第5回 広陵(広島)編「継続的にプロ野球選手を輩出し続ける広陵のつながり!」2015年05月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から 広陵高時代の有原 航平選手、下石 涼太選手

【目次】
[1]金本、二岡、吉川と錚々たる顔ぶれが揃ったOBたち
[2]近年の卒業生たちの進路

 広島県が誇る屈指の強豪として君臨し続ける広陵。甲子園出場時の戦績も素晴らしいが、プロ野球選手も多く輩出し多方面で輝かしい成績を挙げている。創部104年を誇る伝統校のつながりを探ってみた。

金本、二岡、吉川と錚々たる顔ぶれが揃ったOBたち

 広島県屈指の野球名門校と言えば、広陵高校。この春も圧倒的な強さで広島県大会を制覇し、中国地区大会での活躍が期待される。そんな広陵であるが、もちろん多数のプロ野球選手を輩出している。

 「アニキ」の愛称で親しまれた金本 知憲選手や、二岡 智宏選手、福原 忍選手のように息の長いプロ野球選手がOBとしている一方で、最も輝かしい活躍を挙げているのは吉川 光夫選手で2012年には最優秀選手賞、最優秀防御率、ベストナインとタイトルを総ナメにする大活躍を見せている。近年では小林 誠司選手、有原 航平選手のようにドラフトを沸かせる選手も輩出している。

 そして驚くべきことは、2001年から2015年までの15年間で14人ものプロ野球選手を輩出しており、いずれの選手も現役として活躍しているということ。特に、2001年以降は広島東洋カープに5人が入団しており、地元愛が強い特徴もある。

 先輩後輩同期の繋がりに着目してみると、広島東洋カープで先発ローテーションを守る野村 祐輔選手と高校時代に同期でバッテリーを組んでいたのが小林 誠司選手(読売ジャイアンツ)。2人は「佐賀のキセキ」と呼ばれる佐賀北との接戦に敗れたものの、甲子園準優勝という結果を残した。

 2人の一年後輩には、2005年卒上本 博紀選手(阪神タイガース)の弟、上本 崇司選手(広島東洋カープ)と中田 廉選手(広島東洋カープ)がいる。さらに上本選手、中田選手の二年後輩が有原 航平選手(北海道日本ハムファイターズ)となっている。
意外な繋がりがあることに驚いた人も多いのではないだろうか。

 最後に、2002年以降の有名人を見てみよう。

【次のページ】 近年の卒業生たちの進路

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1134回 小学生で遠投86m 超強肩捕手・戸丸秦吾(健大高崎)の逸話がすごい!!そのスローイングの秘密を大公開! 【2020年インタビュー】
第1回 選抜優勝校に、初出場の新鋭!2019年の愛知を彩った高校野球3大ニュース【愛知の高校野球】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第927回 広陵、広島新庄の2軸が中心!如水館、市立呉は躍進なるか?【広島大会展望】【大会展望・総括コラム】
第64回 野球が終わっても「腰が低いし笑顔が似合う」と言われてほしい 恩師が語る野村祐輔(広陵)の高校時代【恩師が語るヒーローの高校時代】
第64回 有原 航平(広陵ー北海道日本ハムファイターズ) 「スケールの大きい『実直・真面目』な姿に自然と期待が膨らんでいく」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第622回 中村 奨成(広陵ー広島東洋カープ) 甲子園新ホームランキングが語る長打論 「トップを作り、軸で振り、フォロー大きく」 【2017年インタビュー】
第316回 阪神タイガース 新井 良太選手「フルスイングを実現する軸回転の秘密」 【2015年インタビュー】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
第8回 第96回選手権地区大会は「波乱の大会」だったのか 【2014年選手権大会】
聖光学院(福島)vs広陵(広島)【2010年夏の大会 第92回全国高校野球選手権大会】
広陵vs如水館【広島県 2010年夏の大会 第92回広島大会】
日大三(東京)vs広陵(中国)【2010年選抜大会 第82回選抜高校野球大会】
広陵(中国)vs中京大中京(東海)【2010年選抜大会 第82回選抜高校野球大会】
広陵(中国)vs宮崎工(九州)【2010年選抜大会 第82回選抜高校野球大会】
有原 航平(広陵) 【選手名鑑】
上本 崇司(広陵) 【選手名鑑】
上本 博紀(広陵) 【選手名鑑】
中田 廉(広陵) 【選手名鑑】
野村 祐輔(広陵) 【選手名鑑】
広陵 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム