になった選手【高校野球コラム】
第186回 大谷世代の社会人がいよいよプロへ!好選手タイプからドラフト指名候補へ成長した選手たち【ドラフト特集コラム】
第1回 横浜高等学校(南神奈川)【3年連続18回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第126回 【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ編 「チーム内で化学反応を起こすような指名を」【ドラフト特集コラム】
第110回 【小関順二のドラフト指名予想】千葉ロッテマリーンズ編 「今年も高卒野手に敢然に立ち向かおう!」【ドラフト特集コラム】
第403回 横浜DeNAベイスターズ 石川 雄洋選手「成功すれば大きいドラッグバントの極意を語る!」 【2016年インタビュー】
第362回 横浜高等学校 藤平 尚真投手【後編】「関東大会の敗戦を必ず糧とする」 【2016年インタビュー】
第361回 横浜高等学校 藤平 尚真投手【前編】「監督のため、先輩のため、心で投げた昨夏の神奈川大会」 【2016年インタビュー】
第285回 小坂 誠 ファーム内野守備コーチ(北海道日本ハムファイターズ)【後編】「守備の名手しか分からないプレッシャー」 【2015年インタビュー】
第284回 小坂 誠 ファーム内野守備コーチ(北海道日本ハムファイターズ) 【前編】「名手・小坂を生み出したバックグラウンド」 【2015年インタビュー】
横浜商 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム