第14回 大阪桐蔭(大阪)編2「大阪桐蔭の強さは一度の負けを糧にできること」2015年07月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から浅村 栄斗選手(埼玉西武ライオンズ)、高校時代の藤浪 晋太郎選手、森 友哉選手

【目次】
[1]優勝した代はどの代も先輩たちの代より前評判が低かった
[2]2009年卒~2015年卒までの大阪桐蔭OB

 大阪桐蔭つながりその2。今回は大阪桐蔭の栄光を振り返りつつ、大阪桐蔭の強さの根底にあるものを見出していく。

優勝した代はどの代も先輩たちの代より前評判が低かった

 大阪桐蔭が全国トップクラスの成績を収めるようになったのは2008年からである。この代は中田 翔の世代と比べると、突出した選手はいないと言われていた。だが西武で活躍する浅村 栄斗選手が夏の大会2回戦の金沢戦で2本塁打を放つなど、力強い戦いぶりで甲子園優勝を決める。現在この代では浅村選手を含め、社会人でプレーしている選手が3人おり、また大阪経済大に進学し、リーグ戦通算100安打を記録した福島 康平選手など、活躍する選手が多い代である。

 だがこの後は思うような成績を残すことができなかった。2011年夏は、藤浪 晋太郎投手や西田 直斗山足 達也河原 右京などその後プロ、アマチュアで活躍する選手が多く揃い、期待も高かったが、決勝東大阪大柏原に敗れ、甲子園を逃すことに。だがこの負けが藤浪を大きくさせ、2012年春の選抜では初戦大谷 翔平関連記事擁する花巻東と対戦。9対2で快勝し、その後も勝ち進み、決勝では前年の甲子園準優勝光星学院を破り、選抜初優勝を果たす。

 そして2012年夏は、2年生捕手・森 友哉との強力バッテリーで全く太刀打ちさせない投球で、連覇を果たす。攻守に隙がない最強チームと呼ぶにふさわしい素晴らしいチームであった。
森が最上級生になった2013年選抜16強2013年夏16強2013年国体優勝と、実績を残し、2014年夏は、森世代よりも突出した選手がいないと言われる中、チーム力で甲子園優勝を果たす。

 ここまでの軌跡を振り返ると、優勝に絡んだ世代はその前の代より前評判は低い世代だったが、その前評判を覆す活躍を見せている。先述したように浅村の世代は中田 翔の世代よりも個人では劣るといわれ、2012年は大エース・藤浪がいたとはいえ、個人で目立つ選手はおらず、むしろ森の世代の方が目立っていた。そして昨年の世代は森の世代よりも弱いといわれていた選手たちだ。2013年秋4回戦で履正社にコールド負けした経験から始まった代である。だが主将の中村 誠を中心に、エネルギッシュな選手が多くいた。

 大阪桐蔭の強みは、一度の負けの経験を糧として、その後手を付けられない強さを持ったチームに変貌できること。悔しさを次につなげることができるのだ。大阪桐蔭は高校野球で大事なことをしっかりと実践できている。
これが長年、高校球界のトップに君臨し続ける理由だろう。だからこそ、試合開始から試合終了まで全力プレーなどが徹底できているのだ。
この春は準決勝選抜優勝敦賀気比に0対11の大敗、近畿大会初戦彦根東に敗れるなど二度の屈辱を味わった。この2敗を、より大きくなるための糧にできるか。大阪桐蔭の夏に注目してみたい。

このページのトップへ

第97回全国高等学校野球選手権大会
僕らの熱い夏 2015

【次のページ】 2009年卒~2015年卒までの大阪桐蔭OB

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
大阪桐蔭vs箕面学園【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
大阪桐蔭vs東海大相模【2020年甲子園高校野球交流試合】
履正社vs大阪桐蔭【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第272回 まさに世代屈指の投球!最速154キロを誇る剛腕・関戸康介(大阪桐蔭)の進化のポイントを解説【ドラフト特集コラム】
第271回 世代屈指の剛腕左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)も順調に成長中!【ドラフト特集コラム】
大阪桐蔭vs香里丘【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs上宮太子【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第1022回 夏は大阪の「強いチームを倒す」。近大泉州の脅威の打撃力の秘密と揺るがぬ信念【後編】【野球部訪問】
第1173回 セカンド送球は1.9秒台。スワローズジュニアにも選ばれた本田凌太(浦和シニア)が目指すのは「打てる捕手」  【2020年インタビュー】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
浅村 栄斗(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
江村 直也(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大西 友也(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
笠松 悠哉(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
香月 一也(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
河原 右京(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
葛川 知哉(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
久米 健夫(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
澤田 圭佑(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
正随 優弥(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
高木 俊希(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
高木 俊希(駒大苫小牧) 【選手名鑑】
髙西 涼太(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
中村 誠(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
中村 誠(報徳学園) 【選手名鑑】
西田 直斗(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
福島 由登(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
福島 孝輔(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
福本 翼(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
藤浪 晋太郎(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
水谷 友生也(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
水本 弦(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
峯本 匠(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
森 晋之介(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
森 友哉(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
山足 達也(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
横井 佑弥(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム