第97回 履正社 (大阪)編「大阪桐蔭に並ぶ強豪校となった履正社のつながり」2019版2019年08月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から寺島成輝、山田哲人、安田尚憲 ※一部提供=共同通信社

【目次】
[1]2000年代から急激に躍進を遂げた履正社
[2]近年の卒業生を紹介!

 3度のトリプルスリーを達成した山田 哲人選手(東京ヤクルトスワローズ)の出身校として、注目を集める履正社。その他にも、T-岡田選手(オリックス・バファローズ)など、 NPBで活躍を続ける選手を輩出している。今回は、大阪の強豪履正社のつながりを紹介していく。

2000年代から急激に躍進を遂げた履正社

 1922年、大阪府福島商業学校として学校が創立され、現校名になったのは1983年から。それから14年後の1997年に甲子園初出場を決める。それ以降は、1987年から同校の監督を務める岡田 龍生監督の徹底指導の下で、2006年には選抜初出場を果たし、2011年には選抜ベスト42014年の選抜では、惜しくも優勝とはならなかったが、準優勝に輝き、近年は大阪桐蔭とともに大阪の代表的な高校として名を連ねている。

 岡田監督は次のステージを見据えて、普段の練習から木製バットを使用している。そして論理的な打撃指導から、強打者の輩出が目立っている。OBでは甲子園出場こそ叶わなかったものの、高校通算55本塁打でオリックス・バファローズに入団し、2010年に本塁打王を獲得したT-岡田選手。そして2019年に4度目のトリプルスリー達成を狙い、21日にはプロ野球タイ記録となる32連続盗塁成功の山田選手など、球界を代表する強打者を輩出。

 2016年寺島 成輝(東京ヤクルトスワローズ)や2017年安田 尚憲(千葉ロッテマリーンズ)と2年連続で高卒ドラフト1位指名されるなど投打に育成力に長けた高校であることが伺いしれる。

このペ-ジのトップへ

【次のページ】 近年の卒業生を紹介!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第19回 奥川恭伸(星稜)の課題はコンディショニング。焦らず最善のピッチングを【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
履正社vs星稜【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
履正社vs明石商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs関東一【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs高岡商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs津田学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第969回 史上初2度目の春夏連覇を達成の影に高校生活で最も厳しい練習があった 青地斗舞(同志社大)【後編】 【2019年インタビュー】
第953回 立教大の阿部慎之助となる!正捕手を目指し、野心を燃やす片山悠(立教大) 【2019年インタビュー】
第805回 近畿大会ナンバーワン左腕へ!辛苦を乗り越えた清水大成(履正社) 【2018年インタビュー】
飯塚 孝史(履正社) 【選手名鑑】
石井 元(履正社) 【選手名鑑】
乾 駿斗(履正社) 【選手名鑑】
岡田 貴弘(履正社) 【選手名鑑】
沖田 勝俊(履正社) 【選手名鑑】
海部 大斗(履正社) 【選手名鑑】
熊本 颯(履正社) 【選手名鑑】
小保根 誠(履正社) 【選手名鑑】
坂本 誠志郎(履正社) 【選手名鑑】
阪本 大樹(履正社) 【選手名鑑】
平良 寛太(履正社) 【選手名鑑】
辻 心薫(履正社) 【選手名鑑】
中山 翔太(履正社) 【選手名鑑】
八田 夏(履正社) 【選手名鑑】
原田 涼平(履正社) 【選手名鑑】
東野 龍二(履正社) 【選手名鑑】
宮﨑 新(履正社) 【選手名鑑】
宮本 丈(履正社) 【選手名鑑】
山田 哲人(履正社) 【選手名鑑】
吉田 有輝(履正社) 【選手名鑑】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム