第26回 作新学院(栃木)編「古豪復活!強打者を輩出し続ける作新学院のつながり!」2015年08月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から飯野徹也、大谷樹弘、中村幸一郎

【目次】
[1]小針監督の就任によって復活した作新学院
[2]近年の卒業生

 2011年夏から5年連続で夏の甲子園出場を決めている作新学院。伝統的に強打者を輩出する傾向が多い作新学院の卒業生を紹介する。

小針監督の就任によって復活した作新学院

 1962年に史上初の連覇。1973年選抜は剛腕・江川 卓投手(元巨人)を擁し、全国ベスト4と昭和の名門校として評判だった作新学院
しかし1979年選抜以降甲子園から大きく遠ざかり、久しぶりに出場したのは2000年の選抜。その後、2004年にも選抜出場を果たしたが、文星芸大附佐野日大などライバル校の躍進もあり、なかなか夏の甲子園には届かなかった。

 その作新学院を復活させたのが2000年の甲子園出場メンバーだった小針 崇宏監督である。高校を卒業後、筑波大に進学し主将として活躍した小針監督は、母校に戻り2006年秋に監督に就任。弱冠23歳で名門復活を託されたのである。

 そして小針監督率いる作新学院2009年に31年ぶりとなる夏の甲子園出場を果たす。
その後は、2011年夏ベスト4、2012年選抜ベスト162012年夏ベスト82013年夏ベスト16の成績を収める。昨夏初戦敗退だったが、この夏も初戦となった上田西戦では10対6で勝利(試合レポート)。

 小針監督になってから作新学院はここまで夏10勝、春1勝と夏の強さが際立つ。試合を見ると、あまりバントをせず、初回からガンガン打っていく攻撃的な野球で力強く勝ち上がっていく傾向にある。
近年の作新学院は伝統として引き継いできた強打者の育成に加え、守備力が高い選手も目立つが、彼の若さを考えると今後もそういう選手が続々と輩出されることが期待される。

注目記事
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」

このペ-ジのトップへ

【次のページ】 近年の卒業生

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1073回 岐阜を代表する二刀流・元 謙太(中京学院大中京)。来季は同世代の投手に負けないピッチングを目指す! 【2019年インタビュー】
第645回 伝統の男子に負けない高い意識と目標で全国制覇を果たす 作新学院女子硬式野球部【野球部訪問】
履正社vs作新学院【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1052回 目指すはナンバーワン野手。さらにレベルアップし、来年も日本代表へ 横山陽樹(作新学院) 【2019年インタビュー】
第1033回 静かに剣を研ぐ伸び盛りの2年生 作新学院・横山陽樹が実践力の高さをアピール 【2019年インタビュー】
中京学院大中京vs作新学院【第101回全国高等学校野球選手権大会】
作新学院vs岡山学芸館【第101回全国高等学校野球選手権大会】
作新学院vs筑陽学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第949回 「勝ち進む中での自信」と「新しい球種」を踏み台に一つ上のステージへ 松倉亮太(佐野日大)【後編】 【2019年インタビュー】
第948回 「打倒・作新」を胸に「制球力とキレ」を磨き続けた 松倉亮太(佐野日大)【前編】 【2019年インタビュー】
前橋育英vs作新学院【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
飯野 徹也(作新学院) 【選手名鑑】
石井 一成(作新学院) 【選手名鑑】
大谷 樹弘(作新学院) 【選手名鑑】
小林 勇介(作新学院) 【選手名鑑】
佐藤 竜一郎(作新学院) 【選手名鑑】
篠原 優太(作新学院) 【選手名鑑】
高山 良介(作新学院) 【選手名鑑】
筒井 茂(作新学院) 【選手名鑑】
中村 幸一郎(作新学院) 【選手名鑑】
松崎 啄也(作新学院) 【選手名鑑】
山下 勇斗(作新学院) 【選手名鑑】
作新学院 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム