第41回 日南学園 (宮崎)編「寺原隼人、中崎翔太など好投手育成に定評のある日南学園つながり」2015年10月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から 高校時代の横川 楓薫投手、廖 乙忠投手

【目次】
[1]全国区の強豪のスタートは1995年春夏連続甲子園出場から始まった
[2]輩出選手の特徴

 宮崎県は温暖な気候ということもあり、毎年2月、プロ野球の各球団がキャンプ地としてシーズンへ向けて準備している。そうやって、プロ野球球団を招聘して県内の野球熱を高めつつ、5月上旬に県外の強豪チームを招いたMRT招待高校野球大会を開催するなど、外部を積極的に招き入れて高校野球のレベルを高めようとしているのが特徴だ。

 その中でも、トップレベルの実績を残しているのが日南学園である。甲子園出場回数は、夏は7回、春は4回と全国の強豪校に比べると少なく感じるが、日南学園からはプロ野球で活躍する多くの選手が輩出されている。今回は、そんな日南学園のつながりを見てみよう。

全国区の強豪のスタートは1995年春夏連続甲子園出場から始まった

 1990年代まで県内でもあまり実績を残すことができなかった日南学園だが、小川 茂仁監督の指導により着実に強豪校へとステップアップする。

 1993年、後にNPB4球団で活躍する平下 晃司や現在の日南学園の監督である金川 豪一郎氏など、この年に入学した選手たちを徹底的に育て上げ、ついに1995年には連続甲子園出場を果たし、平下は近鉄バファローズからドラフト指名を受けた。ここから日南学園は、宮崎を代表するチームとして1997年~1999年には春夏いずれかに出場し、全国区の強豪校へ。

 また、1995年時の主将・金川は明治大を卒業した後2000年に母校のコーチに就任し、小川監督をサポート。そして2007年に小川監督から引き継ぎ監督生活をスタートさせた。

 そして2001年の夏の甲子園。この年は、後に福岡ダイエーホークス(現:福岡ソフトバンクホークス)にドラフト1位で入団する、速球派右腕寺原 隼人を擁しての出場となり、最高成績となる甲子園ベスト8に輝いた。また、現在も横浜DeNAベイスターズにて活躍する井出 正太郎選手も、寺原選手と同じ世代で甲子園出場を果たし、高卒でプロ入りとなっている。

 近年では2007年2011年2014年に夏の甲子園に出場するも、2007年は三回戦敗退、それ以外は初戦敗退と成績が奮ってはいない。しかし、2008年ドラフトでは、高卒指名を2名輩出するなど、その育成力はプロからも注目が集まる。選抜出場は2004年が最後となっているため、秋季大会を勝ち抜き、久々の選抜出場が見られることに期待が懸かる。

注目記事
・10月特集 今こそ鍛えたい!守備のキホン
・2015年秋季大会特設ページ
・2015年ドラフト特設ページ

このペ-ジのトップへ

【次のページ】 輩出選手の特徴

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第49回 社会人名遊撃手の系譜をたどり、ドームで活躍誓う「高卒ゴールデンルーキー・水野達稀」【四国発】
第56回 柔軟で緻密、そして「考える」ことこそが杉山野球の真髄 杉山繁俊監督(東海大福岡)【前編】【名将たちの言葉】
第759回 春の課題を「持ち越した」香川県、「収穫につなげた」愛媛県【大会展望・総括コラム】
常葉大菊川vs日南学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第756回 【10日目見所】東の名門校対決 花咲徳栄vs横浜の一戦を制するのは??【大会展望・総括コラム】
第45回 日南学園(宮崎)【2年ぶり9回目】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
日南学園vs丸亀城西【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
日向学院vs日南学園【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
日南学園vs宮崎海洋【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
作新学院vs日南学園【2017年 練習試合(交流試合)・春】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
東 秀知(日南学園) 【選手名鑑】
有馬 翔(日南学園) 【選手名鑑】
萩原 聖翔(日南学園) 【選手名鑑】
草清 優真(日南学園) 【選手名鑑】
田久見 大地(日南学園) 【選手名鑑】
中崎 翔太(日南学園) 【選手名鑑】
中崎 雄太(日南学園) 【選手名鑑】
古市 賢助(日南学園) 【選手名鑑】
村田 陽春(日南学園) 【選手名鑑】
山本 樹(北海) 【選手名鑑】
山本 樹(日南学園) 【選手名鑑】
横川 楓薫(日南学園) 【選手名鑑】
廖 乙忠(日南学園) 【選手名鑑】
日南学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム