第9回 済美(愛媛)編「福井、安樂などパワフルな投手を輩出する済美高校」2015年06月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

(左)済美時代の安樂 智大選手、(右)福井 優也選手(広島)

【目次】
[1]福井、安樂などパワフルな投手を輩出する済美高校
[2]近年の卒業生たちの進路

 昨年、安樂 智大投手を輩出した済美のつながりを調査。次のステージでも活躍する選手が多いということが分かった。

福井、安樂などパワフルな投手を輩出する済美高校

 2004年選抜甲子園。初出場ながら初優勝を決めた済美。主将・高橋 勇丞(元阪神)、鵜久森 淳志(北海道日本ハム)を中心とした破壊力ある打線に、2年生エースの福井 優也(広島)が好投を見せ、次々と強豪を破った戦いぶりは印象的であった。今でも創部3年目での選抜甲子園優勝は歴代最速記録。
また、甲子園のファンに大きく印象付けたのが校歌。歌詞の一部である「『やれば出来る』は魔法の合いことば」と独特のフレーズを甲子園に響かせて、話題になった。

 済美を作り上げたのが、宇和島東1988年選抜甲子園で優勝に導いた上甲 正典監督(2014年9月逝去)だった。上甲監督は、ボート競技の練習に使うエルゴメーターを野球部でも取り入れて、パワフルな選手を育成。宇和島東時代は、NPB通算193本塁打の岩村 明憲(現福島ホープス監督)選手、最速157キロの速球を武器に1995年に最多セーブを獲得した平井 正史(現オリックス二軍投手コーチ)、強打の捕手として活躍した橋本 将(元横浜など)等、ポテンシャルの高い選手を育成してきた。

 済美に赴任した後もその流れは続いており、前述の3人に加え、昨年、2球団の競合の末、東北楽天ゴールデンイーグルスに入団した安樂 智大投手を、最速157キロを計測する剛腕までに育て上げた。

 またプロ入りした選手だけではなく、社会人では名門・セガサミーで主砲として活躍する沢良木 喬之選手、強豪・ヤマハのレギュラーで活躍する長谷川 雄一選手など、そして大学では安樂投手にスプリットボールを教えた谷本 憲哉投手(専修大)、強打者として活躍する谷口 諒選手(横浜商科大)など活躍するOBも多い。

 ここで済美高校の卒業生を紹介していきたい。

このページのトップへ

第97回全国高等学校野球選手権大会
僕らの熱い夏 2015

【次のページ】 近年の卒業生たちの進路

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
第982回 令和元年秋の四国王者決定戦 混戦に断を打つのはどの学校か?【秋季四国大会・前編】【大会展望・総括コラム】
済美vs小松【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
済美vs帝京第五【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
第227回 全中優勝からあと一歩届かなかった甲子園制覇 星稜・奥川恭伸の3年間【ドラフト特集コラム】
済美vs宇和【愛媛県 2019年夏の大会 第101回選手権愛媛大会】
上尾vs日立商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
新居浜商vs済美【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第286回 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」 【2015年インタビュー】
第10回 第96回全国高校野球選手権大会 この球児たちのプレーを見逃すな! 投手編 【2014年選手権大会】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
第122回 済美高等学校 安樂 智大 投手 【2013年インタビュー】
安樂智大(済美)
安樂 智大(済美) 【選手名鑑】
宇佐川 陸(済美) 【選手名鑑】
沢良木 喬之(済美) 【選手名鑑】
鈴木 貴也(済美) 【選手名鑑】
高橋 勇丞(済美) 【選手名鑑】
谷口 諒(済美) 【選手名鑑】
谷口 諒(高松商) 【選手名鑑】
福井 優也(済美) 【選手名鑑】
宮崎 太郎(済美) 【選手名鑑】
山口 和哉(済美) 【選手名鑑】
山下 拓眞(済美) 【選手名鑑】
済美 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム