目次

[1]プロ野球選手も多数輩出する神奈川の雄
[2]錚々たる面々が揃う東海大相模のOBたち

 神奈川の誇る全国屈指の名門校・東海大相模。同じ神奈川県のライバル・横浜と双璧をなす東海大相模は、春夏合わせて4度の甲子園優勝を誇る強豪校。全国での実績を積みつつ、これまで多くのスター選手を輩出してきた。今回は東海大相模を卒業した名選手を振り返っていきたい。

プロ野球選手も多数輩出する神奈川の雄


 まず押さえておきたいのは、現在読売ジャイアンツで3度目の監督をされている原 辰徳氏だ。高校時代は監督に父親である原貢氏がいたこともあり、「親子鷹」として注目されたスター選手。

 1974年、当時原 辰徳氏が高校1年時から3年連続で夏の甲子園出場。最後の夏は栃木県代表の小山の前に2回戦で姿を消すものの、東海大進学後に読売ジャイアンツに入団。選手としては新人王やゴールデングラブ賞など輝かしい結果を残す。第一線から退いた後も監督して第2回WBCで日本を優勝に導くなど東海大相模が誇るスター選手だ。

 その原 辰徳氏を叔父に持つことで有名な読売ジャイアンツのエース・菅野 智之東海大相模の出身。当時同級生には広島東洋カープの不動のショートを守る田中 広輔が同級生におり、ともに切磋琢磨しあった。

 さらに1つ下には北海道日本ハムファイターズでプレーする大田 泰示もおり、スター選手が揃っていた。だが高校3年生の夏は、決勝戦で桐光学園に敗れ甲子園に辿り着くことができなかった。

 それから2年後、2010年の夏は読売ジャイアンツでプレーする大城卓三、当時2年生の田中 俊太、さらに千葉ロッテマリーンズにいる菅野剛志が夏の甲子園で準優勝を果たし、東海大相模の名を全国に轟かす。

 すると2015年には、中日ドラゴンズでプレーする小笠原 慎之介や、オリックス・バファローズの吉田凌のWエースを中心としたチームが甲子園で優勝を飾った。

 そして昨年は中央大でプレーする森下 翔太らを中心に選抜でベスト4進出。夏は準決勝で慶應義塾に敗れたものの、全国の舞台で結果を残し続けている。

 現在のチームは大型ショート・遠藤 成や、2年生スラッガー・山村 崇嘉西川 僚祐らの重量打線が注目を集めている。東海大相模の伝統の縦じまを身に纏い、自慢の『アグレッシブベースボール』で、新時代・令和を勝ち上がっていくことは間違いないだろう。