第89回 修徳(東京都)「高橋尚成、三ツ俣大樹らを輩出する強豪・修徳のつながり!」2017年11月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

三ツ俣大樹、高橋 史典(修徳)

【目次】
[1]熱戦を繰り広げた甲子園での闘い
[2]近年の卒業生

     

 春3回、夏5回の甲子園出場経験を持つ東京の強豪校、修徳。プロ野球選手もさることながら、武井壮氏や元プロサッカー選手の北澤豪氏など多くの著名人を輩出している。今回は修徳のつながりについて紹介していきたい。

高橋尚成、三ツ俣大樹らを輩出する強豪校

 修徳の歴史は深い。100年以上前からの歴史を持つ修徳は、甲子園に春夏合わせて計8回出場した経験を持つ強豪校だ。

 初めて甲子園に出場したのは東京オリンピックが開催された年の1964年。ここから66年、76年、79年とコンスタントに甲子園に名を連ねた。しかしここから修徳は甲子園から遠ざかり、再び甲子園に戻ってきたのは93年の夏。この当時、チームを甲子園に導いたのは読売ジャイアンツ、MLBでも活躍した高橋 尚成氏、そして現在広島東洋カープで1軍守備内野・走塁コーチを務めている玉木 朋孝氏だ。高橋 尚成氏はエースとして、玉木 朋孝氏は4番ショートで活躍し、夏の甲子園でベスト8進出、秋の国体では優勝を果たした。

 その後は2005年春、2013年夏に甲子園に出場した修徳。05年春の選抜大会では2年生エースとして、後にセガサミーから日本ハムファイターズに入団した斉藤 勝氏が、修徳の2度目のベスト8入りに貢献。10年には現在中日ドラゴンズでプレーする三ツ俣 大樹がオリックスバッファローズからドラフト2位指名を受ける。その後の13年夏は2回戦鳴門に惜敗するが、秋の国体で優勝(大阪桐蔭と両校優勝)という結果を残し、強豪校としての存在感を残した。

 しかしここ最近は結果が出せていない修徳。15年夏はベスト8、16年夏もベスト8、今夏もベスト8まで勝ち進むが、あと一歩というところで敗れている修徳。レベルの高い激戦区、東東京の戦いを勝ち抜き、再び甲子園で修徳の名をとどろかせることに期待したい。

このペ-ジのトップへ

【次のページ】 近年の卒業生

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
都立小岩vs修徳【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
第1012回 【東東京大会展望】シード校・堀越のブロックが最激戦区に!東東京は今年も熱い!【大会展望・総括コラム】
第1004回 2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第2回 神宮第二と別れを告げた2019年 東京都の高校野球界で話題となった3つの出来事【東京の高校野球】
第1081回 覚醒のきっかけはダルビッシュ有。中西健登(国士舘)が東京都屈指のサイドハンドになるまで 【2019年インタビュー】
第986回 【秋季東京都大会】立て直しを見せた国士舘、都立の健闘、底力見せた帝京 様々な色を見せた東京の秋【大会展望・総括コラム】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
国士舘vs修徳【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
修徳vs佼成学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
修徳vs日大一【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
修徳vs上野学園【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
第884回 経験豊富な攻守の要・荻野魁也(岩倉)のルーツを探る【前編】 【2019年インタビュー】
三ツ俣 大樹(修徳) 【選手名鑑】
修徳 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム