第33回 天理(奈良)編「長きにわたって逸材を輩出し続ける天理のつながり!」2015年09月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から 高校時代の西口 輔選手と、中谷 佳太選手

【目次】
[1]強豪として軌道に乗り始めたのは1980年代から
[2]近年の卒業生たち

 夏の甲子園出場27回、選抜甲子園出場23回とまさに全国を代表する名門校・天理。昔から才能の高い選手を輩出してきた天理だが、今になってもその勢いは失われることはない。
今年、連続の甲子園出場を果たした天理のつながりを見ていきたい。

強豪として軌道に乗り始めたのは1980年代から

 天理が甲子園に初出場したのは1954年の選抜までさかのぼる。この時は初戦敗退で、初勝利を挙げたのが3度目の出場となった1959年選抜であった。
その年の夏も甲子園に出場し、初のベスト8入りを果たすようになると、その後は甲子園常連校へ。
1986年には主砲の中村 良二選手(元近鉄バファローズ)の活躍で初の甲子園優勝を果たすと、1990年は南 竜次投手(元日本ハムファイターズ)、2年生投手の谷口 功一投手(元近鉄バファローズ)の2人の速球投手を擁して2度目の甲子園優勝を果たすなど、全国屈指の強豪へ成り上がった。

 天理は甲子園の実績だけではなく日本プロ野球歴代3位の通算567本塁打を放った門田 博光氏や、代打を中心に活躍する関本 賢太郎選手(阪神タイガース)など多くのプロ野球選手を輩出。

 近年では2012年夏ベスト8まで勝ち進み、今年も連続で甲子園出場を果たした天理。今後も全国を代表する名門であり続けるだろう。

 春では1997年以来、夏では1990年以来の優勝を目指し、新チームのスタートを切った天理は、甲子園初優勝時の主砲であった中村 良二氏が監督に就任。中村氏は2008年8月に天理大の監督に就任し、2013年には大学選手権に出場。
2014年2月に母校に戻り、コーチとしてチームに携わっていた。

 今年の4番打者だった坂口 漠弥は中村コーチに念入りに打撃指導を教わったようで、長打力を開花できたようだ。全国トップクラスの逸材があつまる天理だが、元プロの中村監督が就任したことで、どんなチームに変わるか楽しみである。

注目記事
・2015年秋季大会特設ページ

このペ-ジのトップへ

【次のページ】 近年の卒業生たち

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1111回 センバツ出場を呼び込んだ強打の核弾頭・下林源太(天理)が語る「フルスイング」のメリット 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第1005回 夏の準決勝敗退から始まった神宮大会優勝 日本一を狙う中京大中京の課題は【野球部訪問】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第1回 選抜優勝校に、初出場の新鋭!2019年の愛知を彩った高校野球3大ニュース【愛知の高校野球】
中京大中京vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs奈良大附【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
内野 聡(天理) 【選手名鑑】
大橋 将(天理) 【選手名鑑】
坂口 漠弥(天理) 【選手名鑑】
伊達 星吾(天理) 【選手名鑑】
中谷 佳太(天理) 【選手名鑑】
中村 奨吾(天理) 【選手名鑑】
西浦 直亨(天理) 【選手名鑑】
西口 輔(天理) 【選手名鑑】
沼田 優雅(天理) 【選手名鑑】
長谷川 頌磨(天理) 【選手名鑑】
原田 拓実(天理) 【選手名鑑】
原田 拓実(秀岳館) 【選手名鑑】
舩曳 海(天理) 【選手名鑑】
古田 塁(天理) 【選手名鑑】
安田 紘規(天理) 【選手名鑑】
安本 龍観(天理) 【選手名鑑】
柳本 啓佑(天理) 【選手名鑑】
山本 竜也(御所実) 【選手名鑑】
山本 竜也(天理) 【選手名鑑】
吉村 昂祐(天理) 【選手名鑑】
綿世 優矢(天理) 【選手名鑑】
天理 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム